ローストビーフ氏

昨日、
龍谷大学青春俳句大賞の授賞式に出席。書きたいことは結構あるが、書いちゃうとひがみっぽい自分が全面にでてしまうので、毒が抜けるまで塩漬。楽しかったけどね。だから楽しかったことだけ書く。

ローストビーフを沢山食べたという学生俳人と話をした。
立食パーティで同じものを食べ続けるというのは勇気と根性と集中力である。彼は神奈川の授賞式でもローストビーフを十枚以上食べたという歴としたビーフ俳人である。素晴らしい。
彼は野菜もしっかり食べていたようで、
「火尖クン、俳句もバランスなのだよ、フフン」
と言われたような気がした。どうやらただのビーフではないようだ。

逆に尖は、鳥牛魚たこ焼き焼きそばと茶色いものに偏っていたので彼に「肉食獣」などと言われてしまった。


短い時間ではあったが若い俳人達と話ができて楽しかった。
選考委員の方々にも俳号が火尖であるということを伝えることができた。

追記
中山奈々については以前から奈々奈々言い過ぎたので控える。楽しみにしていた方には悪いけど。あんまり偏っちゃうとね、あかん。
ローストビーフ氏と中山奈々と尖で句を交換したりした。

岡田由季さんから豆の木の11をもらう。ひゃっほう。

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
俳句 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/03/26(月)23:26

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる