FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

思索派

俳句は手段ではなく目的で、いい俳句を作ることだけを求めるという純粋な立場を取ってきたけど、最近それだけではどうにも自分に対して説明不足を感じる。

平畑静塔は当時18歳の三橋敏雄について「之の少年作家に、早く思想の陰影を與(あた)へよ」「三橋少年よ、うまさの代りにもっと強く深く悲しく俳句を考へて貰ひ度いものです」(京大俳句 昭和14年1月号)と述べている。「俳人格」をとなえる静塔ならではの言葉だと思う。しかしこの言葉を知った当時の二十歳そこそこの私は、「作品が良ければ思想は関係ないやろ。負け惜しみ臭い」とまで思ったのだが、冒頭の悩みを抱える今現在となってはこの言葉を何度も思い出してしまい、無視できないでいる。

詩一般の歴史、詩学の知識に乏しいので、あくまで感覚としてだが、詩人を突き詰めると思想家に、思想家を突き詰めると詩人に近付くのではないか、あるいはもっと単純に詩作とはそのまま思索に通じるのであり、詩人と思想家はその点で同根ではないかという感覚がある。強く深く思索することで、詩作が本人の哲学を強く反映した思想性を帯びることは十分あり得るだろう。静塔が三橋少年に求めたものはそれだったのではないだろうか。

また、漠然と「良い俳句」という結果を求めて行き詰っていた自分にとって、詩作を思索として深めていくことは、今後の自身の俳句を打ち立てていく上での核の部分になるのではないだろうか。良い句という結果を求めるあまり思うような句が作れない私に欠けていたのは、句を作ることそれ自体にまずは価値を見出すことだったのではないか。「思想」というと人を身構えさせてしまうワードであり、そのせいで技術のある若い人が殆ど踏み込んでこない手付かずの宝があるように思う。

二十代のころの私がみたら、何言ってるんだこいつ、やばいわーって思うかもしれないし、今さら句を作ることそのものの価値だなんて言い出して、後退しているだけなのかもしれないが、しばらくはここから見えるものからたっぷり句作に耽っていきたい。


スポンサーサイト


立ち位置 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/07/05(木)00:20

見返り

予定を変更して、群青の話題ばかりになってしまうが、群青2月号について。
これは本をもらったのではなく、友達(群青ではない)に少しだけ読ませてもらったのだが、櫂未知子の発言についてすごく残念に思った箇所があるので、書くことにする。

雑誌や俳句の業界団体それぞれに主義主張があるのだから、そのやり方が気に食わなければ出て行ってくれというところまでは分かる。だから群青2月号の作品評の冒頭で櫂未知子が「どうしても無季の作品を出したいというなら、俳人協会を退会されたい」と書いていてもそこまでなら、うへーとは思うけど、他所様の組織事情に首を突っ込む気などさらさらなかったのだ。しかし、「ただし、その場合は、(俳人協会の)入会金や年会費を全て返却して頂きたい」と続く文を読んでしまって、無視することのできない気持ちになったのである。群青は俳人協会の年会費などを肩代わりしてくれていたのだが、無季を読むならこれまでかかった費用を耳を揃えて返せというのだ。まじかよ。やばい。
そして、指導者の立場でこういうやり口を悪びれもせず最後に「わかってほしいのよね」と軽くまとめていることに、はっきりと残念な気持ちになってしまった。例えこれまで「学生・院生の費用を「群青」が負担してきたからだ」としても、こういう請求の仕方は殆ど脅しではないか。「よき句」を求めて無季に立ち入った会員に対して、これまでの費用の返金を求める態度というのは、余りにも文芸、芸術離れしており、はっきりと嫌がらせの域の対応だと思う。仮に事前に会則などに返金の旨書かれていたとしても、人の気持ちは当然変わるものだし、有季での経験が無季への興味につながることもあり得るし、そこから有季を見つめ直すくらい俳句は深いものだ。それを金をちらつかせて縛るやり方にどれほどの意義があるのか。そんなこと言い出すくらいなら初めから肩代わりなどするべきではないし、肩代わりするなら返金を求めるべきではない。
なにより、俳人協会賞も受賞し、現在もこれからも有季俳句を担うと目されている櫂未知子の、無季俳句作者への呼びかけが、有季の優れた句や優位性や素晴らしさを説くのではなく、議論するのでもなく、「無季をやるなら金返せ」では、あまりにも有季俳句が可哀想だと思うし、有季の良さを信じられてないのではないかとすら思う。
見返りが得られななかった場合、違約金を課すというのが果たして詩に関わる者のとるべき態度なのか、櫂未知子がいくら実績があって、指導力に長けていても、この基本中の基本の部分でそういうやり方をとるならば、その点に関してははっきりと間違っていると言わなければならい。言う。下町ボブスレーかよって言う。

正しい、間違ってるの判断は大変で、それを言うことで、立場と責任が生まれる。判断を避けて収められるなら私だってそうしたい。それでもこの件に関しては、櫂未知子の発言は間違ってると言うことを避けるべきではないし、有季定型句を作る私はとても残念に思う。

群青は作品評論ともに優れた若手が切磋琢磨する場だと思っていた。この件で去らざるを得なくなったひとのことをとても心配している。

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
立ち位置 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/02/10(土)21:51

被害妄想

安倍政権が戦争を目的にしているというのは、
少し扇動的で、却って状況理解の妨げになると思っている。

安保法制、共謀罪、憲法改正、緊急事態条項などのねらいは
戦争ではなく、安倍政権自体の永続と考えたほうがいいだろう。

だから太平洋戦争のような壊滅的な総力戦には手を出さないと思うし、恐らく、「普通の日本人」が「まぁしょうがないかな」とか「制裁やむなし」と思うようなスカッとする武力行使を政権存続のために繰り返すようになるんだと思う。結構な人間を外国で殺させたりするわけだ。
そうやって、国内の不満や政策の失敗を外の戦争エンタメでそらしながら、選挙制度の形骸化と学問の経済化、隷属化をさらに推し進め、民主制から独裁体制に不可逆的に移行していくのではないかな。

今日衆院を通過した共謀罪は
政権に対して批判的なことをいう人間を速やかに排除できるだけでなく、そういう人間の発生を国民相互で防ぐための万能の法律として機能していくだろう。
(万能な法律など、法律としては致命的で欠陥品であることは言うまでもない)

もっとも、最初のうちは目立った運用などせず、
共謀罪に反対していた人間に「大げさに反対しただけの異常者の被害妄想」というレッテルを残らず貼っていくことからはじめると思う。
そして本格的に運用しても決して大々的にはせず、陰湿に静かに根を張っていくように思う。
15年も経てば政治的な自由は消え失せていると思うが、もはやその頃には、それがどれほどの悲劇かを分かる人間は今以上に少なくなっているだろう。

私はそれに対して立憲主義、個人主義の立場から明確に反対していくことになる。
そのための方法はまだないけれど面白いと思えるものを考えたい。


立ち位置 | コメント(0) | トラックバック(0)2017/05/20(土)02:48

矜持

私の矜持は常に私にのみ向けられていて、私のみを規定する。

そして、誰にも触れさせない。


立ち位置 | コメント(0) | トラックバック(0)2017/01/25(水)23:21

文庫川柳所感

少し前からTwitter上で文庫川柳なる遊びが流行っている。

文庫本のタイトルを並べて5・7・5の並びにするという遊びである。
尖もやってみたが、組み合わせにより意外な世界が開けて、なかなか楽しかった。

20160515075843113.jpg 

本のタイトルというのはいうなれば、季語のようなもので(なんでも俳句に引き付けて考えてしまう)
その本の世界を内包している。それが、意外な並びで、そのイメージを揺さぶられたり、裏切られたりするところに、俳句的な面白さがあるように思う。実際に何人かの俳人は、取り合わせの手法で本を並べていた。
私は文庫の殆どを京都の実家においてきてしまったため、作品としてはウケ狙いに走るようなものしかできなかったが(それでも意外とウケてうれしかった)。本当はもっと、「こんな本も読んでいるんだ」というところも含めて、表に出したかった。
そして、それこそがこの遊びの隠れた眼目なのではないかと考えている。蔵書というのはプライバシーの一要素であり、少なくとも私は理由なく公開したりしない。しかし、そこに遊びの要素が加わると、元からあった「持っている本を見せたい、できるだけ私が持っている尖った本や、あまり知られていないけど面白い本を見せたい」という欲求が上手く正当化されるのだと思う。
実際、文庫川柳の多くは、そういったセンスのある本で構成していることが多いように思う。
本を所有する喜びをある意味嫌味なく手軽に表明することができるこの遊びは、中々抗しきれない魅力があるように思う。

今回、「タイトルだけを並べて遊ぶことに少々作者へのリスペクトを欠くのではないか」という意見にハッとさせられ、少し自分の気持ちをまとめてみたのだが、ある程度うまくまとめられたと思う。
もっとも、リスペクト云々については、それぞれの感じ方によるものなので、それを批判したり、否定したりする気持ちはない。ただ、そういった誠実な怒りに対して、スルーすることもできず、こちらも丁度気持ちをまとめる必要があったので、書いてみたということになる。
「こういうのもリスペクトなんだよ」と言うことはできないことはないが、自分の例をみても分かる通り、その主張を信じてもらうにはやや無理があることは否めない。つまり、リスペクトを欠くと思うと言われれば素直に受け止めないわけにはいかない。しかしながら、作品を購入し、読み、蔵書し続けている読者としては、十分許される範囲の遊びではないかと考えている。



立ち位置 | コメント(0) | トラックバック(0)2016/05/15(日)09:58

ミヒツ

炎環+に載せる原稿を久しぶりに書こうとしていたのだけど、
とうとうひと言も書けないまま締め切りを迎えてしまった。

実質的に俳句を二年くらい休んでいたから、
いきなり藤田湘子では荷が重すぎたのだろうなどと思ったが、
何がテーマだろうとおそらくひと言も書けなかったのではないか。

俳句をやめてしまって、投句だけになって、
それじゃあ何も面白いことなんてないって分かってきて、
炎環の編集会議にも出るようになったのだけど、
そこでも何もしゃべらず只飲み食いしている。

2012年の俳句の話題や動きについて本当に何も分からなくなって、
肝心の読みが効かなくなってきて、
このままフェードアウトするのもやむをえない。

細々と投句を続けるだけなんてちっとも面白くないが
僅かな喜びくらいはあるだろう。
ひょっとすると、いつか夜が明けるように、また俳句のことを
あれこれ考えることができるようになるかもしれない。
そうだそうしようそれしかないし、もう少し休もう。

とは言え、西川火尖
そう、俳号である。
若いころ勢いづいてつけたこの俳号で
細々と投句をするだけなんてあまりにも恥ずかしい。

となると、なまった気持ちを建て直し、
ばっさばっさと俳句を再開するほうが、いいに決まっている。
いいに決まっているが、しかし、それが苦しい。

もちろん仕事だって、前みたいに惨めな気持ちになることはない分、
ハードルが高すぎて、休日にのんびり俳句のことなんて考えている余裕はないわけで、

結局、これからのこれらは苦しい。

俳句と生活がほとんど苦しさで埋まってきた感じでね、
そういう意味では、ようやく初学時代が終ったのかもしれない。

また、振り出しに戻った気分で始めようかと思う。
原稿は締切には間に合わないけど、せめて書き始めようと思う。
うん、最低だ。最低だけど、続ける、というか再開する。
これから何度かあるであろうどん底を形作るのだ。



立ち位置 | コメント(2) | トラックバック(0)2013/01/26(土)22:50

まだ誰かいる?

まだ誰かいますか?
明けましておめでとうございます。
転職できないけど俳句は続けたい。
落ち着いたら俳句の記事書きます。まともなやつ。

いつか幸せじやなくなる牡蠣フライ 火尖

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
立ち位置 | コメント(0) | トラックバック(0)2012/01/07(土)08:21

マックエイジ

昨日は誕生日でした。でもいつも通りの24時間勤務ですので、気づくと日付が変わっていました。
何だか1日の感覚が狂っちゃうんですよね。長い長い板ガムの上に暮らしてるみたいな単調な作業ですので。このままではダラダラとした人間になりそうダラ。実際そういう人間も沢山います。反対に体内時計一本でリズムがとれる強者もいますけどね。
話を戻して、
誕生日が嬉しい歳はとうに過ぎましたけど、それでも、いつもと同じように、「今日よ!早く終われ!」なんて思ってしまって、悔しいというか、すごく価値の低い26歳になったんだなと、実感。
でも、夜、妻さんから電話があって、彼女は、突然お誕生日の歌を歌い出したんですね。
ハッピーバースデーなのだと、トゥーユーでディアーなのだと。
差し引き幸福な誕生日。録音しちゃったじゃないか。

「早く終わって欲しい毎日」を早く終わらせないと。無駄にできない。


猥談の影に灯火の親しけれ 火尖
貝回し亜流の未来なら楽し


立ち位置 | コメント(0) | トラックバック(0)2010/11/11(木)06:56

俳句はド根性!

by阿波野青畝、相当いいかもしれない。


立ち位置 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/07/18(土)23:11

機会一致

昨日はハイクガイ出版の二次会に誘われてたのに行けなかった。本や雑誌でよく見かける有名人が多数来るというのにいけなかった。
俺は弱いなぁ。機会に一致させる力が。


梅雨入りや車内芳香剤強し 火尖


立ち位置 | コメント(3) | トラックバック(0)2009/05/26(火)08:30

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。