炎環200607号


炎環七月号掲載作品

海へ来てああ春月へ手が伸びる

爆弾の名に雛菊と付けしは誰

陽炎や君を待てども暮らせども

夏近し一枝の川面への重み

手品師の笑み零れ来る五月かな


先月号からの好調を維持して第五席キープ。二句目、原型は
爆弾の名に雛菊を付けし誰
からの添削。
二句目と五句目は自分でも納得のできだけど、その他がちょっと下手すぎる。
今後、発表の機会が増えていったときにどうやって質を維持するか。

スポンサーサイト


炎環 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/07/04(火)12:18

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる