慣性細胞

もちろん私は国家有機体説など支持してはいないけど、例え話として、人と同じように国だっていつか死ぬ。
それは、仕方がないことだし、その際に立ち会えるのは、むしろ、面白がるべきなのかもしれないけど、目の前のそれがあまりに醜悪な死に方で滅入る。

大病を患って、自律神経は乱れ、ボケて、金銭感覚も平衡感覚も理性も知性も自制も失って、暴力性と幼児性が増して、それにも関わらず、自身ではそのことに全く気付けない。諫める者も心配する者も恫喝して追い返す。莫大な借金は自身に掛けた保険金で返すつもりだろうか。
国家がこの状態でも平気な人間は、自身を大いなるものに帰属させて安心するタイプの人間だろう。つまり自身を国家の細胞の一つと目しているわけだから、客観的な視座は皆無である。当然、国の異変に気付くわけがないし、暴力性にも幼児性にも無自覚になるのは仕方がないだろう。国家への批難を直接自身への攻撃と捉えているのだ。それはほぼ反射に近い。つまり慣性の中にいるとはそういうことである。

一方、「個人」としての自覚のある者なら、死にかけのボケ国家が、老後資金を崩して外国に貢いだり、国のOSやレジストリを中世バージョン並みにデグレしようとするのを、(傍観するしないはともかく)好ましいと思う者は少ないだろう。癌にかかっていることが分かれば摘出手術を勧めるだろう。しかし、もはやそれを聞き入れられるような状態ではないようである。

自身と国家を同一視する人間たちはその構造上自省することが不可能なので、仮に壊滅的な結果になったとしても、まさか自分たちがその所業を引き起こした主体であったとは、理解することができず、同じ過ちを繰り返し続けることは、今まさに証明されつつある。
そういう生き方は、幸せかもしれないが、私個人は個人の尊厳にかけて絶対にお断りである。

Twitterに共有するには少し強く言い過ぎたかもしれないので控えるが、どんなに優しく言おうと伝わらないものは絶対に伝わらないので、強いも弱いももはや関係なく、言いたいことを言いたいように言ったっていいだろう。

スポンサーサイト


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2017/02/18(土)01:57

ゾンビ

日本の生活について、気づけば僅かな知り合いを残してみんなゾンビになってしまって、話通じないし、多勢に無勢過ぎて隠れて息をひそめるか、噛まれてゾンビになるくらいしか選択肢のない毎日を、普通に仕事しながら生活してるといえば伝わる?


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2017/02/09(木)17:17

タバコのflavorがした

私にとってはとても重要なテーマなのできちんと考えを残すことにします。

俳人の政治的な発言について、twitter上で下記の内容のツイートがありました。


俳人は政治的な発言をして欲しくない

政治的なスタンスを持ってほしくない


そもそも他人がどんな考えを持とうと、一向に構わないのです。仮にそれを外に表明したって「私という俳人は政治的な発言をしない」「私は政治的なスタンスを持ちたくない」ならば、イイネを押して承知しましたと思っておしまいです。あれこれ文句をつけるつもりなど本当にないのです。

ただ、今回は「俳人は」となっているので、そこには火尖も含まれているのです。そして、私は一応俳人ですけど、政治に対して俳号のまま発言するし、俳人としての政治的なスタンスを持っています。つまり、政治的なものに対する沈黙を願うこのツイート(思想)が生まれた理由、あるいは当事者の一人といえます。だって、誰も政治的な発言をしなければ、そんな願いも生まれなかったでしょうし。というわけで、このツイートに対して自分の考えを述べる理由が私にはあります。ここまでは一応問題ないはずです。その発言を尊重することと何ら矛盾しません。それに、いつかは書かなければならないことだったと思います。


話を続けます。基本的には人は人を理解することは(できません、と言いたいですが、それはそれで証明したことがないので)簡単ではありません。人のことは最終的には想像するしかないわけです。そこで俳人が政治的な発言をしない方がいい理由を自分なりに考えました。かなり自分的には納得の行く理由で、おそらく少なくない方が俳人は政治的な発言をしない方がいいかもしれないなと思うかもしれません。それはそれで構いません。


もはやあらゆる意味で説明不要の料理漫画「美味しんぼ」にて、ある料理人が海原雄山の美食倶楽部の昇格試験を受ける回があります。その料理人は腕は確かなのですが小心者で、試験中に心を落ち着かせるために煙草を吸ってしまい、課題の料理に臭いが移って雄山を激怒させてしまいます。

おそらく、一連のツイートが指す政治的発言とは、美味しんぼにおける煙草のようなものではないでしょうか。「俳句が不味くなるわっ!!」というわけです。美しい日本料理に煙草の臭いがつくなんて興醒めもいいとこですよね。「俳句とは切り離して考えてよ、手はちゃんと洗ってるもん!」とこちらが言ったところで、雄山からしたら「政治臭い口で俳句を語るな!出ていけ~!!」といったところでしょうか。私も煙草は嫌いなのでよくわかります。

確かに、良い俳句を作る俳人のツイートなりブログなりが、俳句とは全くかけ離れた「アベ政治を許さない」とか「憲法を守ろう」「共謀罪は危険」とかだらけなら、その発言の是非はともかく、単純に冷めるのも無理はないかもしれません。

つまりこの考えに立てば、俳人は余計な夾雑物を持ち込まず俳句に集中するのが良いということですね。これは他のジャンルにも当てはまりそうです。音楽家や俳優、芸術家、舞踏家も同じロジックで政治的な発言を控えるのが良いでしょう。実際フジロックに対する「音楽に政治を持ち込むな」というパワーワードは記憶に新しいかと思いますし、椎名林檎が国の仕事を引き受けたときにも、同じような批判がおきましたっけ。


しかし、本当にそれでいいの?もし、今いる国内外のそういったアーティストたち全員が政治的な発言をしなくなってしまったらどうでしょうか?世の中には今以上に素晴らしい作品が溢れ人々は余計なバイアスを受けることなくそれらを享受できる?本当に?私は正直言って違和感があると思います。仮にそうだとしても、自身の表現活動のほかは、ランチの写真をアップすることぐらいしか話すことのない表現者しかいなくなるなんて、私は嫌ですけどね。


政治だろうと食べ物だろうと、自身の生き方に深く根ざした考えの表明を避けて、ファブリーズをかけるようなことが良いことだとは思いたくないし、だからこそ「他者の政治的発言を望まない」という政治的発言も、誰に遠慮することなく言えばいいと思ってます。

私は、分かり合うことよりむしろ、確かめながら平行線を維持しつづける営みにとても価値を感じている。



超余談

まぁ、正直なところ、平行線だろうと島宇宙社会を越えようとする工夫のある発言でなければ意味がないと思ってるし、ただ、そんなの気にしてる人多いとは言えなくて、いつも申し訳ないなという気持ちはある。彼等は彼等が糾弾している人にこそしっかり聞いてもらわなければならないはずなのに、内輪でぐるぐる回るようなことしかできていない。そんなことで、本当に憎悪と嘲笑の拡散力に対抗できるとでも思っているのだろうか。私は匂うようなユーモアが欲しいよ。




俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2017/02/03(金)07:04

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる