祝祭

凱さんの記事を以て今回の件は速やかに収束したように思う。それはとても良かったと思う。

当事者自身の準備、タイミングを奪うことに思い至らなかったかと言えば、正直その点は思わなかったわけではない。今更白々しいことを言えば心苦しさはずっとある。ただし、ほとんど主宰と言っていい立場の者が、金銭を絡めて非対称な選択を迫ること、その是非については、部外者だからこそ、構造の問題として触れることに意味があったと思う。その考えは今も変わらない。これは、結社誌、同人誌の別なく、それこそ俳句に限った話ではなく「こんなこと言い出すくらいなら初めから肩代わりなどするべきではないし、肩代わりするなら返金を求めるべきではない」からだ。「無季を容認せよ」とか「群青のイメージ」がどうとかそういう話じゃない。そもそも俳句の話ですらないのだ。
その点、凱さんの記事は当事者しか書けない、個人対個人の関係の決着というものだった。無責任にもわれわれが待ち望んでいたものだった。そこで当事者としての選択を彼はしたし、そのことを多くの人が確認した。多くの人がその記事で納得し、彼の選択を支持したと思う。私も彼の選択を支持した。
この問題を個人間の問題、子と「育ての親」の関係の問題として捉えるなら、問題に触れる権利は再び群青メンバーの手中に戻ったと言うべきだろう。そこでは今回私のしたことは余計なこと以外の何ものでもない。個人間の問題には干渉するべきではないのだ。今回の速やかな沈静化の背景には、「構造の問題」から「個人間の問題」への転換によるところは大きいと思う。もちろん当事者にとっては個人の問題に他ならないのだから、その点については彼の記事に何も反論はない。素晴らしいものだったと思う。しかし、部外者であるところの我々は、望んでいたとはいえ、あまりにも簡単に納得し、祝祭的に感動してしまったのではないだろうか。
この件で精算されたのは当事者としての問題であり、もともと「櫂未知子発言」の是非については、彼の決断で構造上の問題が解決するという類のものではないのだ。しかし私達はその点については目をつぶってしまったのではないだろうか。

それでも今回は立ち入りすぎたという感触は消えない。しかし、この記事のように部外者にとっては俳壇に横たわる問題として捉える人が出てきたことは書いた意味はあったと思う。

スポンサーサイト


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/02/15(木)08:40

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる