スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

綿菓子日記 14

26日

卒論の初稿を取りに行く。
財布の中の600円。
腹が減ったので
財布の中が300円。
これが0になるとき、星に帰ろうと思う。

バイト先に行く。
今日はバイトは休みだが、シフトの確認。
ところが、
どっこい。
社員さんに捕まる。

忙しいので仕事。
また財布の中が増えるだろう。
俺は地球人に捕まったままだ。

高校生二人組み来る。
コミック棚をうろつく。こいつら万引犯だ!という直感。
作業場の死角へ行く高校生。
頭だけが見える。
コミック棚から離れていく。直感が追えという。
追う。
高校生二人組は店の一番奥、NHKテキストと旅行ガイド誌のコーナーへ。
俺との、距離7メートル。
目が合う、それる。
「ヤッテル」「バレタ」
相互確信。
高校生、旅行ガイド誌から分冊百科コーナーまで急ぎ足、その先出口。
追う、俺、捕まえるべきか、一瞬の逡巡。確信と言ってもつまるところ勘である。
店内で捕らえても言い逃れされる。
出るまで待つしかない。
突如、
高校生二手に別れる。
1人は逃げ、仲間が残る。
分冊百科の上には投げ捨てられた「史上最強の弟子ケンイチ 11巻」

仲間は、何事も無かったかのように学参コーナーで立読み。

こうなると、仲間に話を聞く訳にも行かない。
犯人は棚の本を別の棚に置いただけなのだ。

しかし、盗む意思で商品を手に取った場合、それで窃盗の構成要件を満たすという学説もある。判例では、鞄などに商品を隠した時点で、窃盗を認めているものもある。
つまり、今回の場合は未遂罪が成立する。

ただ、実際はこれ以上は何もできん。



スポンサーサイト

テーマ:日記│ジャンル:日記
綿菓子日記 | コメント(3) | トラックバック(0)2007/01/27(土)02:35

コメント

こんにちは、初めまして。リンクのご挨拶でコメントさせて頂きました。俳句に対する真摯な態度に、敬服しつつ読ませて頂いています。今後も、尖った表現を、期待しています。

2007/01/28(日)22:14| URL | 芙美子 #- [ 編集]

ありがとうございます!
リンク貼ってくれたんですね、早速いってみました。尖も貼らしていただいてよいですか?期待されると伸びます。ありがとうございます。

2007/01/30(火)00:43| URL | 火尖 #- [ 編集]

こちらこそ訪問&リンクありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

2007/01/30(火)21:50| URL | 芙美子 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。