FC2ブログ

私の俳句を支えているもの

もしこれが事実だとすると恐ろしいことだが、


昨日はっきりと気づいたことがある。記憶力が鈍ってきている。
小説や漫画の登場人物を思い出せない、歌の歌詞が出てこない、直喩の句というような条件をつけて俳句を思い出せない。
これまで俳句の不調は、作句意欲と現実の重苦しい問題の不一致が原因だと思っていたが、それがテクニック面にまで影響を及ぼすとはやはり考えにくくて、つまり、記憶力の低下によって、私の俳句を作る脳内のフィールドが極端に狭くなってきたのではないか。
同時に、既存の俳句とのネットワークが弱くなって、作った句の可否判断に迷いが生じているのだと思う。それに、措辞の組み合わせや言い回しなどは既存の名句やこれまで読んだ句に無意識に頼っていたのであって、その輸入量や備蓄量が激減した今、生産量もあげられず出来上がりが恐ろしくつまらないことになっている。
それならそれで、輸入に頼らずオリジナリティを出して真に自分自身の表現をというのは、恐ろしく甘い考えで、脳内を照らす懐中電灯の灯りが弱くなってしまっていて、近くのものしか見えない状態でそれだけで作るオリジナリティがいいわけないだろう。

記憶力を抜きにしては、
陽炎へるまで視聴機を再生す
向日葵に人間のこと全部話す
混信の無線が冬と言うてゐる
のような句は生まれなかった。
記憶力というのは何もパクることだけに使うものではない。
自分の句を俳句記憶に照らして、新しいかどうか、今までにない感覚があるか
即座に判断できるのである。覚えているだけでは意味がなくて、その適切な
記憶の呼出と速度が自分の句を支えていたのだ。

記憶力の低下の原因に心当たりがある。
寝不足である。できなかったり書けなかったりするから、結構無茶して
二時間とか三時間睡眠+通勤睡眠で済ませてきた。悪循環!
しかし寝ると創作時間が確保できないし、早寝早起きして朝書きはやってみたが、全然できないし、しかし言うてる場合じゃない。

七時間睡眠の確保(10時寝5時起き)
10時寝のための家事の効率化
だらだら時間のうち不要な時間のカット
通勤書斎の実現
記憶の把握と補修、定着検索トレーニング
なるべくたくさん書く。
よく読む。昔のように一読して記憶というのは無理ならよく読んで何度も思い出すようにする。
思い出しながら書く。
下手な句でも発表する。
がんばるぞ!
と、まぁ、しっかり八時間寝たところ、記憶力はともかくモチベーションと危機感は戻ってきたようである。

スポンサーサイト


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2018/10/15(月)07:39

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる