クラスの主流派が非主流派や目障りな奴を貶めるときに、相手が主流派でないことを攻撃の口実にするやり方と似ている。

最近思うのが、人格攻撃と「強い批判」の線引きが曖昧な人にとっては強い批判≒人格攻撃になってしまうのだなと思った。読んでもらえばわかる通り私が何かを批判するときは人ではなく、発言を批判するようにしているのだが、その辺の微妙な違いを読み取ってくれる人ばかりではないということはもう少し気に留めておいた方がいいかもしれない。反対に私も、相手の発言ではなく、相手そのものを批判したり否定することに意義を感じる人たちがいることが分かったので、あまりそういうのはこちらからは相手にしないように気をつけようと思う。


最近、すごく嫌なことがあって、とてもイライラしているし内輪ノリというものに失望している。彼らとは一緒に笑うことができないということを、まざまざと思い知らされた。
そういうこともあって、あまり安定した心持ではないのでTwitterで諍いを起こしてしまった。攻守のバランスを欠いていたと思う。
話を戻して、俳壇の内輪で固まって行われるいじめ遊びは、特に俳壇外にその矛先が向いたときは止める者がおらず、より自制の効かないものになるのかもしれない。理論や議論で刺しにいくのではなく、クラスの主流派が非主流派や目障りな奴を貶めるときに、相手が主流派でないことを攻撃の口実にするやり方と似ている。それがあまりにも自然に行われるため、その醜悪さや恥ずかしさを訴えても周りの理解を得られない絶望感がある。
理由のないいじめなどないとうことを、いじめる側は最大限利用して、自らの正当性としているようだが、それにしても、周りで見ていて且つ状況が理解している人はそれを疑問に思わないのだろうか。


スポンサーサイト


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/04/21(土)00:48

むじなメモ

むじなの座談会を読んで震災詠から考えていたら随分時間が経ってしまった。短くまとめることはできないけど、しかし長々と書いても遠ざかるようで難しい。いくつかの断片的な感想を以て、自分自身のヒントとしたい。



神野紗希という人選は良かったと思う。俳句2011年5月号の被災地への励ましの一句という依頼に対し、「良心的拒否」と迷った上での、神野紗希の身辺詠は、被災地以外の人間があの時点で俳句を通してどうするのか、励ましと言われておそらく多くの人が戸惑いと割り切れない気持ちを覚えたと思うが、その戸惑いにきちんと正対したものだったと思う。

暁鴉・睡魔・マイクロシーベルト   神野紗希
「詩歌の力」という語の乱用を避けたい。本当の詩歌の力は、何も言わなくても、しずかで深いところで、変わらずはたらくと思っている。(俳句2011年5月号)

その神野紗希が震災詠について、その場にいなくても、そこにいるかのような句になればと言っていたことに注目した。それは装えばいいであるとか、上手く詠めばいいであるとかとは全くの別物である。
私達には想像することは許されていて、その許しに対してこちらが差し出せるものが、「その場にいるかのように詠む」なのではないだろうか(要検証)

あとは、むじなメンバーそれぞれの主に震災詠が詠めなかった、詠まなかった理由について、東北と一口に言っても被害程度が地域によって全然異なるという点、短歌と俳句の違い、より影響を受けた被災者に読まれるという迷いなどが挙げられていた。もちろん、被災地だから、被災地に近いからという理由で震災を詠まなければならないなんて馬鹿な話はなく、しかしだからこそ、詠むには自身の中に確固たる理由がいる。あるいは、現実に入り込んで固定化してしまった震災の傷や傷跡までもを、自然として認める俳句の眼によって、結果として震災詠になるということはあるだろう。

むじな作品の中では
唯一、直接的に震災とつながるものを詠んだのは

蠅生る除染袋を押し退けて   一関なつみ

だった。

通勤中で今日はむじなが手元になく、不十分、未消化な点はあったが、思い出しながら書くということで、出てくるものが知りたかった。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/04/13(金)08:18

続・綿菓子日記1

山笑ふペットボトルのラベル剥く

去年スピカで連載した綿菓子日記は、私と彼女の出来事を中心に思いつくままに書きちらかしていったのだが、中には掲載を見送ったエピソードもある。あれから一年たって、当時のテキストを引っ張り出して見ていたら、ちょっとだけお蔵入りした話を思い出しながら新しく書き足したくなった。

深夜テンションの恐ろしさはなぜお蔵入りにしたかという肝心なところを忘れさせる。目が醒めて正気を取り戻した!!ちょっと恥ずかし過ぎるので引っ込めます。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/03/23(金)01:53

ほへーほへー

ちょっと備忘録的に、あまり立ち入った話はなしで。
西山ゆりこさん発起人のピクニック句会に行ってきた。
ダンススタジオでごろごろしながらやる、子供連れOK、おもちゃ持ち込みOK、ペンだけもって参加という句会だ。私も子供におもちゃを持たせて、あとは本当に俳句に関連のあるものはペンだけで参加した。好き勝手にフロアを走り回ったりする子供たちの声に負けないようにポータブルのマイクを持ち込んだりと、なるほどなるほど、子連れ句会にも取り入れたいなと思わせる工夫があった。あと子供の年齢層が低いので、久しぶりに1歳児とか8か月さんとかを見ることができた。小さい。
句会の方は、さすがに私が同年代で句会やってみたいと思う人たち大集合だったので、みんな慣れたもので、ゆりこさんの回しも的確で、みんなの選句と評のリレーが面白かった。ほへーほへーと何度もうなった。最後は記念撮影をしてお終い。二回目があればまた行きたい。
悔まれるのが、生駒さんに最初気付かなくて、気付いてからはずっと、「気付かなかった。ほへーほへー天気さんに似てるけど若すぎるし、だれかと思った」みたいな話しかしてなくて、向こうも最終的には「いや、お前ちょっとは俳句の話せえよっ!」って思ったかもしれない。
私は、あれだな、文章の中ではそれなりに面白いとか期待されることはたまにあるんだけど、会えば大抵がっかりさせちゃうのがな、致命的なトークの筋の悪さ。それをな結構気にしてる。がっかり火尖。
でも面白かった。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/03/22(木)02:05

切れについて

実体験の範囲で言わせてもらうと「切れ」に対する理解をかなり狭くして使っている人は多いと思う。炎環もその傾向がある。つまり、「や」で切ったりすると意味上でも絶対に切れているという判断が機械的になされてしまい作句上・鑑賞上の可能性を潰してしまっていることがある。

たまに上五の名詞の切れだけでもそういう処理をする人たちがいるが、それだと句中に切れのある句はみんなニ物衝撃になってしまうのだが、それはいくらなんでもおかしいし、おかしいと気づいてくれよ。切字を使っていても音だけを切っている場合と意味ごと切る場合とそもそも切れていない場合とがある。
例えば、
夕立や殺生石のあたりより 正岡子規
意味で切ると意味が分からない。

蟷螂や二つ向きあふ石の上 正岡子規
これも二つ向き合っているのは蟷螂であり、やを使う一物仕立ての例。

反対に取り合わせとしては、ぱっと思いつくのが有名な句になっちゃうけど
秋風や模様の違ふ皿二つ 原石鼎

人によってはそんな当たり前のこと今さらと思うかもしれないが、初学時代に十二音技法なんかが骨身にしみたまま成長しちゃうと意外とありえるから、ちょっと書いておこうと思った。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/03/12(月)01:29

俳人言えるかな


Hello Kids!
 キミはもう、たっぷり俳人つかまえた?
 俳人151人つかまえたキミも、まだまだのキミも、
 《俳人言えるかな?》に挑戦だ!
 How's your mouth rolling today!

石洲/軽舟/アベカン/ 素十
蛇笏/あらた/椿/春樹
原コウ子/曾根毅
鳳作/矢野玲奈/普羅・曾良/まや・奈々
藤幹子!

綾子/放哉/楸邨/杉風
かな文/兜子/青邨/蕪村/マブソン/槐太/堀葦男/番矢
烏頭子/ドゥーグル/爽雨/テルカズ
鳴戸奈菜!

 ラ・ラ・ラ 言えるかな?
 き・み・は 言えるかな?
 ラ・ラ・ラ 言えるかな?
 俳人の なまえ!

泊雲/静塔/西鶴/憲武
仁喜/兜太/御中虫/湘子/秋桜子
明倫/サトアヤ/青畝/櫂未知子
龍太/ゆう子/曹人/風生
五千石!

基史/皓史/照敏/嵐雪
後藤夜半/羽公/江渡華子/神野紗希
禅寺洞/野口る理
草堂/太穂/鶏二/三鬼
相子智恵!

 ラ・ラ・ラ 言えるかな?
 き・み・は 言えるかな?
 ラ・ラ・ラ 言えるかな?
 俳人の なまえ!

 (M.C.)
 ここからガラッとスタイル変えてみよう!
 One, Two, Three, ah-here we go!

(Yeah!)/山頭火/けん二/原石鼎
不死男/ユースケ/磐井/鬼城
龍之介!
大道寺/和田悟朗/碧梧桐/鬼房
爽波/朱鳥/三日女/敦
宇多喜代子!


木歩/しづの女/麒麟/誓子/行方
遙/まりうす/獄舎/いつき
石寒太!
津田清子/ふけとしこ/草田男/ケルアック
正岡(子規!)/高浜(虚子!)
ホ・ト・ト・ギ・ス!

 (M.C.)
 めっちゃええ感じでんがな!

 ラ・ラ・ラ 言えるかな?
 き・み・は 言えるかな?
 ラ・ラ・ラ 言えるかな?
 俳人の なまえ!

 (M.C.)
 All right,
 つぎは泣きながら歌ってみるってのは、どう?

羊村/花簔/猿丸/澤好摩
金子晋/久留島/あざ蓉子/谷さやん
関悦史/苑子/地橙孫
重信/美秋/窓秋/耕衣
四ツ谷龍

 (M.C.)
 All right, kids.
 It's time to take a break, here.

 (ナレ-ション)
 ふしぎなふしぎな 生きもの
 どうぶつ図鑑には のってない
 俳句を作る人 ちぢめて俳人

 (M.C.)
 ここまで歌えるなんて、たいしたもんだ。
 でも、むずかしいのは、ここからだよ。
 よーし、一気にラストスパートだ!
 One, Two, Three, ah-here we go!

河原/黒岩/上村/鬼貫
友次郎/悌二郎/杏太郎/木枯
冬野虹/鷹女/みどり女/しなだしん
白秋/春休/丈草/我尼吾
大野林火!

若之/芝不器男/十二国/大祐
白泉/波郷/桃子/露結/謙太郎
ポニータ/堀下/裕明/閒石
星眠/白虹/青鞋/藤原
森賀まり!

 ラ・ラ・ラ 言えたかな?
 き・み・は 言えたかな?
 ラ・ラ・ラ 言えたかな?
 ポケモンの なまえ!

 ラ・ラ・ラ 言えたかな?
 き・み・は 言えたかな?
 ラ・ラ・ラ 言えたかな?
 ポケモンの なまえ!

 (M.C.)
 OKIDOKI!
 Now that's the way to say it.
 あれ? ちよっと待って!
 もしかして、もう1匹忘れてない?

-------------------------------
白秋とかかなり微妙なのも入ってるし、音韻的にもっといいのがあるかもしれないから思いついたらアップデートしていくかもしれん。あと名前とりあげられるのが不愉快だったら差し替えます。
気に入ったら↓も


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/02/26(月)00:24

祝祭

凱さんの記事を以て今回の件は速やかに収束したように思う。それはとても良かったと思う。

当事者自身の準備、タイミングを奪うことに思い至らなかったかと言えば、正直その点は思わなかったわけではない。今更白々しいことを言えば心苦しさはずっとある。ただし、ほとんど主宰と言っていい立場の者が、金銭を絡めて非対称な選択を迫ること、その是非については、部外者だからこそ、構造の問題として触れることに意味があったと思う。その考えは今も変わらない。これは、結社誌、同人誌の別なく、それこそ俳句に限った話ではなく「こんなこと言い出すくらいなら初めから肩代わりなどするべきではないし、肩代わりするなら返金を求めるべきではない」からだ。「無季を容認せよ」とか「群青のイメージ」がどうとかそういう話じゃない。そもそも俳句の話ですらないのだ。
その点、凱さんの記事は当事者しか書けない、個人対個人の関係の決着というものだった。無責任にもわれわれが待ち望んでいたものだった。そこで当事者としての選択を彼はしたし、そのことを多くの人が確認した。多くの人がその記事で納得し、彼の選択を支持したと思う。私も彼の選択を支持した。
この問題を個人間の問題、子と「育ての親」の関係の問題として捉えるなら、問題に触れる権利は再び群青メンバーの手中に戻ったと言うべきだろう。そこでは今回私のしたことは余計なこと以外の何ものでもない。個人間の問題には干渉するべきではないのだ。今回の速やかな沈静化の背景には、「構造の問題」から「個人間の問題」への転換によるところは大きいと思う。もちろん当事者にとっては個人の問題に他ならないのだから、その点については彼の記事に何も反論はない。素晴らしいものだったと思う。しかし、部外者であるところの我々は、望んでいたとはいえ、あまりにも簡単に納得し、祝祭的に感動してしまったのではないだろうか。
この件で精算されたのは当事者としての問題であり、もともと「櫂未知子発言」の是非については、彼の決断で構造上の問題が解決するという類のものではないのだ。しかし私達はその点については目をつぶってしまったのではないだろうか。

