里1月号を読む1(俳句読みながら思ったこと言う)

シンプルに好きなことを好きなように書けばいいのだ。


里2017年1月号をいただいた。

さっそく面白かった句や文章をちょっとずつ挙げながら好き勝手書いていこうと思う。


憎みあふ神の御子らが野に遊び  正木 美和

寒菊や現るるとき人は顔     田中 惣一郎

鱈ちりや誰も彼もてんでばらばら 瀬戸 正洋


まず、「野に遊び」「人は顔」「てんでばらばら」最後には作者の好きな方向へ行くような句が多かった。みんなてんでばらばらで面白い。


てつぺんの黄に白菜とわかりけり 天宮 風牙

くらがりを映す水なし龍の玉   堀下 翔

山茶花を嫌と言ふのでそうかとも 樽本 いさお


作者が違っても似たような句が続くことなく、個がしっかりあると思った。上の三句もそれぞれの世界を屹立させてる。


朝刊に重さがありて十二月    塩川 佑子

極月や画鋲の上にセロテープ   内堀 うさ子


ふと気付く感覚や目に留まるものを、「発見!発見!」と騒ぐのではなく、すっと立ち上がるように俳句にする。大声を立てない。


番地からおよそあの辺冬銀河   仲 寒蟬

薬喰寝癖の髪が鬼のやう     仲 寒蟬


「あの辺」で意味が切れるのか切れないのか、私はこれを漏れてるとでも呼びたい。そしてこの句の場合はそれがとても良く働いていると思う。


湯豆腐やすこし直され箸づかひ  美月

寒紅のをんなの肩をひとつかみ  谷口 智行

脚立冷たし五段目に傘引つ提げて 小鳥遊 栄樹

着膨れと着膨れ占いの館     木野 俊子


映像や温度をありありと想像できる。それぞれのワンシーンの構図に作者の神経が行き届いている。


藍色の直垂衾越しに抱く     中山 奈々

冬晴や花のかたちの砂糖菓子   ローストビーフ


夜具の分厚さと湿気、直垂衾では抱きしめてももどかしい

一方、冬晴のこの明るさと措辞の形の美しさ。

実は炎環と比較しながら読んだ。炎環ではあまりこれらの感想が当てはまるものは少ない気がした。

それぞれに良し悪しはあるのかもしれないが、実感として気になった。



スポンサーサイト


俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2017/01/17(火)02:11

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる