スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

子連れ句会顛末①

これから子連れ句会がいろんなところでもっと開かれますように。

先週の日曜日、子連れ句会当日。朝からこれぞ春雨というような雨が降っていた。とにかく雨は、外出難易度を跳ね上げるので、あー雨だ、あーあーなどと気を揉んでいたが、程なくして雨は止み、息子の覚をおだてて自転車に乗せ、ぎりぎり間に合うくらいの電車に乗って阿佐ヶ谷に向かった。

元々この句会の発端は、以前、覚と一緒に電車に乗ってるとき周りに迷惑をかけてしまったりして、謝ってるうちに、自分自身がまいっちゃって、尤も、迷惑かけた側がまいってしまうなんて許される空気ではないけど、とにかく子育ては社会では害悪なのだと思い知らされたのだった。
そんなとき子育て世代同士でなら、協力も譲歩もずっとやりやすいだろう、ていうか句会行きたいなどと思っているうちに子連れ句会を思いついたのだった。

さて、会場は和室である。子供連れて来るなら絶対和室がよい。床を這っても安心だし、赤ちゃんは座布団で寝かせられるし、むしろ和室以外では子連れ句会は考えられない。それくらい和室のアドバンテージというのはすごい。今回集まったメンバーを軽く紹介すると、
火尖=私だ、子は二歳
裕美さん=俳人、子は三歳
歩さん=句会初参加、詩人、子は四ヵ月、4歳
結さん=句会初参加、お子さんは今回欠席
まどかさん=俳人、子は九ヵ月
葉月さん=俳人(おじいちゃんポジション)
という個人的には中々バランスの取れている布陣だと思った。
会場には既に全員集まったので、これから初めての子連れ句会が始まるのだけど、
まず初めにしたことと言えば、長机に囲まれた中に子供たちをいれて、
プラレールを設置することだった。

続く
スポンサーサイト


俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2016/04/28(木)00:50

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。