スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

日本語を知らない俳人たち

実は古典文法には自信がない。高校時代の副読本を参照したりグーグル先生に旧仮名チェックや活用、音便の確認をお願いすることも多く、それらがなければ私の俳句活動は極めて不正確なものになるか、いっそ口語でやっていたと思う。

しかし、俳句の短さにおいて、「ゐ」や「ゑ」、言ふ、てふ、などの旧仮名遣いの視覚的効果は有効で、また、季語の効果(過去の詩歌のデータベース的性格)を句の上に構築するには文語旧仮名のフォーマットでもって、過去との連続性を確保するやり方は理にかなっている。この辺は未だにプログラミングが英語をベースになされるのと似ていると思う。

私は古典が苦手であったし、なにより受験勉強が苦手であったから、それこそ高校時代の試験では英語の長文読解とまったく同じ感覚で古典の試験に当たるしかなかった。しかし現文がそこそこ良かったので、ひとまず地方中堅私大レベルには届いていたので、結局苦手は避けてこれ以上古典の文法を覚えようとはしなかった。

むしろ俳句を始めてから文法の副読本を辞書代わりにしている状態だが、基礎がなってないので、やはり十分とは言えない。そんな状況だから、何年か前に話題になった、池田俊二の「日本語を知らない俳人たち」は当時恐る恐る読んだ。間違いがあれば改めようと思ったのだ。しかし、読み進めてみるとどうにも納得できない。特に過去の助動詞「き」の連体形「し」を完了の意味で使うのが誤用だというところなどは、有名句を磔にして文法的に違うと言われても、句の方に魅力があるものだから、どうも言いがかりをつけているようにしか見えなかった。文法の知識も日本語の歴史の知識も乏しかったから、そのときは、「文法的には間違いかもしれないが、音律上のメリットを捨ててまで文法に義理立てする必要はないだろう、まぁこういう批判があることは頭の隅においておこう」と思って、途中で読むのをやめて図書館に返した。著者の批判する日本語を大事にしない俳人で別にいいやと言うのが結論だったが、少し負い目を感じたというか、傷にはなった。

この傷は後年、週刊俳句に掲載された下記反論のシリーズを読むまで消えなかったことを考えると、意外に深かったのだと思う。

http://weekly-haiku.blogspot.jp/2013/12/blog-post_7.html?m=1

http://weekly-haiku.blogspot.jp/2011/11/blog-post.html?m=1

物理や化学、数学を例にすればわかる通り、高校の枠内で学ぶものは入り口の部分に過ぎない。入り口は大事だが、入り口ですべて片付くということはないのだ。もっとも言葉は変わりゆくものだから、日本語の得てきた豊穣さを捨てて教科書レベルに今後収斂されていくこともないわけではないだろう。できれば、そういった事態は言葉に関わる者としては避けたいところではあるが、言葉が変化していくこと自体は受け入れるしかないとも思う。

もっと勉強していればなぁと相変わらず後悔しているが、何にせよ日本語を知らない~をころっと信じて、したり顔で教科書レベルの知識を披瀝する嫌なおっさんになっていた可能性を避けれた過去の私は、中々冴えていたとその点においては満足している。

スポンサーサイト


俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2016/11/17(木)09:34

2016年を振り返る。

もう年末が近いし、俳句の依頼があっても一本あるかないかだろうし
少し早いけど今年一年を振り返りましょうかね。
概ね一年継続して俳句にちゃんと関われてたかなと思う。
毎年年始には今年こそは俳句復活と思っていて何年もたってしまったけどようやく、復活と言っていいかな。
2013年に息子が生まれたときはこれで俳句ともお別れかと思ったけど俳句がなくなってしまうと、本当に坂道を転がっていくだけの無気力人間でしかないことに気付いたものだから、息子をベビーカーに乗せて2015年あたりからちょいちょいSaraには顔を出すようにした。
句会に出ればそれなりに俳句ができるものだから、少し息を吹き返せた。
それにTwitterとFacebookを始めたことで、切れてた俳句関係のつながりが回復したことがよかった。刺激をうけた。
あとは、現俳新人賞の受賞祝いの席で柏柳明子さんに復活の呪文をはっきり唱えてもらえたのが大きかったかな。現俳新人賞は残念ながら出せなかったけど炎環賞には明子さんと近さんの特選という勢いのつく票を得られた。
そして、今回も含め過去の応募作すべてで一ノ木文子さんの票を貰えているので、どの作品の出来にも実は相当な自信がある。
しかし、完成度という課題を突き付けられたことは無視はできない。
それにしても寒太先生と朝比古さんの票は遠いな。来年の炎環30周年の炎環賞は絶対にとる必要があるから、その点の強化は抜かりなくやりたい。
さて、外からもらったお話や自分で外に投稿したものを中心にまとめるかな。
2016年2月
東京俳句発足
作品に限るのではなく、俳句についての様々な事象を取り上げる勉強会
興味ある方は連絡お待ちしてます。
2016年3月
これは評判が良かった。もはや俳句世間の注目の外だというのになぜ話が来たかはいまだに謎。
現代俳句4月号「読み直す新興俳句 何が新しかったのか 5」レポート寄稿
2016年4月
子連れ句会発足。この句会が必要だった。それと性別に拠ったことをあまり言いたくないが、男の自分が言い出したことは、なかなか悪くなかったと思う。
2016年5月
振れ幅年間大賞あげたい。作ってて面白かった。
2016年6月
特になし
2016年7月
久留島元さんとこのウェブ版のkuru-coleの第一弾に取り上げていただきました。
そして外山一機さんの評。もう一回言う、外山一機の評!
kuru-coleはアンソロ未入集でこれからクル人というくくりで扱ってるんだけど、実は私、数年前の紙版のkuru-coleにも取り上げられていて、まぁ、留年というか、つまり全然来れてなかったわけです。しかし、あのころとは違う。
2016年8月
2016-08-21のオルガンまるごとプロデュース号に寄稿。当時は何一つ新しいことが書けず、知識も技術もなにもない文章をひねりだしただけにしか思えなくて、オルガン特集は他の人と比べてしまうのが嫌で読まなかった。今読むと、何一つ新しいことをいっていないけど、これはこれでまぁニッチを狙うという自分の方針に合致しているかな。
2016年9月
特になし
2016年10月
特になし
2016年11月
「『IN&ON』は日本語RAPと定型詩をテーマにした冊子です。2016年11月23日(水祝)の第二十三回文学フリマ東京にてリリース予定です。」(公式より)参加し7句寄稿
2016年12月
炎環20句選と短評掲載予定
こうしてみると、大したことないな!
でも子連れ句会でよい出会いがあったり、外山さんに会ったり、松本てふこさんに会えたりと
自分にとっては結構動いた一年でした。2017年は評論を書けるようになることと、会いたい人には会いに行くことをもっと増やしていきたいものです。


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)2016/11/14(月)02:19

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。