ゴーゴー玄米法人

とにかく研修中は毎日弁当だったから、久しぶりに別のものを食べるとただ暖かいだけでとにかく旨い!

もう死んだ食べ物で生命維持をはかるのは限界、
久々に生きた食べ物、旨いぞ!と主張する食べ物を食べた。
食事とは本来こういうものなのだよ、喜びなのだよ。

新横浜、研修メンバー帰省組でラーメンを食らう!嗚呼、これが週末というものなのか!

週末から週末へ、そうやって生きていこう。

絶対的曜日感覚、このままでは次回週末までを秒単位で感知することができるようになるだろう。

休日ではない、週末なのだ。そういう哀愁。
どうだろ?俺って社会人?


帰宅。
母の作り給いしポトフを食らう。
旨い旨い、長時間もの煮込み料理は本当に旨い。

喉嗄れてチューリップ 帰省  許す 殷々と ほどかざり 
逆さまにせし空ボトル 夜光する 新人等退社の諸手夜光せり
笑ふ練習目借り時 

書きたいことがたくさんある

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
句帳 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/04/06(金)23:17

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる