寄道の日

炎環2月号掲載予定

寄道の日

冬の川一枚きりの置かれあり

柊の花や天使はまた無言

暖冬のマヨネーズがけ御飯かな

冬木の芽三時間目をさぼりけり

嫌はれてすつきり冬の空きらひ



即吟三句 千手観音タイピスト 


あかんぼのべろんと抱かれ冬の町

冬の部屋宇宙もらして去りにけり

本積めど積めど凍夜の影低し


まぁ句ができただけで良しとするか。

あと、思うんやけど、切るのは一人でできるけど、繋ぐのって合意がいることが多い。人間関係の話。壊すのは簡単ってことだけど。当然のことか。エントロピー増大?

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
炎環 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/12/14(木)12:42

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる