体内照明

裏口の穴ぐらに似て油照り

体内を思へあぢさゐ暮にけり

星涼し頭ぐるんと回しけり

月涼し地球の風は回りけり

風鈴や柱の傷に謂れあり

炎昼は古紙回収車ありにけり

踏み台の上に本置く夏至の夜

書庫といふ草いきれにも似たるもの

夏至の夜や点る一掻きほどの恋

スポンサーサイト


作品 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/29(木)01:50

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる