思索派

俳句は手段ではなく目的で、いい俳句を作ることだけを求めるという純粋な立場を取ってきたけど、最近それだけではどうにも自分に対して説明不足を感じる。

平畑静塔は当時18歳の三橋敏雄について「之の少年作家に、早く思想の陰影を與(あた)へよ」「三橋少年よ、うまさの代りにもっと強く深く悲しく俳句を考へて貰ひ度いものです」(京大俳句 昭和14年1月号)と述べている。「俳人格」をとなえる静塔ならではの言葉だと思う。しかしこの言葉を知った当時の二十歳そこそこの私は、「作品が良ければ思想は関係ないやろ。負け惜しみ臭い」とまで思ったのだが、冒頭の悩みを抱える今現在となってはこの言葉を何度も思い出してしまい、無視できないでいる。

詩一般の歴史、詩学の知識に乏しいので、あくまで感覚としてだが、詩人を突き詰めると思想家に、思想家を突き詰めると詩人に近付くのではないか、あるいはもっと単純に詩作とはそのまま思索に通じるのであり、詩人と思想家はその点で同根ではないかという感覚がある。強く深く思索することで、詩作が本人の哲学を強く反映した思想性を帯びることは十分あり得るだろう。静塔が三橋少年に求めたものはそれだったのではないだろうか。

また、漠然と「良い俳句」という結果を求めて行き詰っていた自分にとって、詩作を思索として深めていくことは、今後の自身の俳句を打ち立てていく上での核の部分になるのではないだろうか。良い句という結果を求めるあまり思うような句が作れない私に欠けていたのは、句を作ることそれ自体にまずは価値を見出すことだったのではないか。「思想」というと人を身構えさせてしまうワードであり、そのせいで技術のある若い人が殆ど踏み込んでこない手付かずの宝があるように思う。

二十代のころの私がみたら、何言ってるんだこいつ、やばいわーって思うかもしれないし、今さら句を作ることそのものの価値だなんて言い出して、後退しているだけなのかもしれないが、しばらくはここから見えるものからたっぷり句作に耽っていきたい。


スポンサーサイト


立ち位置 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/07/05(木)00:20

俳句のOS

明らかに良い句なのに、無季だから俳句じゃないとか、面白いけど切れがないから採れないとかいうときに俳句ってそんなもんなん?って思っていた。

「俳句ではないから」以外にまともな説明ができてないというか、では俳句とは何かとなると、俳句とは発句が独立したもので云々、一句独立の立句で季題を詠んで云々となる。しかしそれは発句の説明ではあるけど俳句の説明ではなくない?俳句とは発句のパッケージデザインを変えただけのものなのか?子規がやったのはその程度の事なのか?という気持ちでいた。実はこの問題は完全に解決済みで、しかし備忘録としてここに引用という形で載せておく。

三橋 大正二年、高浜虚子は、俳句を季題と十七文字の制約の下に置くと限定してしまった。しかし、それは発句であって俳句とは関係ないんです。正岡子規は明治二十八年刊の『俳諧大要』の中で次のように言っています。「俳句には多くの四季の題目を詠ず、四季の題目なきものを雑といふ」。子規は、無季も有季も、また必ずしも五七五でなくていい、全て俳句だと定義しているのです。
中略
定型について言えば、五七五は発句の定型ではあるが、俳句の定型ということで考えるとき、七七五、五七七、三三三調、五五五調、みな日本語の定型だと僕は思っている。

池田 季語なし、五七五なしもみな俳句だとすると「川柳と俳句」という分け方はないわけですね
三橋 そう。同根ですね。「発句と俳句」という分け方がある。その上のこととして「発句は俳句」でもあるわけです。しかし俳句は必ずしも発句とは限らない。英語やドイツ語の俳句も、あれあ俳句であって、発句ではないんです。判りやすいでしょう。
(遠山陽子 (2012年). 評伝三橋敏雄-したたかなるダンディズム-(P605~) 沖積舎)

で、まぁそれだと広がりすぎてしまうので、それをかなり限定的に解釈というか、解釈を大幅に割愛したのが虚子でそこで発句を独立させたもの=俳句の公式が出来てしまった。それはそれで一つの俳句観を形成していて今さら否定できるものではないと三橋も言っていて、どちらかというと私もベースはそのOSを積んでいる。ただし、三橋は続けて近代俳句という歴史でみると子規が提唱したオリジナルに立ち返ることで広がる世界があるというようなことを言っている。
冒頭の問題は、俳句=発句の価値観から起こる仕様上の問題であり、こだわる人は永久にこだわり続けるのだろうが、申し訳ないけど、ゲームのデバッグ係の壁にぶつかり続ける人のようにも思えてしまう。私はOSを切り替えながら世界を広げる方向に眼を向けたいと思う。



俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/07/01(日)14:51

細々としたこと

句作の不調について

句会(ネット句会から普段使いまで含めて)では点が取れるのに、不調感が消えない。不調感の原因について今有力な仮説が、作った句を「現実」に投げるのだけと、受け入れ先の「現実」で酷いことが起きすぎて、句に説得力が感じられなくなってしまっているのではないか。事実は小説より奇なりというか、自作が現実のどこにも刺さらないように思えてしまって前後不覚に陥っている。
白泉、三鬼のような時代になれば、俳句は今度こそ最後の輝きを見せるのではないかと思っていたが、少なくとも私に関しては再考が必要らしい。それについてはNHKラジオの青木さんの俳句の番組で言っていた戦時中(統制社会下)も大方の人は普通の日常詠をしていたというところをもう少し調べないといけない。
自分の不調を現実のせいにするなんて腰抜けもいいところと思われるかもしれないが、ある意味現実を信頼して対峙してきたところはあるので自分の中では当然の不調と言える。

俳句の賞をもらう前に会社の賞を貰ってしまった。面倒なことにうちの会社でも改善活動と言って業務を効率化させたり、生産性を上げたりする活動が義務付けられていて、期末ごとに数を一定数揃えないといけないのだが、なにか作っても報告の段になると面倒で「ましになった」とか「よかった」とか「風邪を引かないように気をつける」とか小学生並みのコメントをつけてだしてたのだが、それも面倒になって、調査時間が三十分くらい短縮できるツールを後輩さんとの連名にする代わりに後輩さんが報告書を書いてくれるというので全部おまかせした。そしたら効果測定とか金額換算とか正確にやってくれて、何かめっちゃすごい風ツールにしか思えないような印象で、社長賞になった。賞金は二人で山分けだけど、俺が報告書書いても「結構いいと思う。時間が浮くし簡単で便利」とかしか書かなくて埋もれてしまっていただろう。後輩すごい。そもそも改善活動がお金になるなんてほとんど知らないというか意識してなかったし。
俳句より会社のほうが簡単にお金になるんやなぁ。



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/06/08(金)13:53

裸の王様問題

通勤中のためリンクを貼ったりは全部は無理。
参考リンク

高田獄舎のツイートより
勝者「「オルガン」系の俳句は所詮はオルガン村の中でしか通用しないような[方言]で書かれていると思う。意味不明の俳句を作ってはお互いに「うんうん、わかる」と言い合い安心しているようにしか思えない。それは単なる[自閉]だ。もちろん例外はあるし、宮本佳世乃さんの句には圧倒されるけれども。」

勝者「表現を弄りすぎて、読んだときになにも伝わってこないような句は問題がある。俳句界は無駄にプライドの高い奴ばかりだから、伝わらない句とその作者に対して、伝わらないよと言えない空気がありますけどね。」

勝者「「オルガン」について批判的なことを言えばすぐ叩かれるのは興味深い。どうりで鴇田や田島らの句に対する批判をほとんど目にしないわけだ。」

単純な例え話に置き換えてしまえば、彼は「王様は裸だ!」と言っているのだと思う。そして、それに対する反応が芳しくないことに苛立ちを表明している。
しかし高田獄舎のツイートに対して批判殺到かというとそうではなく、青山茂根による返信や久留島元のリンクなど考えるべき評を寄せているものもいる。あとは大塚凱の返信は今後の話の持ってき方について冷静なものだろう。総じて様々な反応があったものの、どちらかというと反応の数自体は限られていたようにも思う。

この、王様は裸だ!に対して、
原作童話であれば、王様は馬鹿には見えない服を着ているがそんな服などあるわけなく、正直な子供と、ないものをあると言い張る大勢の図という教訓めいた寓話になるが、しかし俳句の場合は、「人によっては見えない服」というのは確かに存在する。吟行の中だけで成立する句や、知識で読みが広がるものなどはそのわかりやすい例だが、読みの1パターンとして、見えない分からないはあると思う。もちろん見えないのは馬鹿だからだと言いたいわけではなくて、その句が誰に見えて誰に見えないのか、それがなぜなのか、見えるという者は本当に見えているのか、見えるとは何なのか、見えないのは句のせいなのか読者のせいなのかという、俳句と他者の関係について考える必要が出てくるのだと思う。この俳句の「分かる分からない問題」は多くの人があちこちでずっとやってきたもので目新しさはないし、大切な問題ではあるが答えが出なくてきりがない。その昔GLAYも「疑いだせば きりがないから僕達はいつの頃から本当の気持ちを言えず黙る事を憶えた」とBE WITH YOUで歌っている。

高田獄舎はおそらくオルガン賛美はオルガンという「ブランド」を無批判にありがたがっている読者が多いのではないかという疑いを持っていて、そのブランドの構図が「分かる分からない問題」に余計な影響を与えていることを主張して批判したいという意図があるのかもしれない。しかしこれも疑いだせばきりがないというか、彼自身が納得する「彼の意に反した答」が果たしてあるのかどうか。

オルガンメンバーについてはよく知ってるとまでは言えないが、しかし何度か句座はともにした感想として、彼等が「ブランド」に寄りかかっているとは思えない。
高田獄舎のオルガン批判に反感をもつ読者は、自分の反感がどこに根ざすものなのか考えるにはいい機会だと思う。その際、「批判自体はいいんやけど、「無駄にプライドの高いやつばかりだから」だとかの言い方がね」と思うのも無理はないが、今回はそこまでひどくないしそこはもう割り切ってなんとかしなな(通勤中につきまとめ投げやり)(なんだか彼の言い振りは的を絞らせないというか彼に対するまともな批判を躱す効果を発揮してるように思えて、彼の生来のものなのか防御の手段なのか気になる)




未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/06/06(水)08:57

同人の家

ぎりぎり人々の記憶にあるうちにまとめておかなければならないと思った。

事の発端は、高田獄舎のこのツイート、

田中惣一郎の里四月号に掲載されたぬのーという読み物。
要旨は「佐野波布一」を名乗るアマゾンレビュアーの生立ちを創作したもので、田中本人がこのようなツイートを投稿している。
尚、書き方がややこしいが田中が佐野波本人というわけではない。

佐野波布一の俳句関連のレビューは非常に辛辣なものが多数あり、特にbiwa句会(オルガン)、佐藤文香、小津夜景、関悦史などいわゆる現代俳壇の中でも最も勢いがあると目される者たちに対しては、かなり執拗な批難を展開している。実際のレビューは佐野波布一のサイトで確認できるので、一読はしてきたらいいと思う。
そして佐野波布一の正体が例えば伝統系の結社俳人だったとしても、一応ここでは俳句の門外漢の一レビュアーとして振る舞うことが彼の立ち位置のようだ。そして田中は佐野波のような長文レビューに対しては次のようなツイートで嫌悪を表明している

前置きというか下ごしらえが長くなってしまった。しかし大体料理も評論も下ごしらえさえ済んでしまえばあとの調理は混ぜて焼くとかして大抵すぐ出来上がる。私が言いたいのは、

・田中惣一郎が佐野波布一をどう嫌っていようと、拘っていようと心底どうでもいいのだが、その表明の仕方が論理的な反論ではなく、生立ちを創作するという嫌がらせ的な反応だったことが残念だった。
・「ぬのー」は佐野波布一が菓子を吹き出す下りとか、それを神経質に気にする下りとか、そういう描写でもってキャラクターづけがなされており、クラスの主流派が目障りな奴を貶めるときに癖や言動をからかい囃し立てるいじめに非常によく似ている。(しかもその癖や言動すら田中の捏造という)
・そしてその目的が佐野波布一探しという「お遊び」だという。いじめ加害者のいう「遊んでいただけです」と同様の言い種だと思う。
・フィクションだからといって何を書いてもいいわけではない。取材もせずに他人の生立ちを勝手に創作して、モンスターだアマゾネスだと言っていいとは思えない。物を書く上で当然すぎることだと思うが、しかし大事なことなので都度言っていかねばならないなと今回の件で痛感した。それは趣味だろうと仕事だろうと文章や出版に関わるものが必ず持たねばならない倫理・態度だろう。

次に、これを掲載した里編集部員の意見を全てではないが列挙する。

言いたいのは、里編集部はどうだとか、どうしてほしいとかではなくて、この記事を書いた動機に当たる部分なのだが、結社の同人制でも同人誌でもこの「同人」という感覚はやっかいだなぁということだ。同人とは同じ趣味や志をもった人、仲間、集団ないし共同体のことである(ウィキペディア)のだが、ある意味「他人」の存在しない領域である。そして倫理というのは「本当の他人」がいて初めて成り立つ概念なのではないだろうか。
「同人」が同人の作品を守ろうというのは当然のことで、それがあるから安心して作品を書けるというのはある。ただし作品を守るあまり、多くの同人集団は「倫理」を表現の対立概念としてしか認識できなくなってしまっているのではないだろうか。
表現が「他人」に向けてなされるものである以上、本来は倫理と表現は対立するものではなく、表現が自由であることの担保として当然内在的に備わっていなければならない制限が倫理のはずだ。
同人内で身内が身内同士褒め合ったり、けなし合ったりしても一向に構わないと思う。家にいるようなくつろぎは貴重で内輪だろうと何だろうと価値のあるものだと思う。ただし、同人誌は内輪で固まりつつも、雑誌としては外に向けられたものならば、窓から覗かれるし、ドアから声をかけられるし、そういう家で暮らしているということは自覚するべきだろう。

私は建前をとても大切にしているので、「ぬのー」のようなネタはクローズドな内輪の飲み会ででも披歴すれば良いと思う。

尚、そういうことで外山一機の文章と本件で私のいいたいことは、微妙だが多分かすってはいない。しかしこれきっかけでやっぱ書いとかないといけないなと思ったので参考としてリンクを貼る。



俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/05/28(月)02:14

適者生存

多少感傷的になってる。

以前、薄い漠然とした不安に対して、自分の俳句は本当によく反応してくれて、それなりに納得の行くものが作れていた。それは、薄曇りの中にナイフをかざしてキラキラと反射させるのに似ていた。それだけで何かしらかの達成感があった。
ただ、今、眼前にある壁のような危機に対して、同じようにはできないし、やってみたところで虚しさが勝ってしまう。
これまで、新しい句を求めながら、意外なほど正直に俳句で掬える範囲のことしか俳句にしていなかったのだ。そして、それに耐えられなくなりつつも、ナイフを壁に突き立てることに躊躇している。

春風や闘志いだきて丘に立つ  高浜虚子




未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/05/10(木)20:48

リセット

安倍主義に関しては、正直言って国が滅びるまでの我慢だと思う。そうでも思わないとやってられない。

戦後、そのチャンスを得てもどうにもならなかった結果が今なわけだから、期待薄だけど。

今度の戦争で、日本人は、少しは利口になるだろうか。非常な疑問である。教育を根本的に変えなければ。(清沢洌 暗黒日記)

こういうのは、TwitterにもFacebookにもリンク貼れないね。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/05/08(火)19:20

詰んでから

今後、少子化が回復することは多分ない。

今以上に国保や年金制度、税制、インフラなどが維持できなくなるが、同時に現在の国粋的な政治嗜好も最後には立ち行かなくなるし、その途中で国際的な影響力はかなり小さくなるだろう。あるとしたら核武装からの「侍国家」化だが、そうなるともうほぼ詰んでいる。安倍主義は詰んでからが醜く長いのと、国民に「将棋」のルールを知るものが少ないので、駒を全部取られるまで続けるしかないかもしれないが、それでも目算で百年以内にはほぼカタがつくだろう。

その後は国際的な政治空白地帯になってしまうが、学問をないがしろにしている政体からまともなプレーヤーが出るとは思えないので、ようやくここで生き残りは自業自得と自己責任の意味が理解できるかもしれない。いや、無理だろうな。生き残ってしまってる状態では過ちに気づくことができないというのが、そもそもの病巣なのだから。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/05/07(月)08:41

クラスの主流派が非主流派や目障りな奴を貶めるときに、相手が主流派でないことを攻撃の口実にするやり方と似ている。

最近思うのが、人格攻撃と「強い批判」の線引きが曖昧な人にとっては強い批判≒人格攻撃や所属組織への攻撃になってしまうのだなと思った。読んでもらえばわかる通り私が何かを批判するときは、人ではなく発言を批判するようにしているのだが、その辺の微妙な違いを読み取ってくれる人ばかりではないということはもう少し気に留めておいた方がいいかもしれない。反対に私も、相手の発言ではなく、相手そのものを批判したり否定することに意義を感じてるような人がいることが分かったので、相手の発言にそういう雰囲気を感じたら相手にしないように気をつけようと思う。


最近、すごく嫌なことがあって、とてもイライラしているし内輪ノリというものに失望している。彼らとは一緒に笑うことができないということを、まざまざと思い知らされた。
そういうこともあって、あまり安定した心持ではないのでTwitterで諍いを起こしてしまった。バランスを欠いていたと思う。
話を戻して、俳壇の内輪で固まって行われるいじめ遊びは、特に俳壇外にその矛先が向いたときは止める者がおらず、より自制の効かないものになるのかもしれない。理論や議論で刺しにいくのではなく、クラスの主流派が非主流派や目障りな奴を貶めるときに、相手が主流派でないことを攻撃の口実にするやり方と似ている。それがあまりにも自然に行われるため、その醜悪さや恥ずかしさを訴えても周りの理解を得られない絶望感がある。
理由のないいじめなどないとうことを、いじめる側は最大限利用して、自らの正当性としているようだが、それにしても、周りで見ていて且つ状況を理解している人はそれを疑問に思わないのだろうか。

2018/05/19追記
ウェブで公開されたようなので、この文章のきっかけのリンクを貼る。





未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/04/21(土)00:48

新しい映像が記憶のように加わること

去年立ち上がった金沢大学俳句会から会誌「凪」が届いた。去年できたばかりの会だが、精力的に活動し、無事凪の第二号が発行されたようである。

凪二号、『なぜ、俳句なのか』若林哲哉と丸田洋渡の対談より

丸田「たしかに。実際に感じるのとはまた趣の違う、感じられるということ。聞いていて思ったのは、俳句には『思い出させる』力があるのかもしれませんね。記憶や経験を文字によって引き出す。」
若林「きっと、それも、俳句が『切り取る』ものだからだと思うんですよね。〈泪して仰げば夏の星に蘂/正木ゆう子〉『羽羽』なんかは、良い例だと思います。どこかで経験しているのだけど、忘れてしまっていること。そういうことたちを、ああ、あれってそういうことだったんだ、と思い出させてくれるのが俳句ですね」

ここで、二人は俳句によって経験が呼び起こされることについて語っている。この二人の主張は特別なものではない。まとまった数の俳句を読んだものならほとんどの人が経験している感覚ではないだろうか。俳句が意味内容を伝えることを得意とする形式ではないことは、その短さで説明できるし、切れによる空白や省略による余白を読者自身に補わせようとするのは(もちろんそうではない切れや省略はあるが)つまり俳句は伝える形式ではなく、読者の中にある様々なイメージを整え、それらを使ってイメージを構成するための設計図として捉えたほうが俳句の特徴をうまく言い表しているように思う。二人の対談はこれから俳句を始めようと思う者に向けられたものだが、はじめにそこについて意識を向けるのは、いわゆる名句についてあれこれ語るよりもずっと意義があると思う。

凪二号の中からいくつか引く
春の山裏側は見ていないけど  岩田怜武
はるさめをぱくぱくたべるにしきごい  坂野良太
鶴引いて毛根鞘をしごき取る  敷島燈
春日傘 意識高い系のポーズ  ツナ子
薄雪やつひに足あとのざわめき 姫草尚巳
きよらなり枯蟷螂の胸筋は  若林哲哉

これらの句の中にも、例えば毛根鞘の句に、机に向かってはいるものの、受験勉強などではなく髪の毛を抜くことに熱中して、抜いた毛の毛根でノートに貼り付けたり、白い透明な鞘をこそぎ取ったりしてただただ無為の時間を過ごしていた記憶が思い出される()「鶴引いて」が言い訳のようにアンニュイで面白い。また、「きよらなり枯蟷螂の胸筋は」、「はるさめをぱくぱくたべるにしきごい」蟷螂の胸筋や、雨に口を開く錦鯉などはまじまじと見た記憶はないのだが、これらはまるで思い出すような感覚で映像を思い描くことができる。俳句のほうが思い出すという行為より、ずっと深く脳に刺さって記憶を引っ張ってくるということだろう。蟷螂はそのリズムの良さで、にしきごいは平仮名書きで幼い記憶に直結するのかもしれない。
あるいは、もっと踏み込んで言ってしまえば、読者の体験したイメージの断片を俳句という設計図によって組み合わせることで、今まで体験したことのないイメージ映像がまるで記憶のように現れることも可能なのだと思う。「春日傘 意識高い系のポーズ」はこの句で分かち書きを持ってきてしまうのが、まさに「意識高い系」という構成になっていて、脳内の記憶がそれに沿うようにモンタージュされ、見たこともないのに、少し鼻持ちならない気取った様子がイメージされて面白い。

金沢大学俳句会メンバーそれぞれの表情のよくでたいい雑誌だと思った。


書評 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/04/13(金)12:52

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる