スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

開封後はお早めに ドロップドロップス

2006年炎環賞応募作

暗躍製菓ドロップス    西川火尖



花影や指人形をいつ捨てる

春闇の奥は南京錠落つる

朝顔や膝折るやうに忘れたし

雷漏れる巻爪の指だけを出し

着信や向きばらばらにあめんばう

鷹ならば我が振れ幅に即答す

大好きな春野へ自由落下かな

梨咲いて君を抱きしめたいだけさ

春風や窓にハートの銀細工

夏雲や端から端へ好きな歌

窓のものみんな小さく見えて秋

登れ登れ月下の螺旋階段を

鬼百合や太陽系を欲すれば

無花果に纏はる鋭角的笑ひ

蜻蛉のゆんゆと空を離れけり

朝顔や膿みゐし指のゆたかなり

春夕ひそと持ちたるたけとんぼ

飴玉は冬日の祖父に貰ひけり

雪降るや優しきひとの唄愛し

オーバーを着る間の君を待ちにけり


一応最新更新版のはずやけど、応募前に手直しして保存せずに印刷したかもしれんから実際の応募作品とはすこし違うかもしれん。


8人中5人の選考委員からの点を得た(最多得点ですよ!ねぇ!)けど佳作にもひっかからなかった作品です。そこが一番気に入ってるところやけど、まさか満足なんてしてへん。
今年こそ炎環賞獲る。中核になる作品も出来た。

選考委員の一人山田庫夫さんがドロップスについて話してくれた。
「上手い!と思ったが、よく見たら青春俳句に毛が生えた程度で内容がほとんどない」
だったはず。違ってたかな。酒が回ってたから気持ちよかった。
炎環賞は上手ければもらえる段階を過ぎて、炎環の代表作家の一人として認められるかどうかが受賞の観点に加わったと言ってはった。
炎環の実力俳人が今年の受賞者だろうと言ったはった。


朝比古さんが俳句研究賞獲って次の標的に炎環賞狙うかもしれん。
田島さんが、司会のマイク握るようにあっさり掴んじゃうかもしれん。
由季さんの俳句は恐い。完全な俳句の形をしているところが。中に何入ってんねん思う。
佳世乃文体縦横無尽の佳世乃さんは炎環の中だけに留まる大きさじゃない。
寛也さんには負けたくない。

あっこれ、名前出していけばきりがない。

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
炎環 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/01/21(日)18:33

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。