FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

思索派

俳句は手段ではなく目的で、いい俳句を作ることだけを求めるという純粋な立場を取ってきたけど、最近それだけではどうにも自分に対して説明不足を感じる。

平畑静塔は当時18歳の三橋敏雄について「之の少年作家に、早く思想の陰影を與(あた)へよ」「三橋少年よ、うまさの代りにもっと強く深く悲しく俳句を考へて貰ひ度いものです」(京大俳句 昭和14年1月号)と述べている。「俳人格」をとなえる静塔ならではの言葉だと思う。しかしこの言葉を知った当時の二十歳そこそこの私は、「作品が良ければ思想は関係ないやろ。負け惜しみ臭い」とまで思ったのだが、冒頭の悩みを抱える今現在となってはこの言葉を何度も思い出してしまい、無視できないでいる。

詩一般の歴史、詩学の知識に乏しいので、あくまで感覚としてだが、詩人を突き詰めると思想家に、思想家を突き詰めると詩人に近付くのではないか、あるいはもっと単純に詩作とはそのまま思索に通じるのであり、詩人と思想家はその点で同根ではないかという感覚がある。強く深く思索することで、詩作が本人の哲学を強く反映した思想性を帯びることは十分あり得るだろう。静塔が三橋少年に求めたものはそれだったのではないだろうか。

また、漠然と「良い俳句」という結果を求めて行き詰っていた自分にとって、詩作を思索として深めていくことは、今後の自身の俳句を打ち立てていく上での核の部分になるのではないだろうか。良い句という結果を求めるあまり思うような句が作れない私に欠けていたのは、句を作ることそれ自体にまずは価値を見出すことだったのではないか。「思想」というと人を身構えさせてしまうワードであり、そのせいで技術のある若い人が殆ど踏み込んでこない手付かずの宝があるように思う。

二十代のころの私がみたら、何言ってるんだこいつ、やばいわーって思うかもしれないし、今さら句を作ることそのものの価値だなんて言い出して、後退しているだけなのかもしれないが、しばらくはここから見えるものからたっぷり句作に耽っていきたい。


スポンサーサイト


立ち位置 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/07/05(木)00:20

俳句のOS

明らかに良い句なのに、無季だから俳句じゃないとか、面白いけど切れがないから採れないとかいうときに俳句ってそんなもんなん?って思っていた。

「俳句ではないから」以外にまともな説明ができてないというか、では俳句とは何かとなると、俳句とは発句が独立したもので云々、一句独立の立句で季題を詠んで云々となる。しかしそれは発句の説明ではあるけど俳句の説明ではなくない?俳句とは発句のパッケージデザインを変えただけのものなのか?子規がやったのはその程度の事なのか?という気持ちでいた。実はこの問題は完全に解決済みで、しかし備忘録としてここに引用という形で載せておく。

三橋 大正二年、高浜虚子は、俳句を季題と十七文字の制約の下に置くと限定してしまった。しかし、それは発句であって俳句とは関係ないんです。正岡子規は明治二十八年刊の『俳諧大要』の中で次のように言っています。「俳句には多くの四季の題目を詠ず、四季の題目なきものを雑といふ」。子規は、無季も有季も、また必ずしも五七五でなくていい、全て俳句だと定義しているのです。
中略
定型について言えば、五七五は発句の定型ではあるが、俳句の定型ということで考えるとき、七七五、五七七、三三三調、五五五調、みな日本語の定型だと僕は思っている。

池田 季語なし、五七五なしもみな俳句だとすると「川柳と俳句」という分け方はないわけですね
三橋 そう。同根ですね。「発句と俳句」という分け方がある。その上のこととして「発句は俳句」でもあるわけです。しかし俳句は必ずしも発句とは限らない。英語やドイツ語の俳句も、あれあ俳句であって、発句ではないんです。判りやすいでしょう。
(遠山陽子 (2012年). 評伝三橋敏雄-したたかなるダンディズム-(P605~) 沖積舎)

で、まぁそれだと広がりすぎてしまうので、それをかなり限定的に解釈というか、解釈を大幅に割愛したのが虚子でそこで発句を独立させたもの=俳句の公式が出来てしまった。それはそれで一つの俳句観を形成していて今さら否定できるものではないと三橋も言っていて、どちらかというと私もベースはそのOSを積んでいる。ただし、三橋は続けて近代俳句という歴史でみると子規が提唱したオリジナルに立ち返ることで広がる世界があるというようなことを言っている。
冒頭の問題は、俳句=発句の価値観から起こる仕様上の問題であり、こだわる人は永久にこだわり続けるのだろうが、申し訳ないけど、ゲームのデバッグ係の壁にぶつかり続ける人のようにも思えてしまう。私はOSを切り替えながら世界を広げる方向に眼を向けたいと思う。



俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/07/01(日)14:51

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。