自主出勤

営業は週間目標未達ならば土曜の出勤が強制されるニュアンス
で、みんな自主的に来る。

タイムカードはそっとしておいてやる感じで。

給与生活者である社員が無賃労働するなんて、矛盾しているし馬鹿げているけど、みんな疲れている。

まだ内勤の尖は休める。
俺は休みたい。

休みたい俺が自主的に休日出勤することはありえません。

もし俺が休日に働いていたら、それは強制されて働いているからです。
強制労働です。無賃のね。

会社にそのような違法的行為をさせるわけにはいかないので、俺は会社のためにもきっちり休む。まぁ現場にでるようになったら、会社のために、ただ働きするようになる。

馬鹿げているけど、今日は本当に疲れた。

そういうところは多いかもしれないけど、空気的には黙って従う場面だけども、どこかの正義漢があらわれて、これはいけないっとか言い出すと腹が立つけど、とにかく、とにかく、


休日の俺にやる気なんてないんだよ。








スポンサーサイト


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/09/27(木)23:57

静止 改

六月の駅しつかりと汽車とまる
太古より枇杷太りだす苛めかな
夏果ての雲の裏側つづきけり
台風の報道キスの間も後も
月光の辺りにテレビ点いてをり
彫像の鉄芯あらは銀杏ふる
食券の欠けたるやうな秋日かな
団栗のやうに呆れてしまひけり
夕近き秋灯の京あそびをり
葡萄透く誰かの夢にぶつかつて

寝る。明日も仕事じゃけえ



六月の駅しつかりと汽車とまる
枇杷太るだらう苛めてゐるだらう
台風の報道キスの間も後も
金網に針がねを巻く秋の暮
食券の欠けてをりけり黄のカンナ
葛咲くやシャツの汚れの明るかり
祖母今も夢の林檎を摘み残す
椅子高く月光静止してゐたり
彫像の鉄芯あらは銀杏降る
団栗のやうに呆れてしまひけり


さらに改

学生時代にできなかったことが働き出してから出来る!と思うな子供たち!!

いや、出来ないともいわないけど、難しいぞ!時間ないぞ。すぐにすぐに若さから離れていく。




未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/09/19(水)01:43

あと2句


葛の花谷間は影を得つつあり

二日月引換券の

秋燈のゆつくり匂ふ電車かな

梨剥いてやらうかと母立ちにけり


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)2007/09/11(火)23:51

空気

とにかく、すぐ空気ヨメとかいうやつ、調子のんな。

てめぇのために読む空気なんてねぇ!!
本当に読まないといけないものは他にあるはず。


とりあえず週刊俳句、昨日出てるから。読むならこれですね。

俺はまだ読んでへんけど、携帯から更新やからリンク貼れんけど、ライブの最中、背後から空気ヨメ言われる奴の気持ちなんか、君は知らなくていいんだよ。

おい昨日の後ろの女!お前等の背が低いのも、俺らが高いのも空気のせいちゃうぞ!
牛乳に相談しとけ。
とりあえずなんでも空気に頼るな。

まぁ昨日のはどうでもいいねん、実際。ただ、ほんとに息苦しいよ。場とか和とか。そこに流れるものは空気だけじゃないはずなんやけど、みんな必死で空気だけ吸いすぎてしんどい。


未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)2007/09/03(月)21:12

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる