内発装置

例えば昨日みたいな日記。あっ消したんですけどね、恥ずかしいから。

ただああいうの書くと俳句を作りたくなるよ。いつまでも内発性の詩因に頼るわけにはいかないけど、きれいな景色をみても直接作用しないんだからしょうがない。練習はしますけど

この練習ってのが
ばかばかしくていい。

スポンサーサイト


俳句の振れ幅 | コメント(2) | トラックバック(0)2008/05/31(土)09:56

昼の跳箱カフェ

仕事は早く帰れるようになって、しかし量が減ったわけではないので残務残務と週末に押し寄せる。
それでも、外回りを早めに切り上げれば、大体全部の店が開いてるうちに社を出られるのだから、少しはましに働こうと思う。

ただ契約が上がらないんだよ。

昼休憩から抜けるとき、めりめりと体を起こす。

雰囲気に流れがちの自分の俳句を変えるべく、しばらく頭を抱えてきましたが、なかなか納得できない。

思いつくまま書くのがやっぱりいいのかな。。

頭がかたい。

蛍のあとなぞる


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/05/28(水)12:58

ムード

脱ぐやうに降りて担ぎし黄のカヌー

脱ぐように降りて残りし黄のカヌー

黄のカヌー担がれてゆく

ヨット終へ湖は鈍さを取り戻す

蛍火や柔らかに耳ふさがれて

吸殻に蟻近づきて無関心


句帳 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/05/27(火)12:56

ノイズキャンセリングラブ

人の気持は常に一定ではありません。波があります。
二人いれば二人分の波があります。波が揃えば楽しいことは二倍です。波長があうということですね。

でも人の気持はだんだんずれていきます。知らないうちに位相がずれてきて打ち消しあってしまうこともあるんですね。何も聞こえなくなるような寂しさ。そんな中で、全部を信じ続けるのは難しいでしょう、お互い。

聞こえないので、言わないけど。

でも自然になんとかなる。


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)2008/05/24(土)00:28

マナーレス京都

しかし、常々感じる。京都にはマナーがない。
特にエスカレーターが酷い。右か左かどちらに並べばいいのか俺もしらない。

なので、混む

あと運転がひどい。路駐もひどい。

なので混む


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/05/22(木)17:48

弁解肉の寡多

先日妹の誕生日で、家で割といい肉を食べたんです。でもね、量がすごく少ないの。うちは裕福ではありませんけど、食事に関しては食いしん坊万歳なのですが、折からの物価高で、遂に美味いものを腹一杯食べられない事態になりました。
牛肉も値上がり、穀物、油脂、乳製品、、魚介類、何でも今まで通り食べられるわけではないんですね。

そんな中で、件の料亭事件、そのまま次の客に出すのも酷い話ですが、そのまま捨てるのも、抵抗ありますよ。

食料難や飽食だけでなく何でも同時進行する世間です。


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/05/21(水)14:48

営業俳句

日盛りやカタンと烏屋根掴む

身のうちの骨の在処や星祭

広がりて雨の降り初む夏野かな

炎昼の入口宝くじ売場


句帳 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/05/21(水)01:37

後発食

ありだと思うんだよ。客に出した食べ物を別の客にだすの。
箸をつけてないものをそのまま無条件で捨てるなんて、俺はそっちの方が嫌だな。

もちろん、賞味期限内に定価の半額以下での提供で。

とにかく隠すのはよくない。


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/05/19(月)10:05

季節外れの机の下の参観日

イラクのときから自己責任が嫌いだった。今は空気も嫌い。
音楽は割りと聞くほうだった。それを意外だと言われることもあった。

情報に疎い、という俺のイメージ。

人が人に持つイメージというのはどの程度、持たれる側の実情に即しているのだろうか。

あまり、本人の実態は重要視されない気がする。もちろん自己がイメージの端緒ではあるのだろうが。
それこそ、ほんの欠片のようなきっかけからイメージが作られ、あとはそのイメージによって更なるイメージが付けられてゆき、結局大部分をイメージでしか語られない、見られないのだとすれば、つまるところ自己責任とは他人の付けたイメージによる自己の圧殺なのだが、肝心の自己の介在している部分が端緒にしか見られないため、包括的な自己責任など、取りようがないのだ。この回収のしきれなさ故に、批判は中々収まりを見せない。

もちろん、人は人をイメージで判断すると仮定した場合の自己責任の話であり、他にも様々な場に自己責任論があるので、これだけでは説明がつかないのだが、どの場合においても自己責任論に晒されるということは、自己以外の圧倒的全てを一人で相手にしなければないので、もとより勝ち目などない。
世界や世間は
一個ドミノを倒しただけで、全部倒れてしまうドミノ倒しではない。だって善意は単発で終るし、俺に世界は変えられないじゃないですか。
世界はドミノ倒しであるはずがないのに、殊、事が人を突き落とす類の話となると、周囲はドミノぎっしりで息もできない。

そんな中では自分も一個のドミノに過ぎないけど、せめて、あるじゃないですか、意外と倒れないドミノも、残っちゃうやつも、それになりたいものです。

最初のドミノを倒した責任は倒したやつにあるだろう。間違いなく。しかし、勝手にドミノワールドに変わってしまった世界まで再建する必要はないと思う。



句帳 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/05/19(月)00:06

点在図

七月号掲載予定

春の夜のラジオの向きを決めてをり

巨大地下水脈昼寝あちこちで

はつなつのまへにならへの端つこよ

許されてゐること多し傘雨の忌

ががんぼの浮沈照明器具売り場


炎環 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/05/16(金)02:04

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる