松本恭子私論 序

松本恭子の俳句を初めて知ったのは多分去年の夏くらい、まだ俳句を始めたばかりのころだったと思う。

恋ふたつ レモンはうまく切れません  松本恭子

を、「青春俳句を読む」という新書で知り、言葉の置き方に新鮮なものを感じた。いいね、こういう恋愛の句は好き。
その後、
偶然、図書館に句集が二冊揃っていたため、他にもいろんな句を見ることが出来た。

恐竜には致死量の憂愁だったか
どうしても子宮に手がゆく アマリリス
無鉄砲なの 寒のれもんを下さいな


意識の使い方とか喩、文体に一時期かなりの影響を受けた。



松本恭子の句とそこから生まれた尖の句のいくつかをつかって松本恭子詩論ってのでもやってみようかと思う。

しかし年末なので図書館が閉まっている。

松本恭子
1958
長崎生まれ。

佛教大学在籍中に伊丹三樹彦のカルチャーセンターで俳句を始める。
僕自身 日暮の沖でさびさび浮く  伊丹三樹彦
の句に「脳天へマシンガン」と語るほどの衝撃を受ける。

1981
青玄入会

第一句集「檸檬の街で」
檸檬の漢字表記は梶井基次郎の「檸檬」への傾倒のため。

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/12/28(木)15:31

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる