スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

俳句触り放題

尖が普段どのようにして俳句を取り入れているか吐き出しているかをちょっと考えてみた。

まず取り入れの方から。

俳句研究、俳句、俳句朝日

これら総合誌は俳句研究は購読、俳句は図書館通い、俳句朝日は立読み。
作品と批評、知識の吸収のため読んでいるんだけど、記事や季語論のどれも大げさすぎて上手く飲み込めない。こんなのが続けば俳句が裸の王様だと言われても仕方が無くなる。もっとも自分の目を騙して信じれば救われるのだろうけど。これについては後日あらためて書こう。

炎環

ご存知(?)、石寒太主宰の結社誌。尖が毎月投句している雑誌で薄いから読みやすい。俳論が少なすぎて知識という点では総合誌に劣るけど、最近の石寒太の句は正直上手い。尖なんか「今月の好きな一句」に主宰の句を選んだ。「好きな一句」を毎月見ているけど、誰も主宰の句を選んでいない。編集部でカットしているのか、主宰の句は下々が選んではいけないという暗黙の了解でもあるのか・・・
どちらかか、どちらもか、あるいはそれ以外の理由だとしても、(多分考えられる理由で一番ありえそうなのは、会員同士の互選の場の維持でしょう。会員がみんな寒太の句を選び出すとすごい退屈やから)でも、誰からも選ばれないっていうのはすごい寂しいでしょう。いい句つくってるから余計。一回主宰の句を出してみてどうなるか、見てみるのも楽しいやん?
主宰に媚びてるわけちゃうで。いい思ったから選んだんやから。

書籍、句集

俳句を始めたばかりのころは藤田湘子の初心者本で学んだ。藤田湘子著の本はほとんど読んだように思う。愚昧論ノートも俳句以前のことも鷹500号記念付録で読んだ。
とにかく図書館にある本を手当たりしだい貪り読んだ。いいね、図書館!
句集は夏石番矢が初句集だった。前衛俳句の強烈な行き当たりばったりのエネルギーに魅力を感じる。花神の湘子、文庫本の六林男、飯島晴子読本が所有の句集、あとプリンターとホッチキスで作った自分の句集「影捨て場」と北海道の俳人の句集(親戚筋で入手、あまり句は良くない)あとは図書館であるもの全部借りている。

ネット
すごく便利。大型俳句検索や各俳人のブログをこっそり見ている。吐き出しの場もほぼネット。
そして忘れてはいけないのがハイクブログ。新しい俳句はここで生れるんじゃないやろか。いつも混沌とした状態。嫌な句もすごく多いが
ものすごい異質俳句界。
変にネットを警戒、敵視する俳人もいるが、彼等なら溜息で地震が起こると本気で信じるだろう。

今一番足りないものは句会!一度も生句会に参加したことがない。京都で他結社歓迎の句会ぐらいあると思うけど、踏ん切りがつかないでいる。

スポンサーサイト


雑感 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/07/14(金)01:05

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


自己弁護

kasen

Author:kasen
1984 11 生まれる。
2005 03 俳句を始める。
2006 01 炎環入会

好きな食べ物・ラーメン
好きな建物・図書館
好きなのは言葉。

Twitter...A

nishikawaksn17 < > Reload

火尖箱(お知らせ)

12月
現在迷惑コメント対策のためURLなど書き込めない状態になっています。ご迷惑をおかけします。

打率

探検する

探し物はなんですか

月刊火尖

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。