子連れ句会に寄せて

いよいよ来月第一回目を迎える「子連れ句会」では初めて俳句を作る人も加わってくれた。
すごくうれしい。何がうれしいって、新しい人が俳句を作るってことは今までなかった新しい俳句が
読めるってことなわけで、それがうれしい。俳句人口が増えるとか減るとか自体には
それほど興味がないけど(まぁ多い方がいいねくらいは思う)、
新しい人が作る新しい俳句はすごく楽しみにしている。

私自身、俳句を始めた時の、言葉がぴたぴたとくっついたり切れたりして
今まで知らなかった手触りに変わっていくのを何度も感じた。
もちろん、今もその感覚をつかもうと、作り続けているわけだけど、
始めたばかりのころの、「これ全部言葉で、全部が俳句になるかもしれないの?」みたいな
驚きや、楽しさ、鮮やかさは、やはり俳句を始めたばかりの人の特権だと思う。
もっとも、今は今で、句歴十年には句歴十年の楽しみというのはあって、
ずっとうんうん悩んでいられる俳句というのは、やはり中々よくできた形式だと思う。

あと、今回集まったのが、今まで句会が取り込めていなかった、子育て世代というのが
いいなぁと思う。まだまだ若いつもりだけど、子供がいて、仕事厳しくて、
どんどん毎日が過ぎていく、そんな実生活がすごく重い30代子育て世代の作る俳句は、
今の俳句世間に何か加えることができると思いたい。
若いものにも年寄りにも出来ないことがしたい。

正直、あと2、3人はメンバーが欲しいなぁと思っています。
ぜひ、興味のある方はコメント欄やTwitter、facebookに連絡ください。

----------------------------------------
子連れ句会のお知らせ【確報】
日時:4/24(日)13時~
場所:阿佐谷地域区民センター 第三和室(JR中央線「阿佐ヶ谷駅」南口徒歩2分)
参加費:500円
題:手で触れたことがあるもの
句数:題を含む句が1句以上で合計5句程度
です!
--------------------------------------------------

子連れ句会は、子供連れで来てよくて、参加者持ち回りで、子供の面倒を見ながら、
みんなで句会するという会です。
子供は子供同士遊べばいいし、その隙に大人は句会するで!という会です。

そろそろ子供を外に連れ出して、面倒見てもらいながら、俳句?ちょっといいかも、やってみたいかもという、
初心者の方や、子育てで少し句会からは遠ざかっていたが、ここなら久しぶりに来れるかもという歴戦のツワモノの
参加を心よりお待ちしております。

私自身は2歳児の父親で、結社の句会とかは子連れで行っても、すごく快く迎え入れてくれたのですが、
誰もが、私みたいに、連れていけるわけではないし、やはり、場として、子連れ句会という概念がすごく魅力があると思う。

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2016/03/30(水)01:54

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる