スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

落下傘蛇口

最近自己管理ができていない。

ずっともやもやが体の中に居座っている。

徹底できてないからなのかなぁ。

明日が来るってのもいい加減慣れたし、同期が煙になりたいと言って止めないタバコも、
全部
浪費だ。

ずっと前、手持ちの未来の先っちょが光ってるのを見たときは嬉しくて、口をあけて待っていたんだけど、垂れ流しても垂れ流しても一向に降りてこない。

未来が光ってたんじゃなかった。ただ光に近かっただけじゃないか。
気付いてたやつは既にいなくなって、煙になりたい同期と電話をしている。

嵩が減った今、よじ登ったって届きそうにない。


よし、午後仕事頑張るか。

スポンサーサイト


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/31(木)12:17

メモ

いつから俳句読者になるのか。

俳句では作者と読者を同時同義に扱うことが多いが、それは間違いである。

作者であることは読者であることを意味しない。
作ってれば読むことができるなんて、ありえない。

現実問題、深刻な読者不足。


俳句の振れ幅 | コメント(2) | トラックバック(0)2008/01/30(水)22:11

起源

読者を意識していないと書いたけど、意識しないといけない訳ではないのです。
多分、俳句を読んで俳句を始めた人は少ない!と思いたい!
だって少なくとも尖に限った話で言えば、俳句を作り始めた当初、古今の名句なんて目にしても別にいいとも悪いとも思わへんかったもん。

一月の川一月の谷の中 飯田龍太

なんて、なんなんこれ?ですよ。


俳句を読む面白さは名句ではなく俳句周りの逸話、エピソードから得たと思う。

つまり自分にとって俳句を読むということは既にあるものではなく、しばらくして後に意識的に手に入れたものであるということが言えます。


俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/29(火)12:50

フルサイズマンデー

日曜も午後十時を回ると、平日と変わらない。
朝方
あまりに月曜に満ち溢れているよ。


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/28(月)08:09

好き放題

不如帰白塗りお化け句をなせり

マンガン鉱の終日黒し小鳥来る

もう少し雪降れ攫ひやすくなる


句帳 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/27(日)12:28

星測

よく言われている問題だけど、俳句と背景について。
例えば石田波郷の
敗戦日空が容れざるものあらず
について、その時代を知っている人に読まれたから残っているところがあると思う。

上のような句を尖が読んだって、きっと嘘くさい。
俳句が作られるものである以上俳句と作者の関係、俳句と時代の関係は、多分読者とのそれより強い。(句会で句が近く感じるのは句会に関係を強める機能があるからやろな)

総合誌とかの俳句のつまらなさは、読者が関係しないというところに端を発している気がする。
つまり俳句だけを楽しく読むためには、洗練された勘違いを身につける必要がある。



炎環一月号の先生の句が難しくって難しくって、辞書から用意して漢字の読みと意味を知った上で勘違いをしないといけないのだ。






俳句の振れ幅 | コメント(2) | トラックバック(0)2008/01/27(日)12:07

病欠禁止令

目標未達者の有休禁止に続き、次は目標未達者の病欠禁止。
まぁ風邪ぐらいでは休めんぞということだろう。だんだん社会人っぽくなってきた。


雑感 | コメント(1) | トラックバック(0)2008/01/24(木)18:15

無害

最近眠りが深くて、まぁよく眠れているってことなんだけど、機能停止的な感覚が少し嫌。

ここ3日ほど俺が営業所の鍵をかけて帰っている。あの怠け者がこの変わりようですよ。


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/23(水)08:05

その後の火尖

炎環新年会の後、仕事をがんばっている。
なんのためっていつかのため。頑張り慣れないと。

じゃないとこのままずるずる引きずられていく

炎環誌に恋愛俳句を投句しようかとか、考えている。連作で。
しかし恋の句は自分の恋愛が上手くいってるとできない。俳句にする欲求が湧かないからか。フィクションでいくか。

なんとなく甘っちょろい句を作って楽しみたい。

本屋の一角を占める品格本に機嫌を悪くしたい。

品格のある人は品格について云々しないでほしい。どこか諦めているのがよろしい。


雑感 | コメント(4) | トラックバック(0)2008/01/22(火)10:30

無線島

ハイクブログのことが少し気になる。

ハイクブログ出身やからね。
でももう一年くらいログインしてない。
コメント欄でした句会が初めての句会だった。

炎環に誘われたのもハイクブログ上でだった。

あの時よりも俳句は楽しくなって太刀打ちできない感覚も強く覚えるんだけど、ハイクブログの方が俳句と誰かがつながっていたのかなぁ。
これから同人欄に句を発表していくだけでは続かない。

文章かな、やっぱ。
こちらから交信しないと。


初雪やこの一帯の染工所


雑感 | コメント(3) | トラックバック(0)2008/01/16(水)09:52

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。