スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

遠投心

自分にとってすごく嫌いなものが、誰かにとってはすごく好きだったりすることが増えた。気になる。そして腹が立つ。あと優越感。

その反対も増えたと思うが、それは気にならない。ええねん。好きやし。
例えば、カルピスグミ、俳句。

身勝手を楽しもうと思う。ひとりで。

偽善をものすごく嫌う友人がいる。悪よりも悪質だと言っていたが、善とはなにかについては何も言わなかった。同じように悪とはなにかについても。
彼の価値判断基準もまだ確立していないようだが、そのことに気付いているかどうか。今の彼なら刺身のパックに「牛肉」というシールを貼っただけで騙せるだろう。

何が恐いって、集団ほど恐いものはない。バイト先の窃盗団とかその他諸々

しかし独りになることほど恐いものはない。


だんだん、考えが卑近なことから大きなことになっていく。考えるのは好き。遠投は得意だった。


胡桃パン文庫カバーのずれ易し

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
立ち位置 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/10/27(金)00:21

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。