デフラグ

一昨日の日記でいろんなものを辞めてきた
捨ててきたと書いたけど、

それで、身軽になったかと言えば、そうではない。

諦めるほど、捨てるほど、身動きがとれなくなる。
何かをする気持ちごと、手が届かなくなるというか。

基本スタンス、
ダメな自分の
ダメな自分語り

他人なんか書きたくても書けないよ。


スポンサーサイト


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2013/09/22(日)18:41

綿菓子日記130921

私は起床した。
土曜出勤だった。

通常、朝は6時におきて、6時40分ごろの電車に乗って出勤する。
それで8時15分くらいに駅につく。

時計は7時50分だった。
駅まで徒歩10分かかる、やばい。
いや、徒歩何分とか関係なく、起きた時点で既にやばい。
通常なら、とりあえず、上司に電話をかけて、いや、ええいもう、
仮病で有給でもとっちゃう?むしろ、二度寝?潔く土曜らしく七曜の終わりに相応しく。
どちらにせよ、電話だ。

ところが、土曜は特急が朝から結構な本数走ってる。
特急のタイミングに合えば一時間ほどで、一縷、間に合うかどうかというところである。


3分で支度をすませ、原付にまたがるまでで4分、7分、駅駐輪場に付き
全力失踪。ここからが遠い。
大人しく有給を申請しておけば、少しの失地で済んだものを、ばかげている。
もともと今日は有給で休んでいる人も多いのだ。
わざわざ遅刻の愚を犯さなくてもよいのだ。

そういえばメロスは友のために死ぬために走ったのだったか。
全然いいと思えない。全然いいと思えない。全然いいと思えないけど走るしかない。

日ごろの運動不足もあって、足がもつれる、が、階段を駆け越える。

7:59 特急 新宿行き 

見えた。ドアが、閉まる、前に乗った。

携帯で時刻表検索。橋本駅発07:59 
神田着08:54

僅かな可能性にかけたかいがあった。
人のまばらな座席に大きく腰掛け、私は上気しつつひどく安堵した。


綿菓子日記 | コメント(0) | トラックバック(0)2013/09/22(日)02:46

綿菓子日記130920

とりとめもなく

大きい買い物をする時、ある程度悩んでからは展開が早い現象。

今までやめてきたものについて

バスケ、バスケは中学の時か。
友達に誘われてバスケ部に入ったけど、ノリについていけなかった。元々卓球部に入りたかった人間にバスケ部は無理だろ。
卓球、小学生の時に始めて、途中バスケで中断して大学まで一応、続けたのか。高校の頃、どんどんうまくなるダブルスパートナーとの差を埋められなくなり、やめた。
同じ大学に進んでいれば辞めなかったかもしれないが、そうはならなかった。
大学では一転、法律をきちんと学ぼうと思った。

法律もある程度までは学んだのだけど、結局それを活かした仕事に付くことはなかった

猛暑の中の内定で、いままで学んだものは忘れることにした。
70社以上に落ちて、よく分からない営業の仕事についた

やっと掴んだ仕事は一年半ほどでやめた。

売れなくて売れなくて
地元を捨てて東京に出た。

半年ほど無職だった。
経験も技術も何もなくて、無職に耐えられなくて、
いわゆる「底辺」と呼ばれる仕事に就いた。
居心地のよい環境で、3年があっという間に過ぎた。

その間、結婚もしたし、再起をかけて公務員試験に挑戦したりもした。
試験には結局2度失敗した。3度目のリスクと転職を秤にかけ、転職を選んだ

結局何一つ続けられないのか。

今の仕事が上手くいっているとは言いがたい。

3年以上に及ぶ思考停止生活のせいか、あるいは元来の融通の利かなさか、
とにかく、無能極まりない働きぶりを晒し続けている。

子供も生れて、思いのほか可愛くて、
ちょっとこれまでの来し方を振り返ってみたらこれだよ。

今まで、辞めてきたものと同じように俳句も辞めてしまうのか

それならそれで、一貫性のある人生なのかもしれないな


綿菓子日記 | コメント(0) | トラックバック(0)2013/09/20(金)08:30

引越し病

引越し病

朝顔やまだ柔らかな爪揃ふ
病巣といふ静けさや山葡萄
テーブルクロス豊水三つ鎮座せり
家捨つるにも相応しき秋日和
一脚のがりがりの椅子鶴来る

弱い力
朝顔やまだやはらかな爪揃ふ
がりがりの椅子の周りの花野かな
引越の一家零せり金木犀
家捨つるにも相応しき秋日和


炎環 | コメント(0) | トラックバック(0)2013/09/16(月)13:51

綿菓子日記130915

子供が生れて2ヶ月あまりたった。
生れた当初こそ元気に泣いたと聞いていたが
基本的には大人しいお利口さんである。

このごろは機嫌の良いときなどは手足をバタバタ動かし、
大変愛らしい動きをするようになったのだが、
妻が「死にかけのカブトムシみたい」と評してからは
もはやそれにしか見えない。どうしてくれる。

体重も5キロを超え、カブトムシとしてなら余裕で世界を狙える位置にいる
息子であるが、人の子としてはまだまだ未熟なヒヨコ男である。
しかし、その成長速度はやはり凄まじいものがある。
笑顔も以前などは筋肉の反応結果として出力されていただけであったが、
このごろはそこに意図を感じるようになった。
あやすと、「あー」、とか「きゅう~」とか鳴いてにっこり笑うのだ。
それが奴の唯一の策だとは分かっていても敵わない。
子供に関心の薄い妻すらも「認める。さすがに可愛い!悔しい!」と
王の軍門に降ったようである。

生れた当初は両親には似ず、サルやカエルに似てしまったという思いがあったが、
今や、風呂などでは優雅にぷかぷかと浮き、ほっぺはぷくぷく、
お目々はきらきらぱっちり、赤ちゃんとしてはかなり当たりの部類というしかない。
髪もさらさらのふわふわで、もはや、サル・カエルの面影は遠のいたが、
やはり未だに両親に似ていない。夫婦の感想も突き詰めると
「何だこの生き物はいったいなんなんだ。」であり、とりあえずというか、
やはりというか目が離せないのである。



綿菓子日記 | コメント(0) | トラックバック(0)2013/09/15(日)09:42

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる