スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

反応線

世論はいつも反応が電流的というか機械的だなと思ってしまう。
これに対してはこう反応する、あれに対してはこう、とか

世論という大掴みなものを表すには自然と人にそういう反応をとらす他ないのかもしれないけど。
だから、個々人から見れば世論に対して懐疑的にもなるのだろう

この重苦しい感じはなんだろうね。ラインオーバーの笛があちこちで鳴るのは線の方が狭まってきているからじゃないだろうか。ひとかたまりの我々ははみ出した部分を躊躇わず切除することで対応する。

前もかいたけど、巨視的すぎて解像度の悪さに気づかないのかもしれない。


スポンサーサイト


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/06/22(日)12:56

綿菓子日記 0620

20日
会社の方針が大きく変わりつつある。無駄な残業の廃止、懲罰的な休日出勤の廃止。
今後その流れが続くのか、はたまた逆流してしまうのかは今後の売上次第なのだろうが、
現状かなり厳しい様子。
尖は下っ端なので、流れには関与できない。
日々の営業ではあるが、若干スタイルを変えつつある。
雨が降りつつ自転車のふらつき、校門にならべられた標語のリズムのゆるい、上り坂
を折り返す、空き時間。塗装屋の影に雨は降らないので、見積りの見直し。大勢の人が過ぎて行くが誰一人瓶を持ったものがいない。雨はやまないらしい。
帰宅時間が早くなっても仕事の量は変わらないので、バサバサと書類を片付けていく。そして七時前には営業所を出る。


浜木綿や七時に上がる金曜日
梅雨長し書類を束にして放置
開襟や寄りたきところ増えて来し



綿菓子日記 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/06/21(土)22:05

虚偽の報告

下の記事、50人は言いすぎでした。すいません。

そんなにいません。今はね。

今はね。っていうと、
見てろよ!一月もすれば50人どころか100人だって!
か、
昔は、このあたりも賑わっていたんじゃがのぉ。今はもうこの通りじゃて・・・

の二通りの捉え方があると思うんですが、

尖のメンタルでは前者を選ぶことは難しすぎます。

せめて、

週刊俳句
よろしくね!


そして俳句の振れ幅

ここも来てください。いまやメイン使いしてるんやから


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/06/17(火)00:41

オススメ

既に行きつけの方がほとんどかも知れませんが、とても面白いサイトです。

パソコン的には安全だよ!尖がいうんだから間違いないよ!



とにかくこのブログに興味を持つ一日あたり50人のみんなぁ!
いってらっしゃい!







俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/06/16(月)21:48

裏口の虹

土日はほとんどそして俳句の振れ幅の移転作業につかった。久しぶりに俳句関連の長い記事を書いたので疲れた。

明日も仕事だけど、明後日も仕事だから、それをどう捉えるかについて、なんども脳内の自分と擦り合せを行ってきた。

関東で仕事の口を探したいとは思う。将来のことを考えるとどうしても。
常に躊躇してしまうのは、口ばかりが動くからだろうか。


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/06/16(月)00:47

俳句追放

当ブログ「そして俳句の振れ幅」は「振れ幅の置き場とか」と「そして俳句の振れ幅」に分離しました。
今後はそれぞれ独立を保ちながら
「そして俳句の振れ幅」は今まで以上に俳句にシフトしていきます。
「振れ幅の置き場とか」は今まで以上に俺、落ち込むからね!



「そして俳句の振れ幅」


俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/06/14(土)14:04

逆年金

物売りをしていて後ろめたくなる。
原価に対し利益乗せすぎ

かといって、成績トップの人の歩合はそれほどでもない。

利益はどこにいっているのか?

どこだ!


考えれば
売れない俺の給料になっているんだなぁ。何百人といる従業員のうち、上位20名位でもっているんじゃないかな。

公園で休んでる場合ではないな。後ろめたくなっている場合でもない。
お客には上手く言って価格差を納得させよう。

俺だって、前向きな日くらいある。




雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/06/11(水)15:25

生還す 1

小鳥来る火気厳禁の堀の内  石寒太

季語の斡旋が熟練かつ若々しい。上五で切れて、名詞は一つ。
火気厳禁の看板も古び、おそらく人もそれほど立ち寄らない、厳禁という言葉とは裏腹に非常に柔らかい光りのある句だと思う。

この石寒太の新句集「生還す」の観賞を書いていって、千字に編集して溜まったら、炎環に送ります。


やばいよ、新年会で文章に力入れますとか言って、何にもやってないんだもん。
先生の句の中で一番好きなのも入ってるし、面白く書きたいものです。


炎環 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/06/08(日)22:10

仮歌

未調整。仮歌。

田水沸くにゃにゃにゃのにゃにゃにゃ控へめに

にゃにゃにゃんにゃにゃんにゃにゃんにゃや独り占め

マンガン鉱の終日黒しららをらる
              ららららら 鳥?戦争関連?花胡桃

日盛りの沼を巡らす羊歯ららら

神様に後れて

西陣 夕立 織機 

祭鱧巾着袋後手に


選がないというのは結構きつい。俳句って言うのは先の見えないチキンレースみたいなところがあって、気付いたら壁にぶつかっていたなんていうのはまだいいほうで、死んでいるのに気付かないというのがほとんどだ。

試作

マンガン鉱の終日黒し花胡桃





句帳 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/06/08(日)19:26

炎環7月号

鬼百合の合間合間に人隠す

次々に同じ氷菓を頼みけり


炎環 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/06/07(土)16:39

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。