スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

炎環200605号

炎環五月号掲載作品

春泥は今夜動くかも知れぬ

夜といふ地球の影のあたたかし

春雨や梅田に赤き観覧車

学食の桜餅なり食ひ足りぬ

霾や旅客のカメラ二度光る

三回目の投句にして巻頭から12ページ目。まずまずの出だしと言っていい?

添削された句は2句目3句目。それぞれ原句は
夜といふ地球の影のあたたかき
春雨や梅田に赤い観覧車

夜の句は、うん寒太先生ありがとう。よくなった思う。でも3句目、赤いと赤きなら「い」の方が春雨の梅田にしっくりくると思って「赤い」にしたのだが。

けふの月長いすゝきを活けにけり 阿波野青畝


だめですか?要は「き」の音の引っ掛かりを好意的にとるかどうかか。むしろ文語推奨ってことかな。私の考えでは梅田にの「に」と赤いの「い」は非常に相性がいいと思うのだが。

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
炎環 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/04/19(水)23:55

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。