スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

意識の屈折率

飲み会の席などで、女の子に
「俳句やってるの?すごいっ☆なんか詠んでよ。あっ枝豆?じゃあ枝豆で一句☆」
とせがまれて
「枝豆、枝豆・・・枝豆や誰も話に気乗りせず・・・」

「・・・・・・・・あっうん、すごいね・・・・」
・・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・

あれっ女の子がいないよ。ていうか誰とも話せてないよ。


とそんな経験はないだろうか。

俳句をする人は周りからどのように思われているか。もしくは
俳句をする人は周りからどのように思われていると思っているか。

前者に対しては周りに聞くしかありません。後者に対しては、少ないですが以下に数例引用します。

「さて、俳人に対するマスコミのイメージ。縁側で庭に咲く梅の花を見ながら墨を磨っている。と、そこに鶯がやってくる。おもむろに短冊を取り出して「ここで一句!」などと言って、毛筆で俳句をしたためる。漫画「サザエさん」の磯野波平のイメージがそのまま世間に定着しているのだ。」木暮陶句郎(2005)マスコミの作るイメージ 俳句研究2005.9.203p

「僕が俳句を作ることを知った勤め先の先輩から、たとえば宴会の席などで、お前の作った俳句を一つ披露してみろと言われて戸惑うことが少なくない。そういう時は、必ず笑ってやり過ごすことにしている。披露するのはかまわないが、今度は聞いた相手がどう反応してよいか困ってしまうことが目にみえているからである。」小川軽舟(2004)「魅了する詩形―現代俳句私論」p15 富士見書房

首肯するところが多いと思うのだが、どうだろか。
他に宗匠頭巾を被った風流人やちびまる子ちゃんの友蔵じいさんなどが俳人のイメージにあげられると思うが、木暮陶句郎の発言の枠の中からは出ないだろう。
つまり、波平や宗匠、友蔵じいさんなどの類型化されたイメージが広く浸透するくらいに、実際の俳人は一般的ではなく、非現実的な存在だと言える。
また、尖なんかが「俳句やってます」というとかなりの確率で
「まだ若いのに」
と不思議がられる。そしてこの反応はどの年齢層に対しても一様なのだ。
ある老人なんかは「わしの方が若いじゃないか」と言い、
ある社長は「引退したらやりたいんだ」そうである。
つまり老人からしてもさらに老いて見られるのが俳人であり、やはり日常からはかなり遠い存在であろう。

しかし、一方の俳句はというとかなり身近なものになっているのだ。
伊藤園の「お茶俳句」がそうであるし、他の企業でも俳句を募集していることが多い。
ざっと「俳句募集」で検索しただけでも「エコ俳句」に「介護俳句」「ひとひねりアクセサリー俳句」「サポーター俳句」果ては「尊厳死俳句」なんてものもある。
お茶にしろ介護にしろそこからは生活や日常などが透けて見える。

むぅなるほど。未知の生物であるはずの「俳人」に対する
「何か詠んでみてよ」の気軽さと、その後の気まずさの原因がどうやら見えてきた。
おそらく
世界からは「俳句」と「俳人」は別のステージにいるように見えているはずだ。

もう少しだ、もう少しで
俳句でモテる!!
すいません。タイトルは釣りだったんですけど、なんだか本当に俳句でモテる糸口がつかめそうです。

次回
「俳人福音書」
暫し待て!!

どうしましょう、予告するとやる気がなくなる。

下、アマゾンへ飛びます。尖にはお金は入ってきません。でも、見栄えをよくしたいので。結構面白い本ですよ。



魅了する詩型―現代俳句私論魅了する詩型―現代俳句私論
(2004/11)
小川 軽舟

商品詳細を見る




スポンサーサイト

テーマ:俳句│ジャンル:小説・文学
俳句の振れ幅 | コメント(2) | トラックバック(0)2008/10/20(月)00:59

コメント

「若いのに」

よく言われるよね…。未来は「俳句やってます」っていうと「まぁ若いのに崇高なご趣味をお持ちで…」とよく言われるよ…。
ぅ~む、小さい頃から俳句を作ってきた未来としては「崇高」なのかが分からない…「普通」やと思ってすごしていたから…。
そして、「崇高」という言葉が出てくる=「敷居が高い」「距離がある」と思われているような雰囲気がします。。。
俳句ってそんなに難しいものなのかなぁ?

2008/10/24(金)02:55| URL | 未来 #- [ 編集]

他に華道、書道、茶の湯、
いわゆる「日本の伝統文化」的なものはそのようにとられることありますね。

、「崇高」という言葉が出てくる=「敷居が高い」「距離がある」と思われているような雰囲気がします。。。

ですよね。

2008/12/18(木)16:43| URL | 火尖 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。