フロー

炎環10月号掲載候補

夏の星遠き列車のやうに川
手から手へどの手がいもり捨てにゆく
湖に棒立つも涼しさとは無縁
油照り湖面の厚み増しゆけり
白南風や囲みて暗き魚の跳ね
冷房が骨軽くする真昼かな


峰雲の芯 流木 古木 太古
湖に映らぬ観覧車
誰にも見られない
広まつてゆく


スポンサーサイト


炎環 | コメント(2) | トラックバック(0)2007/08/12(日)16:43

コメント

○夏の星遠き列車のやうに川
 どこか高所から俯瞰しているイメージ。
 銀河鉄道の夜の一場面のようでもあります。好き句。        

○手から手へどの手がいもり捨てにゆく
 生き物の持つ哀しさが感じられる。

 湖に棒立つも涼しさとは無縁
 すべて言ってしまっているし、少々理屈あ 
 り。

△油照り湖面の厚み増しゆけり
 油照りがどうでしょうか。

△白南風や囲みて暗き魚の跳ね
 囲みて、が説明になっているかな。

○冷房が骨軽くする真昼かな
 好き句。

2007/08/13(月)01:04| URL | しゅうとん #- [ 編集]

ありがとうございます。締切まで、もうすこし。
○三句は自分も確定です。
あとは更新で入れた峰雲をどうにか。

朝顔、今朝秋、磨き粉なども。

2007/08/13(月)01:46| URL | 火尖 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる