配布

十四時間労働じゃ足りない!
結果がでない。明日は土曜だけど二十時間働けるかな。



結局のところ、俳句はよくわからない。俺は仕事のせいにするけど、違うんやろな。今の自分には含みがない。
それでも作りたい。出したいと思う。
いまその理由を考えていて、棚があれば何かいれたくなる気持ちなのだと思った。

茶の花や残の字いつも痛さうな

バス停のベンチは冬の夜である

頭から枯野つま先まで枯野

聖歌聞こえるお皿の上の肉は何

スポンサーサイト


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)2007/11/30(金)23:00

コメント

>棚があれば何かいれたくなる気持ち

あぁ それ わかる感じ。。。
はじめから
なにかを忘れて
生まれてきてしまったから
その欠落を埋めるために
奏でずにはいられないのでしょうか。。 

2007/12/02(日)09:33| URL | 吟遊詩人 #- [ 編集]

俳句になる前と後、そういったとこもきになります

2007/12/06(木)16:14| URL | 火尖 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる