スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

子連れ句会に寄せて

いよいよ来月第一回目を迎える「子連れ句会」では初めて俳句を作る人も加わってくれた。
すごくうれしい。何がうれしいって、新しい人が俳句を作るってことは今までなかった新しい俳句が
読めるってことなわけで、それがうれしい。俳句人口が増えるとか減るとか自体には
それほど興味がないけど(まぁ多い方がいいねくらいは思う)、
新しい人が作る新しい俳句はすごく楽しみにしている。

私自身、俳句を始めた時の、言葉がぴたぴたとくっついたり切れたりして
今まで知らなかった手触りに変わっていくのを何度も感じた。
もちろん、今もその感覚をつかもうと、作り続けているわけだけど、
始めたばかりのころの、「これ全部言葉で、全部が俳句になるかもしれないの?」みたいな
驚きや、楽しさ、鮮やかさは、やはり俳句を始めたばかりの人の特権だと思う。
もっとも、今は今で、句歴十年には句歴十年の楽しみというのはあって、
ずっとうんうん悩んでいられる俳句というのは、やはり中々よくできた形式だと思う。

あと、今回集まったのが、今まで句会が取り込めていなかった、子育て世代というのが
いいなぁと思う。まだまだ若いつもりだけど、子供がいて、仕事厳しくて、
どんどん毎日が過ぎていく、そんな実生活がすごく重い30代子育て世代の作る俳句は、
今の俳句世間に何か加えることができると思いたい。
若いものにも年寄りにも出来ないことがしたい。

正直、あと2、3人はメンバーが欲しいなぁと思っています。
ぜひ、興味のある方はコメント欄やTwitter、facebookに連絡ください。

----------------------------------------
子連れ句会のお知らせ【確報】
日時:4/24(日)13時~
場所:阿佐谷地域区民センター 第三和室(JR中央線「阿佐ヶ谷駅」南口徒歩2分)
参加費:500円
題:手で触れたことがあるもの
句数:題を含む句が1句以上で合計5句程度
です!
--------------------------------------------------

子連れ句会は、子供連れで来てよくて、参加者持ち回りで、子供の面倒を見ながら、
みんなで句会するという会です。
子供は子供同士遊べばいいし、その隙に大人は句会するで!という会です。

そろそろ子供を外に連れ出して、面倒見てもらいながら、俳句?ちょっといいかも、やってみたいかもという、
初心者の方や、子育てで少し句会からは遠ざかっていたが、ここなら久しぶりに来れるかもという歴戦のツワモノの
参加を心よりお待ちしております。

私自身は2歳児の父親で、結社の句会とかは子連れで行っても、すごく快く迎え入れてくれたのですが、
誰もが、私みたいに、連れていけるわけではないし、やはり、場として、子連れ句会という概念がすごく魅力があると思う。

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2016/03/30(水)01:54

トレース

まだ、たくさんの文章が書けないので、
メモ帳程度に書き散らすことで、
ひとまずそれを、合図としたい。

西嶋あさ子「俳人 安住敦」を読んでいる。
なんとなく、似ている俳人を探せば、
安住敦に行き当たる。
なんだか、悲しみの質に近いものを感じる。

友人の結婚式が遠方である。
友情は金では買えないが、維持費はしっかりかかるらしい。
しかし、遠方過ぎて、送金にとどめようと思う。
独身時代ならば、旅行がてら行っていたかもしれないが。

宮本佳世乃「鳥飛ぶ仕組み」を読んでいる。
すでに何度か読んではいるが、
今回の目的は、炎環の若手にしぼって、
何か書こうかなぁと思っているのと、単に俳句のネタとして
パクろうと思っているからだ。
俳句のような短い詩形で、彼女のような一目でそれと分かる
文体を維持しているのは、非常に興味深い。







俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2015/10/24(土)22:55

過冷却

鑑賞することで、
壊してしまうような句があって、
俳句を語るものさしが言葉しかないときのもどかしさってのは
確かにある。

なので鑑賞と銘打った文章の中に、句ではなく人物にフォーカスするものが
多いのもうなずける。

そして、意外と人物の話が面白かったりするのだが、
それは人物は言葉化して語りようがあるが、
俳句はそれ自体が何らかの帰結であるから
そこから言葉を尽くすことが、さらに俳句を遠ざけてしまう。

それはそれでいいのだと思う。
俳人論の方が面白いのは
俳句がつまらないのではなく、俳句に言葉を拒むところがあるからだろう。

なので、自然俳句の鑑賞とは俳句周辺の事象を観測することといえる。
俳句によってもたらされた読者の心の動きや
作者を知るものなら作句の背景などで俳句の輪郭を捉えようとしている。

俳句は言葉では語りえない。言葉でできていて言葉で理解できない
俳句ができたときに感じる寂しさは、そういったところに起因するのではないだろうか。

炎環次に載せる句を考えている。
仕事机に置くミニカー
乾電池


俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2015/01/24(土)14:11

深大寺

深大寺にある波郷の墓は荒れ果てていた。

他の石田家のお墓の方が花が手向けられ、手入れが行き届いていた。
墓はしかし、今からでも綺麗にすることができるが、人間はそうもいかない。
遅れを取り戻そうにも、遅れたぶんのマイナスが今後足を引っ張るだろう。
単純に現在点だけで評価されることはないのだ。
とはいえ、ようや く、準備が整った。

俳句が詠めるのは今まで通りだが、俳句で押し進むのは学生の頃以来である。
どこまで盛り返せるか分からないけど、まずは現状の若手圏外、これをどうにかしないと。


俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2012/05/29(火)12:41

敗北宣言

在学時から、よい俳句仲間や人脈を得、よい職に就き、毎日定時に帰り、作句し、休暇ともなれば句会や吟行で腕を磨き、評論もこなし、高い評価を得る。さらに自分で自分の句を宣伝する。

そういう俳人が未来に生き残る俳人だと思う。
そういう俳人になりたかったなぁ。

こっちに来て却って萎えたのは、ネットで見知ったすごい俳人達は現実にも物凄く、とても話していられなかったからだと思う。

君らの将来はホームレスだと本社の人は言うけど、ホームレス俳人など所詮色物なのだ。やってられないのだ。

俳人として有利な仕事は公務員、教員、研究者、出版人、大企業サラリーマン、飲食店経営、団体職員や事務などであって、自分の仕事(口にするのも惨めな気持ちになる)などではない。

今年の公務員試験はあと一歩の所で逃してしまい、尖の俳句サクセスストーリー(笑)(サクセスストーリーと言った時点で俳句的ではないけれど)は潰えた。

来年も受けるつもりだけど、今とにかく思うのは俳句をとにかく作りたいってこと。

でも句会は定期的に出たいが休みが合わない。休みは仕事か勉強に使う。
あっ、欠席投句を無欠席でやればいいか!

よい俳人の良い句は本当に俳句だけで評価されているのだろう。
でもその背景はやはり恵まれているのだと思う。
一時は自分の境遇の厳しさを背景にしようとしたけど、自分には相応しくないからできない。そう思わないと、惨めさで死ねる。

とにかく俳句競争では
敗けた!大敗した!

もうこれからは自分のことしか考えない。

他人は強すぎる。他人は関係ない。
自分の信じる良いものを自分だけで楽しむ。そんなところを人に見せる。何で楽しんでいるかは内緒。うらやましいと思わせてやる。
孤立無援でやるしかない

甲子園みたいな夏が終わって敗北が残った。
多くの球児達にとってそうであるように、敗北は敵ではない。

敵は他人だ。強すぎて誰にも勝てない。


俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2011/08/31(水)13:38

古典的情緒

大丈夫。古典は更新される。


俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2011/06/02(木)00:06

ライトヴァース 

書いてる。書いてるのだけど。俺が書いていいものなのか。
そういうのはもっとこう、俳句リア充だけがやってればいいんじゃないですかね!

俳句の内部で季語と措辞の重さの違いから出る緊張感が読者に何か働きかける。

ライト・ヴァースは、そうではない。ライト・ヴァース自体は平坦な構造をしている。

程度が低くて申し訳ない。
お眼汚しになるだろうけど、
その上、自分の言った締め切りには間に合わないけど
書いてます。すいません。


俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2011/05/31(火)15:34

先着

五月ものみな屈折率一新


俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2011/05/02(月)14:53

ヒゲタマゴ

ヒゲが濃い方ではない。ただ太いのはそれなりに生える。
妻さんは毛抜きで俺のアゴヒゲを抜くのが好き。 特に毛が生える前の皮膚に埋まったタマゴみたいなやつを掘り返すとか結構ホラーなことがお気に入り。
耕されている間に俺は大抵寝てしまう。

俳句になる以前の言葉はなんだろう。埋まっているのかそれとも、別のものなのか。

週刊俳句でJPOPが俳句になるのが驚かれていた。
そんなに驚くことだろうか。

丸パクリはしないけど、句ができないときはよく世話になるのだけど。

さすがにEXILEとかAKB48とかからは作らないけど、それだって好きな人がいるだろうし、その人次第なんじゃないか。

若かった頃は今みたいにYouTubeなんてないから、好きなバンドのPVなんて中々見れなかった。
ウォークマンをオートリバース再生にして、脳内で自分出演の妄想PVを延々再生していた。だいたいどんな曲でもスッと入っていけた。片想いだった子とか出てきてさ。カメラワークとか工夫して。まぁ脳内なんだけど。歌詞の言葉通り想像するのを嫌って、出来るだけ関係ないのにどこか合っているものを想像しようとしてた。

今はいい曲が減ったのか脳が減ったのか、たまに試みてみるのだけど、あの頃ほどの映像は撮れずにいる。
でも、俳句になる前の言葉や映像の水源はそこに求められる。



枯園の四隅投光器が定む
なんてのも、PVのイントロみたいだしね。


俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2011/02/10(木)12:42

タンバリン を 打ち上げろ!

炎環四月号掲載予定

平均地郊外 西川火尖

思ひ切り息白く吐き生者なり
焼芋の包み匿ふやうに待つ
啓蟄や指にたつぷりフエキ糊
浅春の大きな換気扇の翳
タンバリン春の光を載せて来し


雪の始まる交差点
交差点雪に
雪やビニール傘越しの
春雪や空に時間の余りゐし
故郷や雪を払ひて発ち難く
春雪をこんなもんかと蹴つ飛ばす
思ひ切り息白く吐き生者なり
思ひ切り息白くして生きるなり
冬桜人と別れて走りけり
輝かぬ瞳も大事梅真白
寒梅や
残党の世代へ梅が飛びにけり
春雪を蹴つて幾らかは綺麗
糊伸ばしゆく指の腹
ヤマト糊
春隣フエキ糊


俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2011/02/06(日)16:10

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。