俳句プラモデル説

俳句は作る人が圧倒的に多くて、純粋な読者となると極端に少ない。
もちろん調べたわけではないけど、少なくとも、俳句は読むの専門ですって人は
火尖は多分いまだ会ったことがない。
前回の俳句の勉強会、東京俳句では、本筋のトークではないが、俳句で稼ぐにはどうすればという話もした。読者不在の状況では、作品を読んでもらうことで収入を得るのは厳しそうだ。
そうなると当然、とういか実際、人の俳句を読む方がお金になる。
ここまではただの確認。みんなそう思っているし、その状況を変えようと頑張っている人もいるし、もちろん奇跡的に売れる句集だってあるかもしれない。

とまぁ、そんな俳句ではありますが、そんな読者不在の俳句は果たして文芸と言えるのかという疑問がでるのも当然の向きでしょう。だって純粋読者ほぼいないんですよ?
でも今回そこのイエス・ノーには敢えて立ち入りません。しかし、私から言わせれば俳句は文芸よりも多分プラモデルに近いですよ。プラモデル。

初心者でも説明書通りに作ればひとまず形になり、作ったからと言って基本売れるわけでもなく、同じプラモでも作り手のセンスや工夫、見せ方で全く違った作品になり、ごくごく少数ですが、それだけで食べている人間もいる。プラモデルを趣味にしている人で、「作ったことありません、見るの専門です」ってのも極端に少ないんじゃないですか。
大会にはたくさんの作者が集まったり、雑誌や書籍では作り方やハウツーが主なコンテンツってとこまでそっくり。
「俳句は季語を含む五七五定型詩」は、「プラモはキットを購入して組み立てる模型」という風に、すんなり言い換えができますし、無季俳句は市販のキットを使わずに作ったプラスチック模型とでもいいましょうか。自由律は材質に拘らない、ですかね。
極めつけはガンプラですよ。あれはホトトギスです。

そんなプラモデルが普及のために増やすとすればもっと作者を増やすような施策をうつでしょう。作って楽しいというのがやはり一番の魅力でしょうし。それでプラモが先細るとか、多分そんなことはないと思いますよ。
そう考えると俳句も何をどうすればいいか分かった気になってきました。
まずは作者になった上で、その気があれば読者になったらいいんじゃないですかね。読者の数が少なくてもいいんじゃないですか。でも優れた読者になったらお金が入る。作者が読者を大事にする文芸でいいじゃないですか。
句集売れなくてもいいとは言いませんよ、でも今みたいにとりあえず作って、無料で配りまくるなんて止めたらいいと思う。俳句関連書籍のクラウドファンディングサイト作ろうよ。受注生産すればいいやん。すごく読みたい本はお金出して買う。これが誰にとってもいい結果になると思うんですよね。
その中で売れる作者ってのは、ちょっとかっこよすぎるわ。あこがれる。


スポンサーサイト


俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2016/08/02(火)15:00

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる