敗北宣言

在学時から、よい俳句仲間や人脈を得、よい職に就き、毎日定時に帰り、作句し、休暇ともなれば句会や吟行で腕を磨き、評論もこなし、高い評価を得る。さらに自分で自分の句を宣伝する。

そういう俳人が未来に生き残る俳人だと思う。
そういう俳人になりたかったなぁ。

こっちに来て却って萎えたのは、ネットで見知ったすごい俳人達は現実にも物凄く、とても話していられなかったからだと思う。

君らの将来はホームレスだと本社の人は言うけど、ホームレス俳人など所詮色物なのだ。やってられないのだ。

俳人として有利な仕事は公務員、教員、研究者、出版人、大企業サラリーマン、飲食店経営、団体職員や事務などであって、自分の仕事(口にするのも惨めな気持ちになる)などではない。

今年の公務員試験はあと一歩の所で逃してしまい、尖の俳句サクセスストーリー(笑)(サクセスストーリーと言った時点で俳句的ではないけれど)は潰えた。

来年も受けるつもりだけど、今とにかく思うのは俳句をとにかく作りたいってこと。

でも句会は定期的に出たいが休みが合わない。休みは仕事か勉強に使う。
あっ、欠席投句を無欠席でやればいいか!

よい俳人の良い句は本当に俳句だけで評価されているのだろう。
でもその背景はやはり恵まれているのだと思う。
一時は自分の境遇の厳しさを背景にしようとしたけど、自分には相応しくないからできない。そう思わないと、惨めさで死ねる。

とにかく俳句競争では
敗けた!大敗した!

もうこれからは自分のことしか考えない。

他人は強すぎる。他人は関係ない。
自分の信じる良いものを自分だけで楽しむ。そんなところを人に見せる。何で楽しんでいるかは内緒。うらやましいと思わせてやる。
孤立無援でやるしかない

甲子園みたいな夏が終わって敗北が残った。
多くの球児達にとってそうであるように、敗北は敵ではない。

敵は他人だ。強すぎて誰にも勝てない。

スポンサーサイト


俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2011/08/31(水)13:38

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる