皆いったいどんなシステムで感情コントロールしてるんだ


気が狂いそうで泣き出した僕がまともなんだよ。

昨日の夜は寝てしまった。一応残業で帰れないなんてことはないんだけど、ものすごく消耗することばかりで、家に帰ると途中でソファや床で寝てしまう。妻はもう諦めて起こさなくなったし、起こされても起きれないので、それでいい。三時とかに起きて布団に向かうんだけど、俳句のイメージを突き詰める力が減衰しているのがわかる。面白いテーマの連作を編もうとしても若い頃は舌頭千転などではとても足りないほど工夫したものだが今はそれすらも有り合わせの型落ちの工夫になってしまい限界を突き破れない。心無い奴はじゃあやめろよと何の臆面もなく言うけど、難しさは人それぞれ違うというのに簡単にそれを口にするような奴という時点で思慮が浅いんだなと思う。
そうはいっても、若手の最近の句の先進ぶりは凄まじいものがある。自分には曲げられない関節をいとも簡単に曲げてしまう。
過去の名作と評価されたものをひたすら取り入れて模倣し今の自分が確立してきたのだけど、そういう工夫は卒業して、次のステップとしては、若手やベテランなどのカテゴリにとらわれずまだ評価されていない次の時代の名作をいち早く見つけ、それを信じて取り入れようと思う。結局模倣には違いないが、評価の定まったものを盲目的に取り入れる段階は過ぎたということが、この十余年の成果かもしれない。たったこれだけの成果かもしれないが、ちゃんと進んでいるし、進んでいるからこそ難しく感じるのだろう。大丈夫。



スポンサーサイト


俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/04/05(木)08:24

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる