禁忌

俳句を始めた頃よりほぼ守っていたことがある。

中八にしない。「で」を使わない。
前者は定型への忠誠
後者は安易な因果関係との決別を
担っていた。
また調べが濁るのを避けたかったところもある。

甘く温くなりがちな感慨を如何に抑制するか
定型で締めるかが私の俳句だった。
それをテクニカル面で維持していくための
掟だった。

しかし最近、「で」を使いはじめている。
更新の時期が来たのかもしれない


蔑む


スポンサーサイト


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2015/02/10(火)21:10

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる