FC2ブログ

航路予測-金沢大学俳句会誌「凪」を読む

私が俳句を始めたのは大学生の頃で、しかしその頃は、学生の俳句会を作ろうなどという行動はついに起きなかった。想像はちょっとはしたけどネットから結社というルートだった。
だから知己の若林哲哉が金沢大学俳句会を立ち上げて、仲間を集めて、句会を開いて、彼らが会誌「凪」を発行してというのを結構眩しく思いつつ眺めていた。
創刊メンバーは、若林哲哉、ツナ子、敷島燈、坂野良太、姫草尚巳の五人。第二号ではそこに岩田怜武(さとむ)が加わる。第三号ではさらに北條壮紀(そうき)、他に新入生が二名加わり総勢9名となる。新入生の作品はおそらく次号となるだろう。それも楽しみである。
今回は第三号の句を読みながら、既存メンバーは過去の句にも触れながらどのような変化の最中にあるか見ていこうと思う。 

頬杖の耳朶  岩田怜武 
麺類のレーンに並び直せ夏
街は夜空いたビールの缶を積む
まずは掲句ニ句に注目した。カフェテリア方式の食堂で、カウンターで麺類を頼もうとしたら、「並び直せ」と言われてしまって…という感じだろうか。並び直すという徒労に命令形の勢いでやるせなさに迫られている印象が生まれた。そこに唐突に夏と付くことで、その感覚がぐっと圧されて濃くなったように思う。その感覚は次の句にも通じている。「街は夜」という広い賑わいの景に対して、空缶を積むという、行先不明のやるせなさが面白い。ちなみに第二号初登場時にも「春の山裏側は見ていないけど」「新年の抱負いわされそうになる」を発表した作者。この微妙な屈託が彼のベースにあるのだろう。それに加え、第三号では表題句の「頬杖の耳朶のかすかに涼しかり」の俳句に慣れた表現も見られるようになった。この句自体は、まだこなれているという以上のものではないが、彼の「行先不明のやるせなさ」のまま、表現が洗練されていくと中々面白くなっていきそうである。作者は変化の只中にいる。

きづき  坂野良太
ほのかなる手に残る香の夏祭り
浮いてくるゴム人形の歪み顔
ストレートな句が並ぶ。夏祭りの句はデートの句だろうか。ゴム人形の句はストレートな表現がうまく活きた。ゴム人形もそうだが今回の発表作の中の「洗い髪なびかせ走る吾走る」「ザリガニを吊り上げる糸切れる音」など上五中七で述べた内容に下五でもう一押しする作り方が多くみられた。その中で、ゴム人形は下五に説得力のある意外性があり面白いと感じた。若林哲哉に声をかけられ俳句を始めた作者であるが、第二号の「はるさめをぱくぱくたべるにしきごい」の単純さ、分かりやすさをベースに「歪み顔」のような意外性を素知らぬ顔でさしこんでくるとぐっと面白さが増すように思う。

振り返って立夏  敷島燈
春雷を聞いて八秒の留守電
嘘つくまで舌磨きして春時雨
一句目、元となった事実はどうあれ、八秒と分かるのは吹き込む側より、留守電を聞く側だろう。留守電のリストの表示に8秒と出ていたのだと思う。これが吹き込む側であるならば、画面に表示される時間は留守電のアナウンスも含まれるので1分前後になるだろう。ここまでは理屈の話。「春雷を聞いて」とあるが留守電を聞いたかどうかは明記されていない。私は留守電を聞いていないととった、春雷という何かしら予感を感じさせる季語に8秒だけのメッセージ。重要なメッセージかもしれないが、8秒では複雑な話ではない。「八秒の留守電」とだけ置くことで、聞くか聞かないか一瞬の逡巡が感じられ、それが8秒という短いメッセージに春雷の予感性と釣り合うほどの存在感をもたらした。
二句目、準備を念入りにしなければならないほどの嘘と、嘘をつき終えた後のひりひりとした痛みまで想像させる一句。春時雨の優しさはしかし、すぐに降りやんでしまって、なにか取り返しのつかない変化を与えそうである。
創刊号では「ほんたうのさいはひに死す蜻蛉かな」「夢果てて私だけがみてる蛍」と終わりの景色に思いを馳せていた作者だが、今号では予感や続いていくものに対しての句が多かった。もっとも、それは不可逆的な変化ではなく、作者の描こうとしている世界の広さがあらわれているのだと思う。

このまま夏になるよ  ツナ子
眉毛剃りすぎて短夜許さない
泣かされても同じかたちで昼寝する
世界ということならこの作者の世界の作り込みへのこだわりは中々徹底したものを感じる。テーマとか題材とかそういう統一された話ではなく、あくまでも作者が生んだ俳句のその周辺までも動いて生きているようなという意味で。例えば抽象的な話になるが、私からは普段、他人の世界は暗幕につつまれて見えないが、ツナ子俳句によって、彼女の作った世界に十七音の隙間が生まれ、そこから暗幕の中が覗けるような印象である。沢山の句を読むことで作者の生み出した一つの世界を別々の切れ目から見ているような印象を受ける。
夏痩せの手首がそこを右と言う」「春夕かしこで結ぶラヴ・レター」「八月十五日ラーメン茹ですぎる」(以上創刊号)柏餅の柏かさねる二人暮らし靴下を脱ぎたがるひと春炬燵」などツナ子世界で生きる人の暮らしがそこにあるのである。

当初は、凪創刊の言葉「時に荒れ狂う言葉の海を渡っていくためのバイブルとして「凪」が僕たちを導いてくれることを信じつつ」と、若林哲哉一人からの仲間集めの経緯を絡めて、漫画ワンピースになぞらえて書き始めたのだけど、あまりにもパロディの度合いが高くなりすぎてしまってボツにした。しかし小川軽舟の著作は「現代俳句の海図」であるし、坪内稔典は「船団の会」の代表だし、氏は海賊船の船長で間違いなさそうだし、いつか使いたい案ではあるな。

後半では姫草尚巳、北條壮、若林哲哉について書く。

Do_qDuGU4AAbNpk (1) 
スポンサーサイト


書評 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/10/14(日)08:42

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる