起源

読者を意識していないと書いたけど、意識しないといけない訳ではないのです。
多分、俳句を読んで俳句を始めた人は少ない!と思いたい!
だって少なくとも尖に限った話で言えば、俳句を作り始めた当初、古今の名句なんて目にしても別にいいとも悪いとも思わへんかったもん。

一月の川一月の谷の中 飯田龍太

なんて、なんなんこれ?ですよ。


俳句を読む面白さは名句ではなく俳句周りの逸話、エピソードから得たと思う。

つまり自分にとって俳句を読むということは既にあるものではなく、しばらくして後に意識的に手に入れたものであるということが言えます。

スポンサーサイト


俳句の振れ幅 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/29(火)12:50

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる