星測

よく言われている問題だけど、俳句と背景について。
例えば石田波郷の
敗戦日空が容れざるものあらず
について、その時代を知っている人に読まれたから残っているところがあると思う。

上のような句を尖が読んだって、きっと嘘くさい。
俳句が作られるものである以上俳句と作者の関係、俳句と時代の関係は、多分読者とのそれより強い。(句会で句が近く感じるのは句会に関係を強める機能があるからやろな)

総合誌とかの俳句のつまらなさは、読者が関係しないというところに端を発している気がする。
つまり俳句だけを楽しく読むためには、洗練された勘違いを身につける必要がある。



炎環一月号の先生の句が難しくって難しくって、辞書から用意して漢字の読みと意味を知った上で勘違いをしないといけないのだ。





スポンサーサイト


俳句の振れ幅 | コメント(2) | トラックバック(0)2008/01/27(日)12:07

コメント

最近の火尖語録は
面白いです~☆
もっと 聴きたいな。。。

2008/01/27(日)21:27| URL | 吟遊詩人 #- [ 編集]

ありがとございます。
また何か書きます(^-^)/

2008/01/30(水)12:38| URL | 火尖 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる