スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

失踪

久しぶりの更新です。

仕事を辞めて失踪していました。

その間不景気になったり麻生の小倅が総理になったりといつも通りのことがあったようなんですけど、そんな日常の些事とは比べ物にならない、あまりにも許せないことが二三あったので、恥ずかしながら戻って更新することにしました。

一つ目は
蒟蒻ぜりーです。

乳幼児が喉を詰まらせて死亡した例のあれです。

新聞投書や記事なんやかやで、規制法がないのがおかしいだとか、食の安全がどうとかいっている人間共、少し黙ってください。そして話を聞いてくれ。

蒟蒻ぜりーは多少固いだけのただのゼリーに過ぎぬのに、それを法をもって取り締まらなければならない劇物のごとき取扱い、とても正気とは思えません。

以下の表をご覧ください。消防と救急救命センターのデータをまとめた食品による窒息死事例です。

1位:もち(168例、「こんにゃく入りゼリー」の84倍危険)

2位:パン(90例、「こんにゃく入りゼリー」の45倍危険)

3位:ご飯(89例、「こんにゃく入りゼリー」の44.5倍危険)

4位:すし(41例、「こんにゃく入りゼリー」の20.5倍危険)

5位:あめ(28例、「こんにゃく入りゼリー」の14倍危険)

6位:だんご(23例、「こんにゃく入りゼリー」の11.5倍危険)

7位:おかゆ(22例、「こんにゃく入りゼリー」の11倍危険)

8位:流動食(21例、「こんにゃく入りゼリー」の10.5倍危険)

9位:カップ入りゼリー(11例、「こんにゃく入りゼリー」の5.5倍危険)(※蒟蒻入りを含めたカップゼリー類全般のようです)

10位:ゼリー&しらたき(それぞれ4例、「こんにゃく入りゼリー」の2倍危険)

http://news.livedoor.com/article/detail/3840467/

こうしてみると蒟蒻ゼリーに法的規制が必要だという意見は、だれの目から見ても明らかに不自然なはずです。ゼリーの前に、もち、パン、ご飯の窒息死三兄弟の巻き起こす悲劇を止めるべきです。冷静さを欠いているとしか思えません。(もっと冷静になれば、だからといってご飯を禁止するわけにはいかないのは自明のことです。)
にもかかわらず、哀れ蒟蒻ゼリー最大手、蒟蒻畑のマンナンライフは自主的にとは言え、生産中止にまで追い込まれました。讒言にあった道真公もかくやというほどの、陥れられぶりです。
そして、問題はこれら一連の動きを能動的に進めた側、つまり「空気」を作り出す側にこんにゃくゼリー関連企業の息の根を止めるという自覚があまりに希薄なことがあげられます、人を呪わば穴二つとまでは言いませんが、せめて相応のロジックをもってして、もち、パン、ご飯には累が及ばない理由をきちんと示すべきであります。適当に流れで批判するから、上っ面だけの規制論しか展開できないのです。そもそも、二言目には法による規制が必要だなんて猿でも言えます。とてもまともに考えて出した対応策とは思えません。また一連の食の安全問題と同列に論じるのも恣意的です。

しかし、死亡事故が起きている事実を軽視するわけにはいきません。死亡は死亡です。多寡でははかれません。しかしながら蒟蒻ゼリーの生み出す幸福感は人間の生きる希望に資するものです。基本的人権のひとつといっても差支えない!
よって、そんな蒟蒻ゼリーに対して規制が為されるのであるとすれば、法律による一元的な生産規制よりも、より制限的でない他の選びうる手段によって為されるべきです。
そしてそれは窒息死三兄弟の長男、「餅」に準じる注意をもってして足ると考えます。

とは言ってもたかだか菓子の一つ、たまたま出目が悪く社会から抹殺されたとしても、どうといったこともないとお考えの諸兄、考えをお改めいただきたい。このような甚だ浅薄な規制論と空気感だけで、優良で善良な地方企業が、主力商品の製造を中止する事態にまで追い込まれたのです。マンナンライフ側としては実際に死亡事故を起こしているので反論などできるわけがありません。
相手の口と手足を縛って一方的にタコ殴りにする。大阪府をはじめこれが日本の社会傾向になりつつあります。
そして、その傾向の一番の特徴は大多数の人間が賛成して処刑が行われるわけではないところにあります。少数の意見でさえ、あたかも宇宙の総意であるかのごとく振る舞い、気ままに事を作り上げる力が働いているのです。もちろんそういった拡大機能はマスメディアによるところが大きいのですが、主犯は彼らではありません。あくまでも空気を作り出す側、もしくは作られた空気にあると考えます。それはまだ自然発生的でどちらかというと自然災害に近く、はやし立てることはできても完璧なコントロールは効きません。

ただ、もし完璧にコントロールされる時代になりつつあるとしたら、それこそ蒟蒻ゼリーどころではないと思います。


なんだかここまで書いてすっきりした。


スポンサーサイト


雑感 | コメント(4) | トラックバック(0)2008/10/08(水)18:06

コメント

>仕事を辞めて失踪していました


そうなの?

2008/10/08(水)20:12| URL | 吟遊詩人☆ #- [ 編集]

はい。まぁ有体に言えば。。
いろいろありまして。。

2008/10/09(木)09:50| URL | 火尖 #- [ 編集]

おかえりー
ヤケになって変なことだけはしないようにね!!

2008/10/09(木)14:52| URL | goki #QPNeH1mQ [ 編集]

まぁ無職なんで犯罪順番待ちの列に伍したとみられても仕方がないな。
せめて職安の列からはみ出さないようにするよ。

2008/10/09(木)23:30| URL | 火尖 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。