それでも今回は立ち入りすぎたという感触は消えない。しかし、この記事のように部外者にとっては俳壇に横たわる問題として捉える人が出てきたことは書いた意味はあったと思う。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/02/15(木)08:40

環境問題

前回の件について、原典にあたってから議論をしよう、印象論で話を進めるなという声をいくつか聞いた。また購入方法をツイートしてくれた人もいたので私も早速購入した。群青購入先

ソースに当ることの重要性は言うまでもない。しかし例えば前回の記事が該当箇所の発言内容を捻じ曲げて伝えているかと言えば、そこは注意して書いたので、おそらくそんなことはないと思いたい。もちろん、群青を読んで語るべきだというのは正論だが、読まなければ語れないかと言えば、今回の該当部分に限ってはそこまでではないのではないかと思う。つまり、「無季をやるなら俳人協会を辞めよ、その際はいままで肩代わりした入会金、年会費を全て返納せよ」という事実の部分についての是非は、正直印象論云々の入り込む隙間はあまりないと思う。

ただし、発言する以上は、その当不当に関わらず人を傷つけることがあるし、内容が内容だけに、私のブログだけを見て批判するのは、フェアではないと思う。もし、私のブログだけを見て、何か発言するのなら、その内容や行為がフェアかどうかについては一考を要するし、それを担保しようというのなら、やはり一番確実なのは群青を買って読んで考えることだ。その点については、言うまでもないと言っといてあれだが、ソースに当ることほど重要なことはない。あとは話を協会にまで広げ俳句の世界に横たわる課題としてとらえるのも前向きな効果を生む可能性があると思う。俳句をとりまく「環境」の問題として少しは意味のあることだと思う。

一応、今回の件をとりあげる前に、ウェブ検索とTwitterで群青2月号について検索をかけた。すでにこの件について私より先に取り上げている人がいれば、私が言うことではないと思ったからだ。しかしいなかった。
誰も言わない中で、群青二月号の作品評を読んでしまった以上、その発言に触れるべきだったと今でも思っているけど、この話が解決しないまま話題に上り続ける、消費され続けるというのは望んでいない。この件をいくら煮詰めたとしても、私たちが本当に好きなはずの「俳句」の話にはならない、そのことは、今回の件を切り出した以上、きちんと明言すべきだと思う。一日遅れたけど。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/02/11(日)23:48

星の白地図

若手俳人をとりあげた企画には、好企画と呼べるものが多いと思う。

主に高齢者が主要な層である俳句という文芸にあって、しかし若手企画は子規以降の俳句を見回しても人気コンテンツでありつづけた。四Sについても虚子の計らいによる若手スターのプロモーションともいえるし、新興俳句運動も若者という要素抜きに語ることはできないだろう。戦後の高柳重信による五十句競作はストレートに若手発掘のための企画だったし、今ならば俳句甲子園を外すわけには行かない。何より、子規の俳句革新運動自体が子規という稀代の若手俳人によるものなのだ。このように、俳句と若者は密接に関わりながら前に進もうとしてきたわけだ。

翻って現在、総合誌で頻繁に行われる若手特集や若手向けの賞などで分かる通り、相変わらず若手は俳句の世界で重宝され続けている。一つだけ気がかりなのは、若手がスポットライトを浴びる機会の増加に伴って、より消費的、あるいは囲い込み的な側面が強くなってきたのではないだろうかということだ。これ自体は非常に議論を交わす意義のあるテーマであるが、少し話が横道にそれてしまった。今日の本題はそれではない。数多くある若手向けの企画において、やはり好企画と呼べるものは、若者自身が制作に携わり、多くの若者がそれを読みたい、叶うなら出てみたいと思えるものだろう。そういう視点で見たときに一つ、期待を抱く連載がこのほど始まった。俳句結社「萌」の若林哲哉による「星の白地図~若手俳人探訪~」である。
今回、ありがたいことに若林哲哉を通じて萌編集部より萌誌をご恵投いただき、今、手元にある。「星の白地図」は第2回、とりあげられる俳人は安里琉太である。つい先日当ブログでも作品をとりあげ、うまく解説できずに「嫉妬」とひとことのみ書いてしまったのだが、とにかく注目の若手というのは数えればかなりの数に上るが、安里琉太はまじでお勧めである。

肝心の内容であるが、安里自身による俳句との出会い、自選10句、取材をもとにした若林哲哉の小論という構成になっている、人選は取り上げられた俳人が次の俳人を指名するというものだ。星の白地図の名の通り、回が進むごとに俳人自身のつながりが明らかになっていくというのも楽しみなところだ、うん、青臭くありつつも要衝を押さえた優れたタイトルだと思う。

安里琉太自選句より
あはうみも波のたかぶる鏡割
春暁や何の忌となく雨が降り
ふじつぼもほろほろ鳴いて秋高し

そして、若林哲哉による小論は非常に字数が限られている中で意欲的だ。作者の俳句に対する姿勢を聞きだし、それを若林の眼を通して、作品鑑賞にてらして真面目に紐解いていく。次の俳人が気になるし、これを読んでいつか出てみたいと思ってしまった人も多いのではないだろうか。私もその一人である。ちょっと自選句が「子の問に何度も虹と答へけり」ばかりで食傷気味やから他のいい自選句ストックができたころに話しがあればめっちゃでたいなとか妄想してしまった。あとはまだ俳句総合誌が触手を伸ばしていない若手もとりあげられるのかなぁとか考えると面白い。

次回は、萌の注目句にも触れていきたいと思う。萌自身は正直に言うと若林哲哉と出会うまではノーマークの結社だったが、彼の奮闘ぶりと連載は要注目である。ちょっと好意的に書きすぎたかもしれないが、安里琉太の俳句を始めたきっかけが面白くて、これ安里さんの鉄板ネタなのかな。有名な話なのかな。面白かった。


※訂正!第一回は仮屋賢一さんでした!!!大変申し訳なかったです。お詫びして訂正します。そして、現時点(2018/02/10 11:12)その部分はちょっと削除。仮屋賢一さんもすごい句を作る。もうすごい人だらけ。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/02/10(土)03:02

12月中に書かなければならなかった

俳句について何か話すことを最近すごく難しく感じていて、例えば、自分が初学時代に読んだ本の多くが俳句の眼目について平易な言葉で語っていて、そのおかげで自分もそういった本の真似は辛うじてできるようになったんだけど、わかりやすく話そうとすればするほど、地球を平面の地図で説明するような無理を感じてしまう。

もちろん、何を今さらという類の話だし、そういった難しさを乗り越えたような優れた鑑賞や評論が実際に存在する以上、結局、私の力不足の一言で済ます他ない話なのだ。しかし、困ったことに、今までできていた、俳句を言葉で薄めて引き延ばしたような解説を書くことに今は興味がわかず、かといって「地球儀」的な鑑賞をするだけの力はない。

題からも分かる通り、予定の期限を遅れに遅れている。時間に遅れるというのは能力だけでなくやる気も誠意も情熱も何もかもないというわけなのだが、では辞めてしまえと言われると、それだけはちょっと勘弁してくださいって思ってしまう。非常に格好のつかないことだ。


この文章は、その12月中に書かなければならないことの前書きにもってきたのだが、さすがに冷静になってやめた。

もちろん昨年締め切りのあるご依頼は泣く泣く断念する旨のツイートをしていたので、このお話しも一応延長可というものではある、だからといって今2月ってそれはいくら何でも駄目だと思う。


ただ、嘆いていても地球儀的なものが書けるわけではなく、とにかく今は納得できないものしか書けなくても書き癖をつけていくことの方がよっぽど書きたいものににじり寄れる。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/02/03(土)17:26

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる