リブート!!!

俳句復帰しました。
もっとも、俳壇も結社もこれまでに無いほど
遠ざけていたので、これからは若いときより大人気なく、
自分の至らなさを棚に上げて、思ったことを言っていきます。
あけましておめでとう。

炎環の新年句会の句を選句してるとき、
新年らしい幸福そうな句が多くて嫌で嫌で仕方が無かった。

17音のくせにだらだら甘っちょろい句が数百は並んでいて、
これは何の苦行だろうかと、他人の平穏な私生活などどうでもいいのだと
選を放棄してやろうかと半ば本気で思った。

もっとも、新年の句だからめでたくて当然だし、
むしろそういう新年というコンセプトなのだから、
むしろ甘甘でも、よいのかもしれない。
でもね、
甘甘でもいいのですが、他人に見せること前提で作ってんのかこれ、
って思いたくなる句が多すぎて、イライラした。

ためしに妻に何句か読み上げてみたら、
むかむかしてイライラする。他人の幸せなどどうでもいいが、
耳元で5・7・5で言われると虫唾が走るといわれた。
妻は俳句なんかやらない常識人だから、その感覚は信用できる。

例えば、今即興で作るけどさ、こんな句

孫の瞳のきらめき並ぶお年玉
夫婦共に長寿を願ひ初日の出
初孫の泣き声見事初電話

こんなんが百や二百じゃきかないんよ。

自分も俳句を作る以上、恥知らずというか、
恥ずかしながらというか、火尖なんて名乗っちゃってっいう
テレというか気負いのもとやってきたけど、
新年句の臆面のなさっぷりに、いや、自分まだまだでした。
はっきりいって相当恥ずかしいよ!!ある種これって境地なの?
そこまでいかないとあかんの?
実際、俳句一覧を占める割合から言って、普段相当上手い同人もこのノリだったりすると思うと、
え、もしかして、前述の即興の例句を出したほうが、点が入るとかありえる?

正直簡単に上手い俳句を作るなら幸せな句より
不幸なほうがいいし、不安なほうがいいし、暗いほうがいいと思う。

でも、自分の場合はそれがだんだん嘘になってきてしまって、参考にしようと思った
幸せいっぱいの人生の先輩たちは、お正月でタカがはずれているようやし。
とにかく、緩い幸せな生活の句は、想像を絶する厳しさで製作にあたらないと
鼻がひん曲がるような臭気まみれのひどい句ができてしまう。
例えば、昨日食べた美味しい料理を、みんなに食べさせたげよう思って、
ありのままゲロ吐いて、綺麗な器で受けて、召し上がれって出す。
幸せを俳句で分けてあげるとか表現とか思っている奴いたら、
言うけどこれやからな、だいたいの幸せな句の正体って。

とにかくそれが言いたかった。

地球一万余回転冬日にこにこ

お口直しに。虚子の幸せな句は本当にいいですね。

今年一年が、平穏で退屈で幸せでありますように。

スポンサーサイト


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2015/01/12(月)00:27

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる