お散歩団

俳句を作るため散歩をした。大学の周りでまだ歩いてないところをひたすら歩く。高架下の公園にて一休み。小っこい人間が遊んでいた。それは子供だ。
こっちを見ていたので手を振ろうとしたがやめた。
それにしても暑い。
ラーメンを食うつもりはまったくなかったのだが、食ってしまう。日替わり丼定食。


以下句帳

曇天の下を這ふ 飛行船
曇天の下這ふ飛行船は冬

いつみても土鳩の歩く秋の昼
秋の昼土鳩どこへも行けず歩く

月光に誰が石柱を折りたらむ

電線の影通らせて芙蓉咲く

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
句帳 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/10/27(金)14:12

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる