FC2ブログ

We made you

ルター:「たとえ明日、世界が滅亡しようとも今日私はリンゴの木を植える」

リンゴ:「嫌や、無理。やめて」

という想像を妊娠検査薬の陽性反応を見せられたときにしないではなかった。
あるいは、吉野弘の「I was born」
しかし、胎児はすくすくそだち、生まれて尚もすくすく育ち、
今やそこに、というか初めから、私の意思は関係なく、自ら育つ別の人間。
では生まれる前の子に、「嫌や、無理。やめて」といわれたとして、
私たちは中絶を選べたか、もしくは生で中出しの誘惑を拒否できたか。
「しかしちょっと寂しいね」という妻と幸せでいつづけることを選べたか。
選べたかもしれない。選べたかもしれないが、
もしリンゴの木を植えるルターの言葉に続きがあれば、
「たとえリンゴがどうなろうとも」
ではないだろうか。
私たち二人は子供のことを純粋に一切考えることなく、人類のほとんど終点にこの子を作った。
その悔恨を持つだけの覚悟など少しもなく、その瞬間は「生まれてきたお前がどうなってもいい」と決断した。
「I was born」と「We made you」の間には絶対的な隔たりがある。
私たちが作った全く新しい別の人間。

スポンサーサイト


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/10/14(日)10:21

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる