スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

平凡と非凡のLaLaLa

東京で一番最初にもらった本は、山口紹子さんの句集「LaLaLa」だった。この句集は以前、戦国洗顔史という記事を書いたときに、読んでみたい句集と書いたのだ。それを紹子さんが見てくれていたのかもしれない。
PA0_0000.jpg

句集としては珍しい文庫サイズである。るろうに剣心24巻と大きさを比較しても、その小ささが分かる。もちろん、のだめカンタービレやハチクロ、ブリーチなどと比べても小さい。
学校に持って行ったり、授業中に読むにはちょうど良い大きさである。
さらに、装丁もなかなかよい。鉛筆にまたがった魔女なんて、紹子さんにぴったりである。実際会ってそう思った。句集っぽくないから、二人の妹も興味を示した。句集だと分かるととたんに興味をなくしたが。

さて、内容。

バレンタインの日やボクサーの頬の傷
バレンタインの日に異質な傷の男。それなのに、ボクサーの傷とチョコレートが結びつくことによって確かな詩情があるように思える。
しかし、
バレンタインデーするりほどきし蝶結び
は、いい句ではない。バレンタインの一言で済む言葉を17音使って言っている。バレンタインデーに残りの言葉がぶら下がって非常に重たい印象を受ける。
くらがりの雛人形に見られけり
は、平凡。
ベビー靴の片方ありし沈丁花
非凡。自然。漠然とした不安感。不安とは漠然としていればいるほど、非常に実感的だ。立ちこめる芳香が追い打ちをかける。

その問ひに応へずぶらんこ強く漕ぐ
類想句のたぐいはないと思う。俺の知るかぎり。それなのに既視感。映画や小説で多用される風景だからだろうか。ただ、こういうの好きなんやわ。心臓がモキュモキュする。

つばくらめ空のページを捲りけり
燕のくせに俺に新しい驚きを与えてはくれない。さわやかな印象は受けるのだが、そのさわやかさもやや使い古された感がある。
一方、
夕方の街は水底はなみずき
はなみずきの有無を言わせぬ説得力。そうだ夕方の街は水底なんだ。ことさら新しい感覚というわけではない。ただ、花水木を持ってきての見せ方。上手いんだ。

ゆく春の両手ひらひら一輪車
紹子さんはあまりいい顔をしないかもしれないが、俺に言わせると紹子さんは非常に上手い俳人である。そこらへんは第一回のロンドコロ対談でも述べているので引用する。

火尖
蟷螂のゆつくり歩む夜の柱  山口紹子 これは少し狙ったんじゃないかな?すくなくとも煙の句よりは

寛也
少し狙ったかもね と感じるね

この句の場合、狙ったって言うと悪い言い方みたいやけど、まぁうまく切り取ったという意味で尖はいい句に選びました
こういうのがええ感じだ ってのを知っていて詠んだ感じがします
冒険していない感じ

うん、俳句的熟練。俳句的臭さの元で尚且つそれをぎりぎりで抑えているのが夜の柱。ではないかな
そうそう すれすれを切り取ると面白いね
狙うんじゃなくて 切り取るというか 授かる(山頭火のように)

この句は蟷螂がゆっくりと「夜の柱」をあるいてんねん。俳人ならいいと思うやろ?という共感を得る狙いはあるな。また、そういう上手さ。
そうやねぇ 狙ったなぁという感じと 上手いなぁという感じ その差が妙やね

無理なく自然に届く句が多い、俺はそれを支えているのが上手さではないかと思った。例えば「はなみずき」の句がそうである。しかし上手さというのは、テクニック的なものでもあるから、表現が最大公約数的なものになると、一気に古くさく退屈に見えるのである。雛人形の句がそれであろう。


万緑のどこに不時着しませうか
とっても素敵な句!鉛筆魔女のサイクリングである。もちろん上手いだけの作者じゃないってことはこの句で十分わかるんじゃないかな。

旅といふ非日常にをり大夕焼
俳句教室的。

黒南風や寝違へし首持ち歩く
いいわぁ。説明すんのめんどくさいけど、説明します。これ、いい句やねん。俳人って何となくこんな評の仕方を繰り返してるような気がする。この句のよさは季語の斡旋と、「持ち歩く」の把握。

以下、私の好きな句と嫌いな句を織り混ぜて。

緑陰に水煙草吸ふテロリスト
秋扇聞いてゐるのかゐないのか
大文字遠くにありて火の匂ひ
いちまいの空干されあり野分あと
ひと夏の重さの簾はづしけり
桃匂ふ睡りの淵に沈むとき
チェロになり抱かれてみたき月夜かな
虫の音に包囲されたるふたりかな
無花果や言ひすぎしかとふと思ふ
縫ひ針の耳のきんいろ冬隣
空港の大きな時計冬ざるる
考へてをれば落葉の降りやまず
波郷忌や酸素あふるる空の色
魔女長きスカート蹴つて十二月
マフラーの中へ埋めし言葉あり
なにもなきこと美しき冬田かな
折れさうな日本列島寒に入る
戻れないやうな気がする雪催
寒晴や掃除機くるくる連れ歩き
水鳥の嘴のよごれよ春近し

半分以上が好きな句です。この絶妙なバランス

いいなぁって句が一つあると、よくないなぁって句が出てくるねん。
この絶妙なバランス。いい。

とても楽しく読みました。よい句集をありがとうです。




スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
書評 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/11/30(木)00:01

少しの間に

少し間があきました。

何もしないでいても変わるものといったら
ヒゲが伸びるくらいでしょうか。カビがはえるくらいでしょうか。

ブログの更新を休んでいる間、ちっとも進まない卒論の原稿とにらめっこしておりました。
原稿も俺の頭も真っ白で全く笑えません。なかなか進みません。このままじゃ終わりません。

俳句はなんとか一日一句できるくらい、自分にとってはなかなかのペースです。その内使えそうなのが三句。まぁそんなところです。

疲れたら、東京でもらった句集や俳書を読んでいます。

更新を休んでいる間に、会社の内定式がありました。

女の子とは退屈な話しかできませんでした。
それも含めて、まったく「こんなものだろう」というものでした。
でも、それはそんなに悪いことではないです。

しばらくたってそう思いました。






雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/11/28(火)18:40

師匠

東京で初めて師匠に会った。
炎環主宰 石 寒太(いし かんた)である。
温和な感じの人だった。岩っぽい人だと思っていたのに。
炎環の人みんなが慕っているのが分かった。

今、尖は石寒太のことを先生と呼んでいるし、先生だと思っている。

炎環に入会したのは今年の一月からだが、そのときから先生と思っているわけではない。
何故なら、会ったこともない、どんな人かも良く知らないのに先生と呼ぶのは、そっちの方がおかしいやん。それに、なにより恥ずかしかった。軍門に下ったみたいで。だから、炎環の一員というより単なる雑誌投稿者のようなものだったと思う。

先生と思うようになったのは七月号。七月号で、この人に俳句を学ぼうと決めた。
六月号でも、巻頭に推してくれるわ、
さくらさくちるさくらちる独語かな   寒太
犀の口しづかにありし桜の夜

の句が素晴らしいわで、「石寒太ってのはすごい俳人かもしれん」と思いつつあったんやけど、やっぱり転機は七月号の
自分の句、
爆弾の名に雛菊とつけし誰 (投句時)

爆弾の名に雛菊とつけしは誰  (掲載時)
への添削。これにやられた。

下五の字余りが作ったときの俺の感情とぴったり一致している。たった一字で重量感が全然違う。
こういう句が自分で作りたいと思った。とりあえず、まず技術、寒太の俳句添削テクニックや作品を盗もうと思った。効率良く盗むためには自分の意識も大事。結社の一番「偉い人」と「先生」じゃ、こっちの感受性が全然違う。初めて先生と意識することができた。会ってみたいと思った。


さて、実際会ってみて。


なんていうか、スラムダンクにおける安西先生、ピンポンにおける小泉コーチ、はじめの一歩における鴨川会長、尖にもようやくそんな存在が現われたって思った。
スポーツものの物語の主人公には必ずといっていいほど、よい指導者がついている。
俺の人生、スポーツものやったんや。
チームメイトやライバル、先輩も続々出現!
あとは
マネージャー急募!!

最初の頃に感じてた、軍門に下った自分に対するイライラはもうないよ。
だって、俺が主人公なんやし。(自分の俳句の範囲でやけど)

きっとこれからいろいろあるんやと思う。

それなら大活躍の大暴れがしたい。

あと、ちょっと恥ずかしい。こういうこと書くの。子どもっぽいかな。
ただ、天気さんが言ってたけど、俳句自体すっごい恥ずかしいんやからいいねん。別に。

それに、子どもっぽさは俺の良さやから。

だいたい、タイトルに「師匠」とつけといて、恥ずかしくない話が出来るなどと決して思うな!!

次回は山口紹子さんの句集「LaLaLa」観賞。

その次は東京当夜 神経衰弱繁栄記を。

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
炎環 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/11/16(木)23:20

東京当夜  別冊綿菓子日記

 窓を叩きたくなるのをこらえて、バスの座席で指を組んでいた。はたから見れば祈っているように見えるだろう。実際祈っていた。現在17時40分、到着予定時刻から30分が経っていた。一刻も早く、新宿駅について欲しい。外の小雨も止んで欲しい。
 齋藤朝比古さんのお祝いの会は18時から。もう間に合わない。席から立って前を見る。バスのフロントガラスが赤く染まっていた。渋滞のブレーキランプ。さっきから一向に進まない。「東京ではすべてが速く進む」と言っていた中学時代の友人よ、この文章を見ているなら考えを改めてくれ。速いのは時間だけだ。とりあえず、この場では時間だけなんだ。18時になったんだ。小さく拍手する。朝比古さん俳句研究賞受賞おめでとう。
 
 バスは18時を15分回って新宿駅のバスターミナルに着いた。渋滞の理由は駅近くの交通事故だったらしい。雨は上がっていた。
 ロンドコロの仲間の中原寛也さんに聞いた場所は「大江戸線、牛込神楽坂下車徒歩2分」新宿から地下鉄ですぐということだ。が、どうしたことか、とりあえず走っているのだが何処が大江戸線か全く分からない。
 道行く人二人に道を尋ね何とか乗ることが出来たがもう18時30分を回っている。神楽坂で降りてさらに二人に道を聞き、19時過ぎ。
会場に到着した。



余談。東京の見ず知らずの人は冷たい。関西人は大抵そう思っています。
本当にそうなのか身をもって体験してきました。

一人目、道行く帽子男。
声をかけるが無視される。しかしこちらも必死なので、もういちど聞く。帽子男は人間の心を取り戻し、俺に道を教えてくれた。

二人目、帽子男に教えてもらってさらに迷う。しかし、彼は暖かい心を取り戻したのだ。それで十分じゃないか。十分なわけない。小さい店の店員さんに聞く。すっごい丁寧に教えてくれた。電車に飛び乗る。

三人目、コンビニの店員さん。東京美人。普通に教えてくれた。何も買わずに飛び出す。冷たいのは俺の方、さよなら東京美人。

四人目、また迷った。どこなんだここは!道行く黄昏サラリーマンに聞く。「すいません、」このとき黄昏は帽子男と同じ顔をした!こいつ無視する気だ!でも聞く。「出版クラブ会館ってどこにありますか?」男の顔が変わり、「あそこです。」30メートルほど先の建物を指していた。幸せはすぐ側にあったんだね。気付かなかったよ。


総括。
聞けば答えてくれる。諦めない心が大事。お店関係は親切。簡単に教えられることなら、的確な指先案内。
特別冷たいということもなかったです。ほんと普通。京都でも無視する人は結構いるし。

続く!(俳句の話題をしばらくやったあとですが)

テーマ:日記│ジャンル:日記
綿菓子日記 | コメント(2) | トラックバック(0)2006/11/15(水)13:24

横転奨励期間


冬ざれやぞ・なむ・や・か・こそ・已然

音楽や焚火にかざす古ナイフ

十二月八日チュ―インガム白し

毛布抱き青き火だけをみてをりぬ

ポケットのカスタネットや大枯野


東京でいろんな人のいろんな句を見て、自分の句に全然満足できなくなった。
作っても作っても、そのたびに消す。
よかった。まだ、これから上手くなれる。


愛すれば月光を振りほどきあふ

園長と土鳩向き合ふ冬隣

夜行バス毛布に街の灯を落とし

大坂や寒朝焼の力ずく

駅に立ち冬暁の京都なり



テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
作品 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/11/14(火)12:23

綿菓子日記 7

11日、12日と東京に行ってきた。
ほんとうに沢山のことがあった。というか、沢山の本をもらった。うひゃひゃひゃひゃひゃ嬉しい。

本当に何から書けばいいんだろう。
こういうときは最初から書くに限る。
そして
いろんな人にお礼を言おう。

先生にも会えた。もっといっぱい話が聞きたかったし、話したいこともあったのに、なかなか思ったようにはいかなかった。なんでだ。緊張はしていなかった。会った瞬間、緊張よりも嬉しくなったから。でも何かフワフワした感じになってしまっていた。

そういえばいつから先生と呼ぶようになったのだろう?多分七月号の辺りぐらいからだったように思う。

このことも含めて、書こう。

タイトルは、「鞄都市(仮) 別冊綿菓子日記2」


ここからが綿菓子日記。
13日
午前6時
新大阪にバスが着く。そこから快速に乗り京都へ。

大坂や寒朝焼の力ずく  火尖

家に着く。Sara句会の人たちにミクシィでメッセージを送る。
「無事着きました」
学校へ行く。
バイトへ行く。

腹減った、風呂入りたい、眠い。
帰宅。
飯食った、風呂で歌った、寝ます。
おやすみなさい。

テーマ:日記│ジャンル:日記
綿菓子日記 | コメント(2) | トラックバック(0)2006/11/14(火)02:09

東京前夜  別冊綿菓子日記

10日

朝起きたら誕生日であった。昨日まで21歳だったから今日から22歳。おめでとうメールがいくつか来ていた。少しうれしい。
着替えて学校へ行く。
誕生日だから行くのではない。授業があるから行くのだ。その点、誤解しないでいただきたい。
15分遅刻したが、誕生日だからということにして納得した。本当は全然関係ないというのに。
誕生日だから昼飯を食おう。

帰ったら東京へ行く準備をしないといけない。
東京前夜とタイトルをつけたのはいいが、まだ何にも準備をしていないので書くことがない。

まず句会へ持っていく俳句をつくらねばならぬ。

寝る前にもう一度更新することにした。

歳時記とか、そういうの入れたら荷物が増えて困る。
でも俳句研究11月号は外せない。
あと、音楽。

バスのチケットも確かめたし、おやすみなさい。

テーマ:日記│ジャンル:日記
綿菓子日記 | コメント(6) | トラックバック(0)2006/11/10(金)13:05

あのころ 休憩 

火尖恥安局(たった今設立!すぐ解散)からのお知らせ

あのころ 後編(ため息ポエム俳句)はあまりに恥ずかしいため休載致します。楽しみにしていただいた方(いるのかなぁ?)まことに申し訳なかばい。

どうしても見たかったぞーコンチキショーな方はお手数ですが、右下の「火尖はハイクブログ育ち」のハイクブログからお入りください。だんだん尖の過去の句へ遡ることが出来ます。


ここで、ハイクブログについて。

ハイクブログはとても楽しいハイク製作サイトです。
簡単に登録できます。いろんな題があるので、何を詠めばいいか分からないって人にもお勧めです。季語から恋愛しりとり俳句まで、何でもありです。
作った句にコメントがもらえます!大抵褒めてもらえる(尖はそれで調子にのり今に至っております)
俳句よくわからんけど、少し試しにやってみたいなぁって思っている人にはとても好都合なサイトですよ。まぁちょっと新しい感じの遊びとして、どうでしょう?俳句。



雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/11/09(木)01:17

あのころ 中編

前回までのあらすじ・・・・
本棚に眠っていた古い句集、そこには俳人達の戦いの記録が残されていた…

「さっき句評に突っ込んだとき痛めてたんです・・・!!」
「どっ…どこを!?」
言わないで
「背中―!!」
もう俳句は……できないってことっすか……?

2万句だぁ――――っ!!!
終わったぁ―――っ!!!

「付け焼刃の中七、私に通じるなどと決して思うなっ。不快だっ!こんな句に賞などやれんわぁ!」
「選評は読ませていただきました。」
「あ、あっあれは誰の作品か分からなかったから・・・」

嘘です。こんなあらすじ嘘に決まってます。前回のあらすじは前回のエントリーを。すぐ下です。スラムダンク?ピンポン?大好きです。(中七=五七五の七の部分)


一枚の空をめくって秋来る
なんか上手いこといっちゃったよ、な雰囲気漂う句。しかし似たような句でもっと上手いのを発見してしまったため急速に自分が嫌になったのを覚えている。俳句に悩みだしたのもこの頃。

十三夜出て特急が止まる駅
主観はてのひら、握れば見えない、握りこぶしが俳句です。な、句。少しいい気になり始める。今から見たらまだまだ、ひよこのひよこっこだというのに。未来の自分が今の俺を見てもそう言って欲しい。

懐に秘匿それこそ胡桃かな
俳句ではあまり使われない言葉を探し出し始めた。これから失敗も多くするようになる。

神の留守今夜は天狗獲り放題
その失敗例。神の留守とは神無月のこと。おもしろいけどね。実は超有名俳人になったらやってやろうと思ってる。

急流の列島盛んに桃ふとる
漠然とした大きな不安。社会性がテーマ。

人類の頭上一大鰯雲
レトリックが上達して「夏空の圧倒的な消去法」へとなったと思う。

秋の句はすこしづつ五七五のリズムがわかってきた感じがする。


新聞紙かさり 寒い朝になる
分かち書き(句に空白をあけること)に挑戦。いろんな人の俳句を読むようになっていた。

凶年の焚火の夜がまたひとつ
凶年が秋の季語だとは知らなかったときの作品。下五が甘いが、なよなよとした句の甘さはもうないと思う。

忘れないように毛布でくるんでよ
まだこんなのがあった。砂糖にサッカリンぶちまけて毛布で保温したような句。今も「愛すれば月光を振りほどき合ふ」という句を作ったところだが・・・


次回は顔面出火!とっても甘くて恥ずかしい「ため息ポエム俳句」を初公開します。あまりに強烈なのがそろっているので、もしかしたら当局から停止命令がくるかも(恥ずかしくてやめるかも)

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)2006/11/07(火)00:24

今よりもっと初心者のころの句

家の書架を整理していたら出てきました、昔の句集。自作のやつね。プリンターで印刷した限定二部の初句集です。

日付は1年前の9月16日
俺、こんなの作っていたんだ。下手は下手だがハイクブログの最初の頃に載せたのよりは上手くなっている。俳句を始めて半年くらい、ちょうど伸び盛りだったんでしょう、今の尖の句のベースになった部分も、もう捨ててしまったところも、なくしたものも全部ありました。ちょっと公開します。
タイトルは

「俳色街」 西川○○

本名になってた!まだ俳号が決まってなかったから。あとタイトル!もっとマシなの考えろ!

季節を無視して作っていた句を句集編纂時に季節順に並び替えたようです。


春闇に子猫一匹対峙せり
さっそく季重なり(一句中に季語二つあること、初心者はやってはいけない)なんとなく俳句的に格好のついた句です。多分、俳句の本を見ながら作ったんでしょう。俳人なりきり俳句。仮面ライダーや戦隊モノ、ゴッコ遊び好きだったからなぁ。

ブランコや百ほどこいで出来た空
ブランコは春の季語です。ハイクブログでの100句目を記念して作った句。
ブランコをこいで空が出来る。大げさ表現はこのころから・・・現在の大げさ俳句は「月明の魚群崩れてゆくビルは」



歳時記は鞄の中に天の川
この句は今でも覚えています。素人俳句賞入選の作品です。個人的には歳時記が鞄の中にあって、空を見れば天の川がある。という句なのですが、読み方によっては「歳時記は鞄の中の天の川なんだよ」という句になってしまう。

毛虫は大木を抱き大恋愛
当時は最高の傑作ができたと思っていた。それまでの、なよっとした感情的な作品「桜床募る思いのピンク色」(今出すと相当恥ずかしいが、これでもまだマシな方)等とは何か違うと思ったからだ。

重機が夕日を沈めたがっている
感情を全面に押し出した句が減ってきた頃の作。夕日を夏の季語だと思っていた。2005年6月ごろか。

他に

夏みかん思い余ってしぶき飛ぶ
落雷やビル硬直の刑に処す
夕焼の破片や部屋に踏み場なし
ラーメン屋出て夏の果だったとは


等、若者の陥りやすい「タメ息ポエム俳句」を少し抜け出した感のある句がつづく

後編「秋冬の作品」、超初心者編「失笑タメ息ポエム俳句」に続く。

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/11/06(月)18:29

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。