俳句の未来

 さて、佐藤文香については正直なところ現時点では批判すべき点が見当たらない。作品も文章も面白く、俳句を愛していて、俳句で生きていくという強かさも持ち合わせているし、俳句以外の世界にチャネルが開いていて、どう俳句を認めさせるかという点でもかなり意識的に活動していると思う。私にとっては、常に気になる俳人であるし、第一、第二句集も別に買ったりしてないけど、好きな句はたくさんある。
 以前、過去記事のあれやこれやで批判(2009-02-012009-02-012009-02-09)を試みたことがあるが、今や俳句は彼女にほだされてしまったというか、これからの俳句にふさわしい俳人に佐藤がなったというか、そんな印象すらある。前回ブログで書いた虚子、子規の話であるが、後は我々が彼女のフォロワーになりさえすれば、準備OKというわけだ。そのためのチケットとして「俳句を遊べ!」は非常によくできている。これは買った。面白かった。
 実際、佐藤文香が本気で動けば、相対的なものにまで弱まった俳句の価値観のいくつかは一気に確定してしまうだろう。方向性を見失っていた俳句を、子規の唱えた写生のように、あるいは虚子の花鳥諷詠のように導く力がすでにあると見ていい。写生、花鳥諷詠に続く、佐藤の著作頻出の「面白い」という価値観によって俳句は革新されるだろう。もちろんその「面白さ」は「俳句を遊べ!」を読めば分かる通り、画一的なものではなく、様々なものを認める方向に働くので、批判のし辛さという意味でもよくできている。
 おそらく既存の俳壇ともうまく付き合いながらも、佐藤が築く「俳句外部に読者を持つ新しい俳句圏」に人材の多くは集まるようになるだろう。こうなってくると、支持基盤構造がガラリと変わるわけだから現代俳句の続編ではなくて、未来の俳句と呼ぶべきものとなり、名実ともに佐藤文香によって俳句革新が成るというわけである。
 ただし、それによって打ち捨てられてしまうものがあるはずである。それは例えば俳句の「面白くなさ」であり、あるいは「停滞」そのものではないだろうか。虚子没後、俳壇は中心を失い、凪ぎの時代が長らく続いたが、ようやくその時代を所与のものとした若手が台頭し始め、むしろ、凪いだ今だからこそ、「俳句とは何か」「俳句の分からなさ」について余計な夾雑物なしに考えることができるようになってきたと言えるのではないかと思う。停滞しているように見えるときほど、その内部では新しい胎動がみられるというものだ。そしてその動きはまだ始まったばかりである。佐藤文香もあるいはこの停滞から生まれたのかもしれないが、彼女の強い個性が、そういった他の胎動を、例えば「面白く」なければならないと染め上げてしまうのか、どのように扱うか注目したいと思う。

まとまったような、まとまってないような、勢いだけの文章になってしまったが、最後に口直しに、当時すでに彼女に子規を重ねていた記事を紹介して寝る。当時とは状況も違うけど、中々面白いと思う。
スポンサーサイト


俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2016/05/30(月)22:53

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる