スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

おい、灰皿が怖いのか!?

隠れた意味とかさ、謎解きとかさ、言葉遊び?みたいなやつを句に背負わせるとさ、句がそれだけになってしまう。ことがある

機知というのは言葉から生まれたものだと思うから、言葉と非常に相性がいい。それを俳句に持ち込むと、機知が俳句にとってかわるというか、なまじ俳句の型5・7・5が強いだけに、非常に安定した機知になってしまい、それはそれで、ウマイなと思わせる。ただ、そのウマイは俳句への賛辞ではないわけで。

で、もちろん機知も使いようなわけで機知的な名句佳句はもちろんあるのだが、今回は、それどうでもいいいやろ。

なんか当り前のこと書いただけになってしまった。難しいなスローペース。

俳句というのは
とにかく短歌より、「30字以内で書き出せ」という国語のテスト問題よりも短いわけで、それなのに、言葉と相性のいい機知を排すなんて、ちょっとかっこいいぞ俳句、的なところが、なんか良い。


卒業や雨傘ひらくとき黙る  火尖
夕東風や部屋の片付けすぐ終る
手に記す本の名前や花曇
紅梅や影の質量壺の中
紅梅に影の質量ありにけり

製作中
鳥の巣も耳のまはりも
春爛やマキロン



灰皿?ああ、ほんとうはそういう話を書こうとしていたんだけ

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/03/10(土)17:45

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。