スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

言葉のためなら軽薄も辞さないつもりです

いろいろな批評にさらされ作家は育っていくんでしょう。

理屈的 面白半分に軽薄に言葉を使う
 
月並み俳句に下される評価みたいだ。

一面正しい。とは思う。そうだ、それは火尖のことだ。

言葉を繋げる行為は広くいえば理屈の分野に入るし
面白いと思う言葉を選ぶ。
そして、軽軽しく使う。

劇的な体験をした人にしか、生命の重みを感じた人にしか、劇的な言葉、生命を感じる言葉が許されないのだとしたら、詩人のほとんどは戦場体験と闘病生活を経て生き残こるしかあるまい。
実体験を軽視するわけではないが、実体験が条件ということはあるまい。
俺は俺の守備範囲を超える言葉ですら、俳句的美があると思えば、どんな非難を受けようと使う。

夏空の圧倒的な消去法

万緑へ開く大脳新皮質
も、
言葉のためなら敢えて軽薄になることも厭わないで作った句だと思う。
句の主人公と作者との絶対的な乖離。
俳句は私性を離れても存在できると信じている。


爪立てて女の汗に乗せにけり

五月雨や紙幣吸ひ込む券売機

梅雨闇に沿ふビル街の隙間にて

梅雨曇愛国心がぞぞと動く

指差しを抜けて背後の蛍かな


スポンサーサイト


立ち位置 | コメント(5) | トラックバック(0)2006/06/15(木)23:02

コメント

どのような批評が…?

批評はよくわかりませんが、
「言葉遊びだ」とか「独善的だ」とか
そんな風な批判をお受けなさったのでしょうか?
私は俳句といえるほどのものを作れもしないですが、
詠む者は詠んで快感があり、
読む者は読んで快感がある、
というのが、言葉の芸術の条件だと思うのですが。
理屈以前にね。
作品は、一人歩きする自由もあれば、
作者に重ねて味わえる自由もある。
それが魅力です。私にとっては。
そういう意味で、火尖さんの作品はとても魅力的ですよ♪
もちろん批評を受け入れて作句を成熟させることは
必要でしょうけれど、
んでもって、自分の世界を誰にでも伝わるようにすることは
必要でしょうけれど、
自分の世界を失ってしまうと快感をなくしかねないし。
そのへんの折り合いは難しいかも知れないけれど、
自分らしさは失わずにがんばってください!o(^-^)o

2006/06/18(日)01:21| URL | みらパパ #DIZ6AO/c [ 編集]

”芸術が爆発”ですぜ!

ここは剛輝のHNで入るべきかどうか迷いましたが…やっぱし此方で入ります。^^;

ひとまず記事を書かれた背景は分かりませんが、俺の感想というか独断と偏見的意見を失礼;

いいと思いますよ。
突っ走るのもありじゃないですか!
言葉で表現するものは言葉が命です。
そして表現するのはその担い手の感性、経験、感情…つまりはこれらをひっくるめた”個性”。これが表現する者達にとっては命じゃないでしょうか。
逆の言い方をすれば、それらの個性を失ってしまったら迫力やら勢い、インパクト等が減少してしまうと思います。
以上のような事は、芸術一般に通用すると思います。
確かに批評の一部は的を得ていたりするので、根本的な改善の為に参考になったりはするのでしょうが、個性そのものを否定するような度が過ぎた批評なら寧ろ一々気に留めたら自我すら失いますよ!
己の価値観であれば、周りに評価してくれる人がいる、支持してくれる人がいる…多少でもそういう人たちがいるならば、自分の方向性に自信を持って良いと思いますよ!
そして、分野は何でアレ”極める物”の業界の中で生き残る事は”目立つこと”です!
例えば…
研究だって似たような計算している人、同じような理論を学んでいる人が沢山いるのなら、人と違った”香り”を漂わせた研究をするのが生き残る秘訣と良く言われている事です。
絵だって、技量が同じなら、明らかに毛色の違った絵、人目を惹く絵を描けば目立ちますよね、(笑)
俳句も然りじゃないでしょうか。
己の個性を信じて突き進んでください!!!

火尖俳句”一ファン”より。(笑)

2006/06/18(日)22:38| URL | マッスル軍曹 #LkZag.iM [ 編集]

なんかすいませんねぇ

ありがとうございます。
「面白半分と軽薄」は尖の俳句の出発部分(なにしろ賞の賞金目当てで俳句を始めた身です)なので、突かれると痛い反面、愛着があります。だから、批判してくれた人に、「軽薄も辞さない」とファイティングポーズをとった上で、自分のブログでグチグチというこだわりよう。ねちっこすぎて自己嫌悪です。

もちろん、足りない部分がたくさんあることは分かっているので、こっそり謙虚ではいたいです。真正面から謙虚だと自分の所在地がわからなくなるので、こっそり謙虚。同じ批判を二度はくらいませんとも!!

みらパパさんありがとうございます。受け入れた上で議論になるのが楽しい今日この頃です。

軍曹さんありがとうございます。ファンなんて大げさな。お上手だこと笑。いちいちつっかかる俺は今よくもわるくも目立っています。作品で目立ちてぇ

2006/06/19(月)13:36| URL | かせん #- [ 編集]

こんにちはぁ。

他人がくれる批評は

他人のオピニオンでしかないんだから

参考にするか しないか

するならするで しないならしないで

それでええんじゃと思うよ。

2006/06/19(月)16:14| URL | かんや #mQop/nM. [ 編集]

ちわす。

でも自分だけで下す判定ほどあてにならないものありませんもん。名も売れてませんし(ひねくれてるなぁ)。

だから他人がくれる批評ほどありがたいものはありませんからね、これからも反応しますよ。反応せずに「ありがとうございました」は無しの方向です。

ただここで喚くのはまずかったと思ってます。もう好き放題やっちゃいましたけどね。すいません。

ということで他人の意見はかなり気にします。
スタンスは反論なのですが気にせずかまってくだされば幸い。

2006/06/19(月)23:37| URL | かせん #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。