綿菓子日記 10

22日。

風邪快方に向かう。寒くは無いが冷たい風が吹く。暖冬である。
原付で唐揚太郎の家へ。
もちろん唐揚太郎は仮名である。太郎はネット上で素性を知られたくないらしく、本人と推認できる名は出さないでほしいとのことだ。きっと恥ずかしいからだろう。彼はしゃらららシャイボーイ。ざっくり美味しい唐揚太郎。


唐揚ハウスで卒業旅行の寄合い
少し遅れてゲルゾフ氏(偽名)来る。
結論は
違う言葉の街へ行こうというのである。
そして仏語かイタリア語に決まる。

そして帰宅。
で、結局日本語巡りに決まった。

そうさ人生は紆余曲折、さっきの決定は取消しの連続。未定だけが若さなのだ。
大事なことは地球が丸いってことだけなんだから。

スポンサーサイト

テーマ:日記│ジャンル:日記
綿菓子日記 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/12/23(土)00:16

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる