反応線

世論はいつも反応が電流的というか機械的だなと思ってしまう。
これに対してはこう反応する、あれに対してはこう、とか

世論という大掴みなものを表すには自然と人にそういう反応をとらす他ないのかもしれないけど。
だから、個々人から見れば世論に対して懐疑的にもなるのだろう

この重苦しい感じはなんだろうね。ラインオーバーの笛があちこちで鳴るのは線の方が狭まってきているからじゃないだろうか。ひとかたまりの我々ははみ出した部分を躊躇わず切除することで対応する。

前もかいたけど、巨視的すぎて解像度の悪さに気づかないのかもしれない。


スポンサーサイト


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/06/22(日)12:56

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる