FC2ブログ

リフレクター


しかし、どのような状況でも私は俳句を続けるつもりなので、あらゆる方法で俳句の水溜りを豊かにするし、俳句に専心することだけではそれが達成できないとしても、だからと言って私の俳句とその考えを磨くことを怠る理由にはならない。やるかやらないかしかないならやる以外ない。俳句もやる。それ以外に必要だと思うこともやる。

梅雨空に「九条守れ」の女性デモ 
この句は、本来掲載されるはずだった、さいたま市大宮区の三橋公民館の「公民館だより」に句の内容(政治性)を問題視され掲載を拒否されたものだ。振れ幅でも一度、俳句としての出来は、外からの批判に耐えられる作りになっていない、いわゆる上手い句ではないと述べたうえで、掲載拒否の問題点について言及した。

簡単に経緯を説明する。
・公民館を利用していた俳句サークルは毎月句会の互選で「公民館だより」に載せる句を選んでいた
・その月は梅雨空に「九条守れ」の女性デモが選ばれた
・しかし公民館は「公民館の意見と誤解される恐れがある」と掲載を拒否、一月後改めて「世論を二分している内容の作品」は掲載しないと回答した

今、改めて考えると、句としての良し悪しの他にこの句の「政治性」の見え方について、もう少し突き詰めて考える必要があったのではないかと思っている。というのも句の良し悪し、公民館の裁量に話題が偏ってしまい、この句のもつ政治的批判性の性質についてはきちんと論じて来なかったからだ。私にそう思わせたきっかけとして鷹の同人、天地わたるさんの、「梅雨空に」をとりあげたブログ記事がある。
詳細は実際に読んでもらうとして、ここでは主要な部分のみ引用する。

「はっきりいって公民館も書いた人も知的レベルが低いのである。まず思想的なことを排除したいのなら公民館側はしかるべき選者を立てて選るということをすればいい」

「公民館もそのように専門家を擁して市民の句のよしあしを選別するシステムにしておくべきであった。そうすれば価値の低いスローガン俳句は容易に拒絶できたであろう。誰でも好きに書いたら載せてあげますよ、といっておいて政治性うんうんで拒否するのはまずい手であろう。」

「この句は俳句としてはよくない。表現で生きようとする者は芸術性の意識がなくてはならない。こんな句がいいと思っているのか。」

「俳句にデモ行進するプラカードの文言を書いてもどうしようもないのだ。」
「俳句は意味や思想などを訴えるものではないのである。そういう意図をつよくこめればこめるほど汚れてしまう。俳句はもっと感覚的なもの。意味がないから心がほぐれるものなのである。」

とまぁ、私も掲句の評価はそれほど高くないのだが、かなりのこき下ろしっぷりである。そしてこのような意見は何も彼一人だけが言っているのではない。ウェブ上のコメントなどに似たような意見が散見されるのだ。しかし、待ってほしい「梅雨空に「九条守れ」の女性デモ」の句自体のどこに、「思想的なこと」があった?句の表現するシーンは「スローガン」なのか?プラカードの文言をそのまま載せることに、季語との関係で技術的な不用意さはあるかもしれないが、「梅雨空に「九条守れ」の女性デモ」は形式的には純粋に客観写生である。作者も実景を書いたと述べている。もちろん同時に平和を願う気持ちもあったと言っているが(東京新聞 2015年6月23日 朝刊 )、この俳句自体が「意味や思想」にリソースの大部分を割いているだろうか?それを訴えているだろうか?よく見てほしい、全然そんなことないのだ。少なくともこの句は「九条を守れ」とは言っておらず、あくまでも描写に徹している。

週刊俳句の世界の見通しで俳句の持つ批判性について触れた通り、俳句には政治的、社会的なテーマをありのまま描写しつつも沈黙することによって、読者に判断を迫る一種のインスタレーション的側面がある。

天地わたるが何に不快感を示しているか、何を馬鹿にしているかと言えばそれは「「九条守れ」の女性デモ」という題材を取り上げたことのみが、思想的であり、自身の考える「芸術」ではないと言っているのである。
彼(彼等)の独善的な狭量さを明らかにしたこの句は、日本を包んでいる空気の一旦をまざまざと引き出したと言えるだろう。

私の憧れの俳人である藤田湘子は「入門俳句の表現」でこう述べている。
革命のこころ育てし机冴ゆ  井上信子
社会性俳句という言葉が俳壇を闊歩した時期がある。あの頃の若い作者は、社会性でなければ俳句は古い、という偏った観念にとらわれていた。(中略)その反省からか今は掲句のような発想さえ影をひそめ、もっぱらただの人事詠が幅をきかしている。それも俳句の流れであろうけど、私に言わせればやはり行き過ぎ。(中略)ときに社会の動き、政治のありようにも眼を向け、十分に咀嚼し発酵した思いを、あくまで自分に即して表出することも大切。いろいろな多様な素材・発想があって俳句は肥える。大きな一つの流れのみに固まって、他をかえりみぬというのでは、俳句の痩せをさそうばかりだろう。

良い俳句をつくることにかけて鬼のような湘子がそう言っているのだ。
梅雨空にの作者が俳句を続ける限りその世界は発酵してゆき豊穣になっていくだろう。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
ちょっとこんな感じでちょっとやんちゃに元気よくいろいろ書いていこうと思う。
スポンサーサイト


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/09/26(水)08:23

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる