スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

全力嘔吐

ひたすらいい俳句をつくりたいんだけど、俳句的な言葉しか思いつかなくなったり、こんなのは無理があるんじゃないかと思ってしまったり、とにかく柔軟さが足りない。

昔の句は

夏の空しかも真っ白な靴である

凶年の鉢植え囲む油虫

など奔放
俺はもっと自由に俳句を作るべきだ。そしてできるなら他人の基準を変えてしまうくらいの力の俳句。

そのために必要なのは俳壇的な作品の模倣じゃなく、圧倒的な美意識。

蝸牛増えよ宇宙の薄明かり

麦秋の風一抱へほど腹に来る

夏空の圧倒的な消去法

初夏のみな上を向くものの影

熱帯夜遠くに音の加速する

炎天や不意に後ろの兵の列

紫陽花や君の言葉に肯きぬ

紫陽花や元は銃後の町ならむ

上を向くものに影


もうしばらくかかりそう

スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
作品 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/04(日)18:18

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。